青汁による病気の予防(貧血)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(貧血)

青汁は貧血の予防に効果を発揮します。
貧血は女性に多いとされる病気です。
慢性化すると日常生活にも支障をきたすので、早めに予防が必要です。
今回は青汁の貧血の予防効果について詳しくお伝えします。

1.貧血の症状

貧血はめまいや立ちくらみ、疲れやすさや食欲不振などの症状があります。
放っておくと他の病気も誘発する場合があります。
そのため貧血になりやすい体質の人は、普段から身体をケアして貧血予防に有効な成分を摂取することを心掛ける必要があります。

1-1.貧血の原因

貧血の原因は体内の酸素不足です。
全身に酸素を運ぶ役目があるヘモグロビンや、ヘモグロビンが含まれる赤血球の生成不足や破壊により、細胞への酸素の供給が不足することで発症します。
そのためヘモグロビンや赤血球の正常な生成に必要な栄養素を補給することが必要です。
青汁には貧血の予防に役立つ成分が含まれています。
そのため普段から青汁を飲むことは、貧血を予防する効果があるといえます。

2.なぜ青汁は貧血の予防に効果的なのか

青汁は貧血の予防に効果を発揮する飲み物といえますが、この章ではなぜ青汁は貧血の予防に効果的なのか、その具体的な仕組みや有効成分について詳しくお伝えします。

2-1.鉄が貧血を予防する

青汁に含まれる鉄は赤血球のヘモグロビンを構成する成分です。
ヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ働きがあります。
鉄をしっかり摂ることでヘモグロビンが正常に形成され、酸素が全身に行き渡るので貧血が予防されます。
鉄は不足しがちな栄養素といわれています。
多くの場合、貧血の原因は鉄不足です。
青汁などから鉄を補給することが貧血を予防することにつながります。

2-2.銅が鉄を助ける

鉄がヘモグロビンを構成する際には銅の助けが必要です。
鉄の補給が足りているにも関わらず貧血の症状がある場合は銅不足が疑われます。
青汁には鉄と共に銅も含まれていますので、ヘモグロビンの正常な生成を促し、貧血の予防効果が期待できます。

2-3.ビタミンCが鉄の吸収をサポート

青汁に含まれているビタミンCには、鉄を吸収しやすくする働きがあります。
元々鉄はあまり吸収率が高い栄養素ではないのですが、ビタミンCと共に摂取することでより多くの鉄が体内でヘモグロビンの生成に使用されるようになり、貧血の予防効果も高まります。

また、ビタミンCには抗酸化作用により余剰な活性酸素を除去する働きもあります。
活性酸素が細胞を傷つけると細胞自体の機能が低下してしまいます。
ヘモグロビンから酸素を受け取る能力が低下することもあり、貧血が起きやすくなってしまいます。
ビタミンCの抗酸化作用は細胞を守り、その機能を維持することで貧血になりにくい身体を維持することも期待できます。

2-4.葉酸が赤血球の合成を促進

葉酸は胎児の成長に必要な栄養素として知られていますが、胎児以外にも必要な栄養素です。
葉酸は正常な赤血球の生成にも関わっています。
葉酸が不足すると赤血球の生成に異常が生じてしまい、赤血球を構成するヘモグロビンの生成も減少してしまいます。
その結果、酸素の供給が不十分な状態に陥り貧血が起きることがあります。
そのため葉酸が含まれる青汁などから、しっかりと補給することが大切です。

2-5.亜鉛が貧血に効く

亜鉛は細胞の正常な生まれ変わりに必要な成分です。
亜鉛は赤血球の生成にも必要で、亜鉛が不足すると赤血球が減少して貧血が起きることがあります。
亜鉛は青汁に含まれる栄養素のひとつですので、青汁を飲むことで亜鉛不足による貧血を予防することが期待できます。

2-6.タンパク質が正常なヘモグロビンを作る

筋肉の材料として知られているタンパク質は、鉄と共にヘモグロビンを合成する際にも必要な成分です。
鉄と同時にタンパク質を十分に摂取することで、正常なヘモグロビンが作られ、酸素が十分に全身に供給されるようになるので貧血を予防することが期待できます。

青汁にはタンパク質も含まれています。
そのためタンパク質を補給して貧血を予防するために効果的といえます。

3.青汁の貧血予防効果をさらに高める方法

青汁には貧血を予防するために必要な成分が含まれており、貧血の予防に効果的です。
この章ではさらに青汁の貧血予防効果を高める方法について詳しくお伝えします。

3-1.ビタミンB12と共に青汁を飲む

青汁には様々なビタミン類が含まれていますが、ビタミンB12に関しては動物性食品に含まれているため青汁から摂取することができません。(一部、微生物の作用で海苔や納豆に含まれる場合があります)
ビタミンB12は赤血球の生成に必要な成分で、不足することで貧血が起きます。
ビタミンB12はチーズやレバー、サンマなどに含まれています。
それらの食品やサプリメントからビタミンB12を摂取しながら青汁を飲むことで、正常な赤血球の生成が促され、貧血が予防されます。

3-2.アセロラジュースで青汁を割って飲む

アセロラには果実の中での特に多くのビタミンCが含まれています。
青汁粉末をアセロラジュースに溶かすことで爽やかで飲みやすい飲み物ができあがります。
アセロラのビタミンCが青汁の鉄の吸収率を高め、より高い貧血の予防効果が期待できます。

4.貧血予防効果がある成分が配合された青汁

ここまでで紹介したように、青汁には貧血を予防する効果が期待できます。
現在販売されている青汁の中には、その効果をさらに高める成分を配合したものも販売されています。
この章ではそのような青汁を紹介します。

4-1.レモン果汁が配合された青汁

青汁の中にはレモン果汁が配合された青汁があります。
青汁には鉄の吸収を高めるビタミンCが含まれていますが、レモン果汁に含まれるビタミンCが青汁の鉄の吸収をより高めるので、レモン果汁配合の青汁はより効果的に貧血を予防するといえます。

4-2.鉄が配合された青汁

貧血の原因に鉄の不足が挙げられます。
青汁には鉄が含まれているので、通常の青汁を飲むことでも貧血を予防する効果が期待できます。
青汁の中には鉄の効果をさらに高めるために、鉄を配合したものがあります。
鉄の1日の推奨摂取量は成人男性で約7mg、成人女性で約10mgです。
通常の青汁には1杯分で多いもので約1mgの鉄が含まれています。
鉄が配合された青汁は、1杯分で4mgから5mgほどの鉄を含んでいるものがあり、鉄を補給し貧血の予防をすることに適しているといえます。

5.青汁を飲み、貧血を予防しよう

いかがでしたでしょうか?青汁には全身に酸素を運ぶ赤血球やヘモグロビンの生成を促し、貧血を予防する効果が期待できます。
青汁は継続して飲むことで体質を改善し、貧血を始め様々な病気を予防する飲み物です。
青汁を飲むことで貧血を予防しましょう。

トップに戻る