青汁による体質・体調改善(活性酸素除去)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(活性酸素除去)

青汁には増えすぎると身体を傷つけてしまう活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素の害は放っておくとどんどん悪化してしまいます。
青汁を飲むことで速やかに活性酸素を除去することが大切です。
今回は青汁の活性酸素を除去する作用について詳しくお伝えします。

1.活性酸素とは

活性酸素とは簡単に説明すると物質を酸化する酸化力が強い酸素のことです。
普通の空気中に存在する酸素にも酸化力があるため、鉄などは放置しておくと酸化して錆びてゆきます。
活性酸素の酸化力は強力で、より早く物質を酸化させるのです。
人体では呼吸などからとり入れた酸素の内2%ほどが活性酸素に変換されるといわれています。
そのため常に体内で活性酸素は生成されており、一定の割合で存在しているのです。

1-1.活性酸素は身体に必要なもの

多くのメディアで活性酸素の害が述べられているため、活性酸素は有害で体内に不要なものであるイメージがありますが、実は活性酸素は身体にとって必要なものです。
活性酸素の酸化力は、白血球と共に体内に侵入した細菌などを殺菌する役割があります。
活性酸素が十分にないと身体は殺菌力が低下してしまうのです。

1-2.余剰に発生した活性酸素は細胞も傷つけてしまう

しかし、活性酸素は増えすぎると細菌だけではなく細胞も傷付けてしまうのです。
そのため活性酸素には悪いイメージがありますが、実際に活性酸素の害を受けてしまうと細胞がダメージを受け、老化の進行や病気を発症してしまうことがあります。
その害を防ぐには、青汁などの活性酸素を除去する作用がある成分を含む食品を摂る必要があります。
活性酸素は過度なストレスや紫外線、大気汚染や乱れた食生活、激しい運動などで余剰に発生します。
それらの全てを改善することは大変ですが、自分にできる範囲で活性酸素の発注を抑えつつ、青汁などの活性酸素を除去する働きがある食品を摂ることが大切です。

2.青汁は余剰に発生した活性酸素を除去してくれる

青汁には抗酸化作用があり、活性酸素の除去に効果的です。
抗酸化作用とは活性酸素を除去する作用のことです。
青汁の抗酸化作用で余剰に発生した活性酸素が除去されることで、身体は老化の過度な進行や、活性酸素が原因で発注する病気を未然に防ぐことができます。

3.なぜ青汁は活性酸素除去に効果的なのか

青汁は活性酸素の除去に効果的ですが、なぜ青汁は活性酸素を除去する作用があるのでしょうか?
それは、青汁には抗酸化作用を発揮する成分が複数含まれているからです。
そのためそれらの成分が相乗効果を発揮して、体内で活性酸素を除去してくれるのです。
この章では青汁の優れた抗酸化作用を発揮する成分とその働きについて詳しくお伝えします。

3-1.強力な抗酸化作用があるビタミンC

ビタミンCは多くの健康食品や化粧品などに配合されている成分ですが、強力な抗酸化作用で余剰に発生した活性酸素を除去してくれる成分としても知られています。
また、ビタミンCには免疫力を高める作用もあるので、細胞を守り老化や病気から身体を守る代表的な成分といえるでしょう。
青汁に含まれているビタミンCは青汁の原料であるケールや大麦若葉などに元々含まれている天然由来のものです。
その他の抗酸化作用を発揮する青汁の成分も天然由来です。
そのためより安全に体内に摂取できるといえます。

3-2.老化防止のビタミンとも呼ばれるビタミンE

ビタミンEは強力な抗酸化作用を発揮する成分の代表格です。
そのため全身を酸化から守り老化の進行を遅らせ、動脈硬化などの病気から身体を守ります。
ビタミンEにはこの活性酸素を除去する働きが高いことから、老化防止のビタミンとも呼ばれています。
青汁を飲むことでこのビタミンEも摂取することができます。

3-3.デトックス効果と共に抗酸化作用を発揮するクロロフィル

クロロフィルは青汁の緑色をした成分のことで、別名葉緑素とも呼ばれ、植物の光合成に関わる成分です。
クロロフィルには有害ミネラルなどを吸着して排出させるデトックス効果がありますが、強力な抗酸化作用も発揮します。
クロロフィルには抗酸化作用で活性酸素を除去し、さらに抗酸化作用では除去できない有害ミネラルを排出する働きが期待できるのです。

3-4.明日葉特有の成分であるカルコンには強力な抗酸化作用がある

青汁の原料のひとつである明日葉には、カルコンという明日葉特有の成分が含まれています。
この成分は内臓脂肪を減少させる働きが確認されており、生活習慣病の予防に効果があるといわれています。
さらにこのカルコンには強力な抗酸化作用があり、余剰に発生した活性酸素の除去にも効果を発揮することが期待できます。

3-5.SOD酵素で活性酸素が除去される

SOD酵素とは、活性酸素を強力な抗酸化作用で除去する酵素のことです。
体内でSOD酵素は優れた抗酸化作用を発揮しますが、年齢を重ねると共にその量が減少してゆきます。
体内のSOD酵素が不足すると細胞の酸化が進み、動脈硬化や皮膚の老化、ガンなどが進行するリスクが高まります。
そのため不足したSOD酵素を補うためにビタミンEなどその他の抗酸化作用を発揮する成分や、SOD酵素自体を外部から補給する必要があります。
SOD酵素は青汁の代表的な原料である大麦若葉や明日葉にも含まれており、SOD酵素の補給に効果的です。

3-6.βカロテンは抗酸化作用を発揮し、他の栄養素の働きを高める

青汁にはβカロテンも含まれています。
βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換される栄養素です。
ビタミンAには目や肌の健康を保つ優れた効果がありますが、βカロテンには強い抗酸化作用があり、活性酸素の害から身体を守ります。
また、βカロテンには他の栄養素の働きを高める効果もあるので、青汁などのβカロテンが含まれている食品から積極的に摂取することが推奨されす。

4.青汁の活性酸素除去効果を高める効果的な方法

青汁には様々な抗酸化作用を発揮する成分が含まれていますが、それらの効果をさらに高める方法があります。
この章では青汁の活性酸素除去効果を高める効果的な方法についてお伝えします。

4-1.牛乳で青汁を割って飲む

ストレスは活性酸素を余剰に発生させてしまう主な原因のひとつですが、カルシウムやマグネシウムは精神を落ち着かせ、ストレスを軽減させる効果があります。
ストレスが軽減されると活性酸素が余剰に発生することを抑えられるので、青汁の抗酸化作用との相乗効果が期待できます。
牛乳にはカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれています。
そのため牛乳で青汁を割って飲むことでお互いの効果を高めることが期待できます。

4-2.青汁を飲みながら紫外線対策をする

紫外線も活性酸素を発生させる大きな原因です。
紫外線を防ぐには日焼け止めなどを使用してUVケアをする必要がありますが、UVケアを行いながら青汁を飲むことで活性酸素の量を減らしつつ、効果的に活性酸素を除去できる可能性が高まります。

4-3.飲酒、喫煙を減らしながら青汁を飲む

過度な飲酒や喫煙も活性酸素を余剰に発生させる原因です。
これらの習慣を減らすだけで余剰な活性酸素を減らすことができますが、青汁を飲む習慣をつければさらに効果的です。
また、飲酒や喫煙を完全に止めることが難しくても、それらを減らし、青汁を飲むことを始めるだけでも効果を感じることができるでしょう。
まずは自分でできる所から余剰に発生した活性酸素の除去を始めましょう。

4-4.青汁を飲み続けて活性酸素を除去し続ける

活性酸素は日々発生しています。
身体を守るために必要な活性酸素ですが、現代社会ではストレスや大気汚染、食生活の乱れなど活性酸素を余剰に発生させてしまう要因が数多くあります。
それらの全てを防ぐことは困難ですが、青汁を飲むことを習慣にすれば、青汁の抗酸化作用で余剰な活性酸素を除去することができ、活性酸素が原因の老化や病気を防ぐことができるでしょう。

4-5.ブルーベリージュースで青汁を割って飲む

ブルーベリージュースにはアントシアニンと呼ばれる成分が含まれています。
この成分は視覚機能の改善効果があることで有名ですが、強い抗酸化作用もあります。
ブルーベリージュースで青汁を割って飲むことで、視覚機能の改善効果が期待できると共に抗酸化作用も相乗効果が期待できます。

4-6.豆乳で割って飲む

大豆に含まれている大豆イソフラボンは抗酸化物質として知られています。
そのため豆乳で青汁を割って飲むことで豆乳と青汁の抗酸化作用を同時に得ることができます。
豆乳は植物性の食品ですので、青汁の豆乳割りは牛乳が苦手な人にもおすすめの割り方です。

4-7.緑茶で割って飲む

緑茶にはカテキンと呼ばれる成分が含まれています。
この成分は殺菌作用があり、口内などの菌を殺菌して消臭効果を発揮しますが、強い抗酸化作用もあり、活性酸素の除去に効果的です。
青汁を緑茶で割って飲むことで、カテキンの消臭効果と共に抗酸化作用も得られるので相乗効果が期待できます。

4-8.ゴマをひとふり青汁に混ぜる

ゴマは必須アミノ酸などを含む高い栄養価を誇る食品ですが、ゴマに含まれているセサミンは強い抗酸化作用があります。
そのためゴマを少量青汁にふり飲むことで、お互いの抗酸化作用が発揮され、相乗効果が期待できます。

4-9.激しい運動前後に青汁を飲む

激しい運動は活性酸素を多く発生させます。
スポーツ選手の中に短命な人が多い理由のひとつが、活性酸素の害によるものともいわれています。
激しい運動により余剰に発生する活性酸素の害を防ぐには、運動の前後に抗酸化作用がある成分を含む食品を摂取することが効果的です。
青汁は手軽に抗酸化作用がある成分を摂取できる食品です。
激しい運動の前後には青汁を飲む習慣をつけ、活性酸素の害から身体を守りましょう。

5.青汁を飲み、余剰な活性酸素を除去して若さと健康を守ろう

余剰に発生した活性酸素は老化の進行やガンなどの病気、疲労の原因になります。
日々発生する余剰な活性酸素を除去することは、健康や若さの維持に必要です。
青汁は手軽に活性酸素を除去することができる食品です。
青汁を飲む習慣をつけることで細胞が傷つき酸化することを防ぎ、健康で若々しい身体を維持しましょう。

トップに戻る