青汁の美容効果(アンチエイジング)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の美容効果(アンチエイジング)

いつまでも若々しい自分でいられるアンチエイジングに興味のある人は多いのではないでしょうか?
アンチエイジングを実現するには美容整形などの外側からのアプローチ以外にも、内側から若さと健康を維持する努力が必要です。
青汁は内側から身体の若々しさを保ち、アンチエイジングを実現する強い味方です。
今回は青汁のアンチエイジング効果について詳しくお伝えします。

1.アンチエイジングには抗酸化作用がある成分が効果的

若さを保ち、アンチエイジングを実現するために1番大切なことは、老化の進行を遅らせることです。
生物には限られた寿命があり、加齢と共に老化が進行することは自然の摂理といえます。
しかし、年齢以上の老化は避けられるものです。
食事や日常生活で努力をすることで、年齢以上の若さを保つことも可能なのです。
そしてそのためには、青汁などから抗酸化作用がある成分を摂取することが効果的です。
抗酸化作用とは活性酸素を除去する作用のことです。
適度な量の活性酸素は身体を守るために必要ですが、ストレスや大気汚染、インスタント食品の食べすぎなどの影響で余剰に発生した活性酸素は細胞自体を傷つけてしまいます。
細胞が傷つくと老化のスピードが早まり、病気になる確率が高まります。
青汁に含まれている抗酸化作用がある成分は、細胞が活性酸素の害で傷つくことを防ぎ、老化の速度を遅くしてくれるのです。

2.アンチエイジングを実現する青汁の栄養素

青汁には抗酸化作用により細胞の老化を防ぐ成分や、骨や歯の健康を守り、年を重ねても元気でいられるようにしてくれる成分が含まれています。
この章で紹介する青汁の成分は、アンチエイジング効果をもたらし、若さと健康を保つための大きな力になってくれるでしょう。

2-1.強い骨のためにβカロテン

βカロテンは強い抗酸化作用がある成分のひとつです。
その作用で細胞過度な老化から守ってくれます。
また、βカロテンから体内で生成されるビタミンAは強い骨を作りだすために必要で、老化により骨がもろくなることを防ぐ成分のひとつです。

2-2.ビタミンCはアンチエイジングに万能なビタミン

ビタミンCは抗酸化ビタミンのひとつです。
その強い抗酸化作用で、皮膚の老化を防ぐ、アンチエイジングに必要な代表的な成分です。
血管の老化も防ぐので、生活習慣病の予防も期待できます。
血管の若々しさが保たれることで正常な血流が維持され、肌の色つやも良くなります。
また、ビタミンCはコラーゲンの生成を助ける働きもします。
コラーゲンは肌にハリをもたせる効果のある成分ですので、コラーゲンが十分に生成されるとハリと弾力がある若々しい肌を維持することができます。
さらにビタミンCにはシミやそばかすの原因であるメラニン色素の沈着を抑え、美しい肌を守る効果もあります。
このようにビタミンCにはアンチエイジングにとって大切な、美しい肌を作りだす効果があるのです。
ビタミンCにはストレスをやわらげることで老化を防ぐ、精神的にアンチエイジングに有効な効果もあります。
ストレスは老化を早める要因のひとつです。
ストレスがかかりすぎると疲労感が抜けず、実際にシワやシミ、目の周りのたるみや白髪など老化の特徴が増える場合があります。
ビタミンCはストレスに強くなる作用がある抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの生成に関わり、ストレスに負けない、老けにくい身体を作りだしてくれます。

2-3.細胞の老化を遅らせるビタミンE

ビタミンEは、ビタミンCなどと共に強力な抗酸化作用を発揮する成分です。
そのためアンチエイジング効果のある成分として注目され、ある研究ではビタミンEの摂取量が多い人ほど老化の進行具合が少なかったという研究結果がでています。
ビタミンEは抗酸化作用により細胞の老化を遅らせることで、外見上の若々しさも保ってくれますが、女性の更年期障害を軽減させる効果や、男性の精力を維持し、精子の生産力も高める効果も報告されています。
ビタミンEは外面の若々しさはもちろん、内面の若々しさも保つ成分といえます。
ビタミンEはビタミンCとの同時摂取がおすすめです。
ビタミンCには利用された後のビタミンEを再生成する働きがあります。
つまり、すでに効果を発揮したビタミンEの抗酸化作用を再び使用できる状態にしてくれるのです。
青汁はビタミンEもビタミンCも含まれていますので、同時摂取にはぴったりの飲み物です。

2-4.動脈硬化が期待されるクロロフィル

クロロフィルとは植物が光合成をする際に必要な緑色をした成分です。
人間が摂取すると、血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する効果や、有害物質や老廃物を吸着して排出するデトックス効果が期待できる成分です。
デトックス効果により有害物質や老廃物が排出されると、細胞が活性化して若々しさも保たれます。
そのためクロロフィルのデトックス効果は、抗酸化作用がある成分の働きを助け、アンチエイジング効果をさらに高めるといえるでしょう。

2-5.骨や抗ストレスにはカルシウム

カルシウムは骨や歯の主要な成分のひとつで、硬く丈夫な骨を形成するために必要な成分です。
カルシウム不足などで骨格が弱くなると猫背になりやすくなり、元気のない老け込んだ印象を他人に与えてしまいます。
また、カルシウムが不足すると骨粗しょう症という、骨がもろくなる病気になる場合があります。
骨粗しょう症は年齢を重ねるごとに発症するリスクが高まる病気で、老化と関わりがある病気です。
これは、老化と共に骨に含まれるカルシウムの量が減少してゆくからです。
美しい姿勢を維持して骨粗しょう症を防ぎ、骨密度の高い丈夫で若い骨の維持のために、青汁などから積極的にカルシウムを摂取する必要があります。
カルシウムには精神を落ち着かせる効果もあり、精神的なイライラが続くことで起きがちな抜け毛や白髪などのストレス性の老化も防ぐ効果が期待できます。

2-6.丈夫な骨や歯に必要なマグネシウム

マグネシウムはカルシウムと共に骨や歯を形成する成分です。
骨にしなやかさを与え、丈夫な骨にしてくれます。
カルシウムが不足すると骨粗しょう症になるリスクが高まりますが、マグネシウムが不足することでも骨が弱くなってしまいます。
青汁などからカルシウムと共にマグネシウムも積極的に摂取することで、丈夫な骨や歯が形成されて、若々しい姿勢や美しい歯を維持することができるのです。

2-7.若返りホルモンのメラトニン

メラトニンは睡眠と覚醒のリズムを司るホルモンです。
そのためメラトニンが十分体内に存在すると快眠を促してくれます。
質の良い睡眠をとると、睡眠中に成長ホルモンが分泌されて肌を始め細胞が修復されてゆきます。
この働きが正常に行われることで過度な老化が防がれて、若々しさを保つことができます。
メラトニンは青汁の代表的な原料の中ではケールに含まれています。

3.アンチエイジングで生き生きとした人生を送りましょう

誰もが若々しさを保ち、元気で長生きをしたいと考えていると思います。
アンチエイジングをすることで、その希望は実現します。
今回紹介したように、青汁はアンチエイジングに必要な数々の栄養素が含まれています。
青汁を飲むことでそれらの成分の効果を得ることができます。
もちろん、青汁を飲むだけでは目覚ましいアンチエイジング効果を得ることは難しいでしょう。
適度な運動や規則正しい生活、バランスのとれた食事を心掛け、ストレスを溜めない生き生きとした日常を送ることも、若々しさを保つために必要です。
その上で青汁を飲むことで、青汁は優れたアンチエイジング効果を発揮してくれるでしょう。

トップに戻る