青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の美容効果(ダイエット)

ダイエットをすることで、美しい体系を獲得、維持することは多くの男女の願いといえるでしょう。青汁に含まれている成分にはダイエットに効果を発揮する成分があります。今回は青汁のダイエット効果について詳しくお伝えします。

1.安全にダイエットに効果を発揮する青汁

青汁がダイエットにおすすめの理由は、その優れたダイエット効果だけでなく、安全にダイエットをすることができる点もポイントのひとつです。

1-1.リバウンドの危険が伴うダイエット

ダイエットには食事制限やサプリメントによるもの、ファスティング(断食)や運動など様々な種類のものがあります。どの方法も安全に気をつけて行えば効果を発揮してくれます。しかし、ダイエットにはリバウンドが起こってしまう場合があります。リバウンドとは、ダイエットで得られた減量効果がダイエットを止めた途端に続かなくなり、時にはダイエット前よりも増量してしまう状態のことをいいます。
無理をした状態でダイエットを行うことで、このリバウンドが起こる確率が高まるといわれています。青汁を飲むことで得られるダイエット効果は、身体に負担をかけずに行うことができます。これは青汁にはダイエットに効く成分の他に、健康を維持する栄養素が含まれているからです。

1-2.青汁はカロリーも控えめ

さらに青汁のカロリーは1杯分の平均で10kcalから40kcalほどです。成人の1日に必要とされるカロリーの平均は、年齢や運動量などで変化しますが1200kcalから2200kcalほどです。そのため青汁を飲みダイエットをしても、カロリーの摂りすぎにはなりません。このような理由から、青汁はダイエットに向いている食品といえます。

2.ダイエットに有効な青汁の成分

青汁には数々のダイエットに有効な成分が含まれています。この章では青汁に含まれているダイエットに効果を発揮する成分を紹介します。青汁のどのような成分がダイエットに効果があるのかを理解してゆきましょう。

2-1.青汁には代謝を活発にさせる成分が含まれている

人間は摂取した食べ物に含まれる糖質や脂質を体内で代謝することでエネルギーに変換します。しかし、糖質や脂質を摂り過ぎてしまうとエネルギーとして分解されずに脂肪として蓄えられてしまいます。この状態が続くとやがて肥満体となってしまいます。
つまり、ダイエットには過剰な糖質や脂質の摂取を抑えることと共に、代謝を活発にさせることが重要なのです。
ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質の代謝に関わる栄養素です。また、味覚の正常な働きの維持や精子の生産に欠かせない亜鉛も体内で数百種類以上の代謝に関わる酵素の働きに関係しています。
青汁にはこれらの代謝に関わる成分を含んでいるため、ダイエットにおすすめです。

2-2.内臓脂肪の燃焼にカルコン

カルコンは青汁の代表的な原料である明日葉に含まれるフラボノイドの一種です。カルコンには強い抗酸化作用の他にも内臓脂肪を減らす作用があることが分かっています。内臓脂肪は適正な量であれば、内臓を守り、エネルギーの予備としての役割もあるものですが、増えすぎた内臓脂肪は肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなります。
カルコンの働きで内臓脂肪が減少することでダイエット効果が期待でき、さらに生活習慣病の予防にも繋がります。

2-3.クロロフィルでコレステロール値を下げる

クロロフィルは植物に含まれている緑色をした成分で、植物が光合成を行いエネルギー生産する際に必要な成分です。このクロロフィルには血液中のコレステロール値を下げる作用があり、コレステロールが原因で発症する動脈硬化などの病気を防ぐ効果が期待できます。
コレステロール値の高さは肥満と密接な関わりがあるといわれており、コレステロール値を下げることは肥満の改善に繋がる可能性が高いといわれています。ただし、肥満体でなくてもコレステロール値が高い人もいますので、人それぞれの体質による判断が必要です。

2-4.食物繊維で食べすぎ防止

野菜を中心に多く含まれている食物繊維は青汁にも含まれています。食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類があり、共にダイエットに効果的です。食物繊維の効果を一層引き出すには、食事の直前に青汁を飲むことがおすすめです。そうすることで料理に含まれる脂質の吸収を抑えてダイエット効果を発揮しやすくなります。

2-4-1.水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は胃腸で水分を吸収してゲル状になります。その結果食物の消化時間が長くかかり、その分満腹感を得られる時間も長くなります。そのため食べ過ぎを抑える効果が期待でき、食べすぎによる肥満を抑えることができるのです。
また、水溶性食物繊維には脂質の吸収を抑える働きがあることも報告されています。脂質の吸収が抑えられると、その分肥満になるリスクを減らすことができます。脂質の摂りすぎに注意しながら、青汁や野菜などから水溶性食物繊維を摂取することでダイエット効果を得ることができるでしょう。

2-4-2.不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は胃腸内で水分を吸収して膨張し、腸を刺激してそのぜん動運動を活発化します。その結果、排便が促されるので便秘の人の下腹の膨らみを改善する効果が期待できます。
また、不溶性食物繊維も胃腸内に留まる時間が長いため、精神的な満腹感を得やすくなり、食べすぎを抑えることができる成分です。

2-4-3.トクホで知られる難消化デキストリン

難消化デキストリンはトウモロコシのデンプンなどから抽出される水溶性食物繊維の一種です。青汁に元々含まれている成分ではありませんが、特定保健用食品として国の認可を受けた青汁などに配合されています。
安全性が高い成分といわれており、青汁の原料に元々含まれている水溶性食物繊維同様、脂肪の吸収を抑える働きがあります。また、内臓脂肪を減少させる働きもあり、ダイエットを目的として青汁を飲む人は、難消化デキストリンが配合された青汁もおすすめです。

3.青汁でダイエットをしながら健康管理をしましょう

青汁は優れたダイエット効果を発揮しますが、普段の食生活が乱れていたり、運動をまったくしなかったりしていては中々その効果が発揮されなくなってしまいます。青汁を飲み続けながら、普段の食生活でもカロリーや糖分、脂肪分の摂りすぎに気をつけるようにしましょう。また適度な運動は代謝を高めて血行を促進し、脂肪の燃焼を促してくれます。自分のペースで構いませんので青汁を飲み、ウォーキングなどの適度な運動を心掛けるようにしましょう。

4.青汁ダイエットをして美しく健康なプロポーションを手に入れましょう

青汁を飲むことで、安全に、健康を維持しながらダイエットをすることができます。ダイエットをして原料に成功しても、健康を損ねてしまっては真の美しさを得ることはできないでしょう。
女性も男性も、真の美しさは健康と美を同時に得ることで実現されます。青汁ダイエットをすることで、美しく健康なプロポーションを手に入れましょう。

トップに戻る