青汁による体質・体調改善(眼精疲労)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(眼精疲労)

目が疲れて霞んで見えたり、目の奥に鈍い痛みを感じる眼精疲労。
この眼精疲労の改善に青汁は効果を発揮します。
今回は青汁の眼精疲労改善効果について詳しくお伝えします。

1.現代人の多くは眼精疲労にかかっている

多くの現代人は眼精疲労の自覚があるといいます。
職場でも家庭でも目を酷使するパソコンやスマートフォンを使用する割合が増加していることがその主な要因です。
そのような生活を変えることは難しいため、眼精疲労を改善することは中々できません。
しかし、ヨガなどのエクササイズには目の健康を守り、眼精疲労を緩和させる効果のあるものがありますし、目の疲れをとる効果のある成分が含まれた食品を積極的に摂取することで、眼精疲労を改善することができます。
その上でプライベートでのスマートフォンを使用する時間を減らすことなどを実践することでさらに効果を高めることができるでしょう。

2.青汁は眼精疲労の緩和に効果的

目の健康を保つ成分が含まれている食品は、ブルーベリーやニンジンが有名ですが、青汁にも目の健康を守り、眼精疲労を改善する成分が含まれています。
そのため青汁を飲む習慣をつけることで、眼精疲労の緩和を期待することができます。

3.なぜ青汁は眼精疲労緩和に効果的なのか

この章では青汁が眼精疲労を緩和させる仕組みや、眼精疲労に効く有効成分について詳しくお伝えします。

3-1.ビタミンAが目の健康を守る

青汁に含まれているビタミンAには目が光を感じるために必要なロドプシンの合成に関わり、目の健康を守る効果があります。
ロドプシンがうまく合成されないと、光を正常に感じることができなくなり、余計に疲労が溜まってしまいます。
青汁からビタミンAをしっかりと摂取することでロドプシンが正常に生成され、しっかりと視覚機能が働くことができ、眼精疲労も蓄積しにくくなるので改善されてゆきます。

また、ビタミンAには目の粘膜の健康を保ち、目を乾燥から守る働きもあります。
目が乾燥すると疲労しやすくなってしまいます。
この観点からもビタミンAは眼精疲労改善に効果的です。
さらにビタミンAの抗酸化作用がその他の抗酸化作用がある成分と共に目の老化の進行や、酸化を防ぐことで眼精疲労を改善します。

3-2.ビタミンB群は目の神経の働きをサポート

ビタミンB群は、全部で8種類あり、それぞれがサポートし合いながら神経や脳の健康や、皮膚や粘膜の健康維持に関わる他、エネルギー生産にも関わる成分です。
目にも視神経が通い、表面は繊細な粘膜で覆われています。
ビタミンB群を青汁から摂取することで視神経や目の粘膜の健康を守ることができ、眼精疲労でダメージを負った視神経の回復も促されます。
ただし、青汁に含まれるビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、、ナイアシン、パントテン酸の7種類で、動物性の食品に含まれるビタミンB12は含まれていません。
レバーやチーズ、サンマや海苔などからビタミンB12を摂取し、青汁からその他のビタミンB群を摂取することで8種類全てのビタミンB群を補給することができ、神経系の疲労から起こる眼精疲労の改善により効果的です。

3-3.目の充血を予防するビタミンC

眼精疲労が進行すると目が充血して白目の部分が赤くなってしまうことがあります。
ビタミンCにはこの目の充血を防ぐ作用や、高い抗酸化作用による目の老化の進行を遅らせる効果があります。
若い目の細胞を維持することは、眼精疲労から速やかに回復しやすい細胞を維持することでもあります。
またビタミンCには白内障を予防する効果もあり、目の健康を保つ上で欠かせない成分です。
青汁にはビタミンCも豊富に含まれています。

3-4.ルテインが目の黄斑部を守る

パソコンのブルーライトや太陽光に含まれる紫外線は目に負担をかけ、活性酸素を余剰に発生させて疲労させます。
青汁に含まれるルテインは目の黄斑部と呼ばれる部位に多く存在し、目をブルーライトや紫外線などの有害な光線から守ります。
ルテインが不足すると有害な光線の害を防ぎきれずに眼精疲労が進行してしまいます。
活性酸素がさらに増えると眼精疲労が慢性化し、目のタンパク質の酸化が進み白内障が発症するリスクが高まります。
普段から青汁を飲む習慣をつけることでルテインを補給し、目の健康を守ることが眼精疲労を改善することにも繋がります。

3-5.ビタミンEが目の血行を改善

ビタミンEは強力な抗酸化作用が特徴のビタミンです。
そのため活性酸素の害から身体を守り、老化の進行を遅らせ疲労から回復しやすい身体を維持する効果があります。
この効果はもちろん眼精疲労にも有効です。
さらにビタミンEは毛細血管を広げることで血行を改善する効果もあります。
目には無数の毛細血管が存在するので、ビタミンEの作用で目の毛細血管が広がることで血行が促進され、豊富な酸素と栄養が目に届くので眼精疲労を改善することが期待できます。

4.青汁の眼精疲労緩和効果をさらに高める方法

青汁には眼精疲労を改善する優れた効果があります。
この章ではその効果をさらに高める方法についてお伝えします。

4-1.ブルーベリージュースと共に青汁を摂取する

ブルーベリーにはアントシアニンと呼ばれるポリフェノールが含まれています。
このポリフェノールには視覚機能を改善する効果があり、視覚機能改善を謳うサプリメントなどに多く含まれています。
青汁をブルーベリーと共に摂取することや、ブルーベリージュースで青汁を割って飲むことでアントシアニンと青汁の有効成分を同時に摂取することができます。
その結果、それぞれの目の健康に効く成分や、眼精疲労を改善する成分の効果を得ることができます。

4-2.ムチンが含まれた食品と共に青汁を飲む

涙の量が減ることや、目の表面に水分をとどまらせる働きが低下するとドライアイになり、眼精疲労が進行してしまいます。
ムチンは目の表面の水分を保つ働きがあり、ドライアイを予防して眼精疲労の進行を防ぎます。
青汁の原料に中では明日葉にムチンが含まれています。
また、納豆やオクラ、サトイモなどネバネバした食材に多く含まれています。
これらの食材を使用した料理と共に青汁を飲むことでドライアイを予防し、眼精疲労を改善することが期待できます。
おすすめは納豆に青汁粉末を混ぜ、生卵を加えてご飯にかけて食べるレシピです。
納豆と青汁粉末だけだと青汁粉末が納豆の水分を吸収して粘りがなくなり、食べにくいのですが、生卵を加えることでおいしく頂けます。
生卵や納豆がお好きな人におすすめのレシピです。

4-3.クロセチンが含まれる食品と共に青汁を飲む

クロセチンは眼精疲労の原因のひとつである、毛様体筋と呼ばれる眼球の組織のコリをほぐすことで眼精疲労を改善する効果が期待できる成分です。
また、抗酸化作用による血行の促進作用もあり、目の血行も改善するので眼精疲労を改善します。
クロセチンはたくあんやクチナシの実に多く含まれていますが、毎日摂取することは中々難しいため、サプリメントから摂取をしても良いでしょう。
サプリメントなどからクロセチンを摂取する際に青汁を一緒に飲むことで相乗効果が期待できます。

4-4.シトルリンが含まれた食品と共に青汁を飲む

シトルリンは毛細血管を拡張させて血行を促進させる作用があるため、目や首回り、肩の血行も改善するので眼精疲労を改善する効果が期待できます。
シトルリンはスイカに多く含まれている成分ですが、夏場以外はスイカの入手が難しいため、サプリメントからの摂取をおすすめします。
シトルリンのサプリメントを摂取する際に青汁を一緒に飲むことで、相乗効果が期待できます。

4-5.仕事の合間に青汁を飲む

眼精疲労の緩和には目のケアが大切です。
デスクワークや勉強の合間に目を休める習慣をつけましょう。
その際にこめかみや眼球の周りの骨を優しく指圧するとより効果的です。
さらに青汁をコーヒーや緑茶の代わりに仕事の合間に飲むことで、青汁の有効成分が作用します。

4-5-1.消費される目の栄養素

デスクワークや勉強で目を酷使するとビタミンAやルテイン、アントシアニンなどの視覚機能を維持するために必要な栄養素が消費されます。
緑茶やコーヒーではそれらの栄養素のごく一部しか補給できず、眼精疲労を進行させてしまう場合があります。
そこで仕事の合間の休憩時などに青汁を飲むことで目の健康維持に有効な栄養素が行き渡り、眼精疲労を改善する効果が期待できるのです。
ただし、青汁は推奨された摂取量があります。
薬のように厳密な用法用量はありませんが、1日の推奨摂取量は守る方が身体に負担なく青汁の栄養素を摂取できます。

4-5-2.推奨摂取量を守ろう

例えば1日の推奨摂取量がコップ2杯分(400ml)の場合、眼精疲労の改善に有効な昼間のデスクワーク時間内に1杯、残りは夕食時に1杯などと調節し、推奨摂取量内に収まるようにします。
このように青汁を飲む時間を調節することで、より高い眼精疲労の改善効果を得ることができるでしょう。

5.青汁を飲み健康な目を守ろう

眼精疲労の悩みはパソコン社会において多くの人が持つ悩みといえます。
青汁は眼精疲労を改善し、健康で美しい目を守る効果が期待できる飲み物です。
眼精疲労の原因になる目の酷使や紫外線などの有害な光線は、日々目を傷めつけて眼精疲労を起こしてしまいます。
青汁を飲むことを習慣づけることで速やかに目の疲れの原因に有効な成分を摂取することが大切です。
毎日青汁を飲み、健康な目を守りましょう。

トップに戻る