トマトジュース

ユーグレナの青汁ならぬ、「ミドリムシの緑汁」

最近「ミドリムシの緑汁」という製品が話題になっています。
ミドリムシと名がつくので、あのキャベツの葉に群がる青虫かと思いきや、わずか0.05mmというミクロの世界に生きる微生物の事なのです。
そういえばその昔、と言っても小学校時分になりますが、理科の実験でミドリムシを顕微鏡で観察した事を思い出しました。
顕微鏡の中でうじょうじょ動いている虫を飲んでいると思と、いい気分にはなれないのですが、正確には虫というより藻です。
動物と植物および魚の性質を持つ両生類ですので、栄養バランスの優れている事は容易に想像できます。

しかも消化に良いので栄養成分を丸ごと摂取できます。
植物の性質を持っているので光合成も行いますし、運動機能もあります。
通常の生物が普通に持っている細胞膜を持たないので、体内に持っている栄養成分がそのまま吸収できるわけです。
特に偏食しがちな人におすすめです。

ちなみにミドリムシというのは通名で、正式にはユーグレナ藻といいます。
水田や水たまりに生息しているので、比較的身近で見られる生き物という事になります。
製品化されたユーグレナの青汁ならぬ、“ミドリムシの緑汁”は、カロリーが13キロカロリーしかないというのですから、ダイエットをしたい人も良い効果を期待できます。
一週間分だけ袋つめされたものが一般に市販されており、価格も安価なので手軽に購入できると言うのも、人気を集めている1つと言えます。
ミドリムシの緑汁は他に大麦若葉や明日葉などの野菜成分も一緒に配合されているので、青汁効果も期待でるのはもちろんです。

一袋ずつ分包されているので携帯にも便利です。
今まで青汁は敷居が高いと思っていた人も、これなら安心して取り組めるのではないでしょうか。
気になる味や風味ですが、美味しいと感じるかどうかはともかく、ほんのりと磯の香りと独特の味と風味が舌に残る感じになります。
素材に苦みの少ないものを使用しているので比較的飲みやすさはあります。