青汁の飲み合わせ(りんご)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の飲み合わせ(りんご)

適度な酸味と甘さで人気があるりんごは、多くの人に好まれる定番の果物です。
りんごはおいしいだけでなく、様々な健康効果があることでも知られています。
今回はりんごと青汁の飲み合わせについてお伝えします。

1.青汁と相性の良いりんご

青汁とりんごは相性が良く、健康のために取り入れる人が増えています。
どちらも植物性の食品で、現代人に不足しがちな栄養素をたくさん含んでいます。
そのため、積極的な摂取が推奨されているのです。
青汁の摂取を習慣化している人は、同時にりんごも摂取するとより高い健康効果や美容効果を望めるでしょう。

2.りんごについて

りんごの木はバラの仲間です。
りんごは世界中に数千種以上の種類があるといわれています。
そのおいしさと健康効果から、古代から既に栽培が始められていました。
人類の文明の発達と共に世界中に広まったともいえるでしょう。
日本では明治初期に輸入され栽培が始まりました。
現在では日本産のりんごは、国内はもとより世界中に輸出されています。
特に「ふじ」という品種は世界中で生産されており、世界で最も多く生産されている品種です。
日本の屋外では秋ごろに旬を迎えますが、現在では果実の保存技術が確立されており、一年中食べられるようになりました。
加工や調理もしやすく、そのまま食べるだけではなく、ジュースやお菓子、ケーキなどにも使用されています。
りんごを食べて行うダイエット法もあるなど、様々な健康法にも利用されています。

3.りんごの効果

りんごには数々の健康成分が含まれており、優れた健康効果が期待できる果実です。
この章ではりんごの効果について詳しくお伝えします。
りんごを摂取する際は、ここでお伝えする効果を意識すると、より効果が実感しやすくなるでしょう。

3-1.美肌効果

りんごの美容効果には肌のシミを防ぐ美白効果が挙げられます。
りんごにはリンゴポリフェノールという成分が含まれています。
ポリフェノールとは、植物の苦みや渋みを構成する成分です。
ポリフェノールは強い抗酸化作用があり活性酸素の害から植物を守る他、種類により様々な効果があります。
リンゴポリフェノールにはメラニン色素の過剰な生成を抑制する働きがあります。
この働きにより肌の透明感が保たれ、美肌効果が期待できるのです。
メラニン色素は紫外線の影響などで生成され、時間が経つと古い皮膚と共に剥がれていきますが、年齢を重ねると皮膚に残りやすくなってしまいます。
そのため、リンゴポリフェノールなどのメラニン色素の沈着を防ぐ作用がある成分を補給し、過剰な生成を抑えることが大切です。

3-2.ダイエット効果

リンゴポリフェノールはダイエットにもその効果を発揮します。
リンゴポリフェノールを摂取すると脂肪の吸収を抑制し、排出を促すからです。
また、脂肪を燃やし、エネルギーに変換するために必要な酵素の働きを高める作用もあります。
そのため、りんごを食べると脂肪が蓄積しにくくなりダイエット効果が期待できます。

3-3.生活習慣病の予防効果

りんごは強い抗酸化作用がある果実です。
その抗酸化作用により、血液中の脂質の酸化を防ぎます。
脂質が酸化してしまうと、血液がドロドロになり血管が詰まりやすくなります。
また、血管壁に酸化脂質や悪玉コレステロールが付着すると、血管を劣化させ動脈硬化の原因となります。
また血管に付着した悪玉コレステロールは、血栓を形成して脳梗塞などの原因にもなります。
りんごを摂取すると正常な脂質が維持されるので、血流が改善され生活習慣病の予防効果が得られるといえます。

3-4.高血圧の予防効果

日本人は塩分を摂りすぎている傾向にあり、過剰な塩分の摂取は高血圧を引き起こす要因のひとつになっています。
余剰な塩分の排出にはカリウムの摂取が必要です。
カリウムは塩分(ナトリウム)と拮抗して体内に存在する成分なので、余剰な塩分を排出する作用があります。
りんごはカリウムを豊富に含む果実です。
りんごを食べるとカリウムが補給され、余剰な塩分の排出が促されるので、高血圧の予防につながります。

3-5.疲労回復効果

疲労状態に陥っている細胞は、酸素が不足して乳酸が蓄積しています。
疲労を回復させるには、この乳酸を分解してエネルギーに変換する必要があります。
りんごに含まれているクエン酸は、乳酸を分解してエネルギーに変換し疲労から回復させる効果があります。
また、りんごには強い抗酸化作用により正常な血流を維持する働きもあります。
その働きで細胞への酸素供給をスムーズにし、酸素不足による疲労を予防します。

3-6.アレルギーの改善

りんごに含まれるリンゴポリフェノールには、アレルギーの症状を緩和させる働きがあることが報告されています。
そのため、継続してりんごを食べると、アレルギーの症状の改善が期待できます。

3-7.整腸効果

りんごに含まれるペクチンは、腸内で善玉菌のエサになり腸内環境を整える作用があります。
腸内環境が整うと、腸に存在する免疫細胞が活性化され免疫力が向上します。
また、腸の機能も改善されるので、栄養の吸収率や便の排出力も高まり便秘や下痢の改善も期待できます。
ペクチンには血糖値の上昇を抑える働きもあり、血糖値の急な上昇が原因で引き起こされる糖尿病の予防効果も期待できます。

4.青汁とりんごの飲み合わせによる効果

りんごの効果は多くの人が実感していますが、青汁の効果もりんごの効果に負けていません。
そして、それぞれの効果を飲み合わせることで同時に得ることができます。
ここでは青汁とりんごの飲み合わせによる効果についてお伝えします。

4-1.美肌効果が高まる

リンゴポリフェノールの持つメラニン色素の生成を抑える作用を、青汁の成分が補うことで美肌効果のアップが期待できます。
青汁に含まれているビタミンCは、メラニン色素の沈着を防ぐ作用がある成分です。
そのため、青汁とりんごを飲み合わせると、メラニン色素の生成を抑える作用とその沈着を抑える作用が同時に得られるのでより優れた効果が期待できます。
また、青汁の食物繊維は便秘を改善する働きもあり、便秘による毒素の蓄積を改善します。
毒素が溜まってしまうと肌に毒素が到達し、肌荒れを引き起こす要因となります。
青汁の摂取で便秘が改善されると、毒素が排出されて肌荒れも改善してゆきます。
青汁とりんごの飲み合わせで、これらの美肌作りに有効な効果を同時に得ることができます。

4-2.ダイエット効果が高まる

青汁に含まれている水溶性食物繊維は、脂質の吸収を抑える作用がありダイエットに効果的です。
また、水分を吸収してゲル状になり、長時間胃腸に留まるので満腹感を感じやすくなるので食べ過ぎを防ぎます。
また、青汁に含まれているビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質を分解する際に必要な成分です。
これら青汁の成分と、脂質の排出や燃焼を促すリンゴポリフェノールを同時に摂取するとダイエット効果の向上が期待できます。

4-3.整腸効果が強化される

りんごに含まれるペクチンは善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。
青汁に含まれる食物繊維も善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすので腸内環境の改善に効果的です。
これらの成分を同時に摂取できる青汁とりんごの飲み合わせは、より強化された整腸効果が期待できます。

4-4.生活習慣病の予防効果が高まる

生活習慣病は不規則な生活や喫煙、偏った食生活などの習慣が原因で発症する病気の総称で、高血圧や糖尿病、肥満などがあります。
本人が気付かないうちに進行し、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす恐れがある恐ろしい病気です。
りんごには抗酸化作用があり、血液中の脂質の酸化を防ぎ動脈硬化を予防する効果があります。
また、ペクチンの血糖値の上昇を抑える作用は糖尿病を予防します。
青汁にも生活習慣病を予防する成分が含まれています。
クロロフィルはコレステロール値を下げる働きがありますし、食物繊維は食後の血糖値の急な上昇を抑え糖尿病の予防に効果的です。
また、ビタミンCやビタミンEなど、抗酸化作用を発揮する成分も含まれており、それらの作用で正常な血液や健康な血管を守り、生活習慣病を予防します。
特にビタミンEには血流が改善する作用もあり、脳梗塞などの原因となる血栓の形成を予防します。
青汁とりんごを飲み合わせることで、これらの効果を同時に得られるので生活習慣病の予防効果の向上が期待できます。

4-5.抗酸化作用が強化される

抗酸化作用は体内で脂質の酸化を防ぎ、脂質の酸化が原因で起こる動脈硬化などを予防します。
また、余剰に発生した活性酸素による細胞の劣化や老化を防ぐ作用もあります。
りんごに含まれるリンゴポリフェノールには強い抗酸化作用があり、酸化から身体を守ってくれます。
青汁にもビタミンCやビタミンE、βカロテンなど、強力な抗酸化作用をもつ成分が含まれています。
青汁とりんごの飲み合わせをすると、これらの成分が同時に得られるので抗酸化作用が強化されます。
その結果、正常な細胞が守られるので、より優れた若々しさや健康の維持が期待できます。

4-6.デトックス効果が高まる

青汁に含まれるクロロフィルや亜鉛、水溶性食物繊維には、腸内で有害ミネラルや老廃物を吸着して排出させる作用があります。
りんごに含まれるペクチンにも強い粘性があり、老廃物などを吸着して排出させる作用があり、青汁とりんごの飲み合わせではデトックス効果の強化が期待できます。

5.おすすめの飲み方

青汁とりんごを同時に摂取するには、簡単に摂取できる方法がおすすめです。
簡単に摂取できれば継続もしやすくなり、長期間青汁とりんごの効果を得ることができるからです。
ここではおすすめの青汁とりんごを同時に摂取する方法についてお伝えします。

5-1.りんごジュースで青汁を割る

粉末タイプの青汁は、液体に溶かして飲みます。
青汁を溶かす液体をりんごジュースにすれば、簡単に青汁とりんごの飲み合わせが可能です。
りんごジュースの酸味と甘みが青汁の苦みを程よく抑えるので、おいしく飲むことができるでしょう。
青汁をりんごジュースで割る場合は、100%りんご果汁のものを使用しましょう。
できれば生の状態に近いジュースを選ぶと、りんごの成分がより多く残されているので効果的です。
また、少々手間がかかりますが、ジューサーなどを使用してりんごジュースを自分で作って割るとさらに効果的です。
搾りたてのりんごジュースからはりんごの生の酵素も補給できるので、より優れた健康効果が期待できます。

5-2.リンゴと共に青汁を飲む

りんごの成分を丸ごと摂りたい人は、青汁を飲む際にりんごを一緒に食べましょう。
りんごの皮にはポリフェノールが一番多く含まれているので、皮ごと食べると良いでしょう。
ただし、農薬の心配もあるので有機農法で栽培されたものを食べるようにしましょう。
りんごを使用したお菓子などをつくる際に青汁粉末を混ぜる方法もありますが、より多くの栄養を摂取したい場合は生のりんごが一番です。
健康のためには、なるべく生のりんごを食べるようにしましょう。

6.りんご果汁入りの青汁

青汁の中にはりんごの果汁が配合されたものも販売されています。
最初からりんご果汁が配合されているので、手間をかけたくない人におすすめです。
味もりんごジュースのように飲みやすいので、お子さんからお年寄りまで幅広い年齢層の人に飲まれている青汁です。

7.おいしいりんごと青汁の飲み合わせ

いかがでしたでしょうか?りんごは古くから親しまれている果実です。
おいしくて健康にも良いりんごと青汁を組み合わせ、より優れた健康効果を得るようにしましょう。

トップに戻る