青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(アトピー)

辛い症状が続くアトピーは、完治が難しいといわれています。青汁は体質を改善してアトピーを予防する効果が期待できます。今回は青汁のアトピーの予防効果について詳しくお伝えします。

1.アトピーとは

アトピーとは乳幼児に多くみられる疾患で、皮膚にその症状が表れるので、アトピー性皮膚炎と呼ばれています。症状はかゆみを伴う湿疹が、目や口の周り、肘の内側などの関節がある部分、体幹などに表れます。
最近では大人がアトピー性皮膚炎を発症するケースも増えています。体質により発症しやすい人と、そうでない人がいるとされており、青汁を飲むなどの食事療法などによる体質の改善が治療に役立つといわれています。

2.アトピーとアレルギーの違い

アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎はよく混同されがちですが、両者には違いがあります。アトピー性皮膚炎は、元々肌が本来もつバリア機能や保湿機能が低下し、ハウスダストやダニなどによるちょっとした外部からの刺激に対しても炎症を起こしてしまう状態です。この肌の機能の低下には、生まれつきの体質の他、食生活の乱れや不規則な生活が関係しているといわれています。
一方でアレルギー性皮膚炎は、アレルギー症状を起こす原因物質に接触し続けてしまうと発症します。アレルギー症状を引き起こす原因物質は人により様々です。代表的なものにはアロエなどの植物や、銀などの金属があります。
アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎は、症状が似ているので区別がつきにくい疾患です。そのため一度発症してしまった場合は医師の診察とそれぞれの疾患に合わせた適切な治療が必要です。青汁はアレルギー体質やアトピー体質を改善し、発症を予防するために効果的な飲み物です。

3.アトピーを予防する青汁の力

青汁にはアトピー性皮膚炎を予防するために必要な様々な有効な成分が含まれています。この章ではそれらの有効成分の働きや効果について詳しくお伝えします。

3-1.コラーゲンの生成を促すビタミンC

アトピー性皮膚炎は皮膚の機能の低下し、皮膚が外部の刺激に弱くなっている状態が主な原因です。そのため皮膚を強くして、本来の機能を取り戻すことが予防につながります。青汁に含まれているビタミンCは、肌の細胞同士をつなぎ合わせ、丈夫な肌を作るために必要なコラーゲンの生成を促します。
ビタミンCの摂取によりコラーゲンが十分に生成されると肌がハリと共に丈夫さを維持できるので、肌のバリア機能が高まり、ハウスダストなどの刺激に負けずにアトピー性皮膚炎を予防する効果が期待できます。ビタミンCは免疫力を向上、正常化させる作用もあるので、アレルギー性皮膚炎の予防にも効果的です。

3-2.皮膚や粘膜を守るナイアシン

ナイアシンはビタミンの一種です。糖質や脂質の分解を促してエネルギーを生みだす作用や、アルコールの分解に関わり、身体を快適に保つ作用があります。また、ナイアシンは他の成分と共にNADPという物質の材料になります。
NADPは細胞の生まれ変わりに必要な物質で、皮膚や粘膜に多く存在してその正常な働きを維持します。青汁などからナイアシンを摂取すると皮膚の健康が守られ、アトピー性皮膚炎を予防する効果が期待できます。

3-3.皮膚の健康維持に必要なビタミンB6

ビタミンB6はたんぱく質の分解や再合成に関わり、皮膚の健康維持を助ける成分です。青汁などからビタミンB6を摂取すると丈夫な肌がつくられ、アトピー性皮膚炎を予防する効果が期待できます。
また、ビタミンB6は免疫機能を正常化する働きもあるため、アトピー性皮膚炎と似た症状がでるアレルギー性皮膚炎も予防、緩和できるといわれています。

3-4.皮膚の炎症を鎮めるビオチン

ビオチンはビタミンB群の一種で、ビタミンB6などの他の成分と共に皮膚や粘膜の健康や正常な生まれ変わりに関わる成分です。そのためビオチンやビタミンB6が含まれている青汁を摂取すると健康な肌がつくられ、アトピー性皮膚炎を予防する効果が期待できます。
また、ビオチンには皮膚のかゆみを引き起こす成分であるヒスタミンの生成を抑える働きもあります。そのためビオチンは、すでに発症してしまった皮膚炎のかゆみを抑える効果も期待できる成分です。

3-5.皮膚を守るビタミンA

ビタミンAは視覚機能の健康を守る作用や、抗酸化作用により細胞を活性酸素の害から守り、老化の進行やガンなどの発生を防ぐ効果がある成分です。さらに体内で皮膚の上皮細胞をつくるためにも使用されています。
ビタミンAがしっかりと皮膚に行き渡り、上皮細胞が丈夫になると皮膚の防御力が高まります。アトピー性皮膚炎の原因であるハウスダストやダニへの防御力も高まりますので、アトピー性皮膚炎を予防する効果が期待できます。
ビタミンAは青汁に含まれているβカロテンが必要に応じて変換されて生成されます。そのため青汁を飲とビタミンAの生成を促すので、皮膚を丈夫にするために効果的です。

4.アトピー予防効果のために相性が良い成分

青汁にはアトピー性皮膚炎を予防するために必要な、肌を丈夫にする効果がある成分が含まれています。この章では、青汁のアトピー性皮膚炎を予防する成分と相性が良い成分についてお伝えします。

4-1.プロポリスが肌の生まれ変わりを促進

プロポリスはミツバチが唾液や樹脂などを混ぜ合わせて生成する成分です。プロポリスには免疫力を向上させる効果や、アレルギー症状を抑える効果、糖尿病の予防効果など様々な効果があります。
さらにプロポリスには肌の正常な生まれ変わりを促進し、健康で美しい肌を作りだす働きもあります。また、炎症を抑える消炎効果もあるため、アトピー性皮膚炎の予防や軽減に効果が期待できます。
プロポリスはサプリメントなどから摂取できます。また、ハチミツにはプロポリスが含まれているものも販売されています。そのようなハチミツを青汁に混ぜると、青汁の有効成分と同時にプロポリスも摂取できるので、相乗効果が期待できます。ハチミツはそれ自体の健康効果も高く、青汁に甘みをだして飲みやすくしてくれるので、継続して飲むためにもおすすめの組み合わせです。

5.青汁を飲み、アトピーを予防しよう

いかがでしたでしょうか?アトピー性皮膚炎の予防には皮膚を丈夫にする必要があります。青汁を飲み皮膚を丈夫にすると、皮膚の抵抗力が強化されるのでアトピー性皮膚炎を予防する力も高まります。
その上で自分の肌に合う保湿クリームで保湿をし、アトピー性皮膚炎の外的な要因であるハウスダストやダニの除去を行うと、より予防効果を高められるでしょう。青汁は継続して飲むことでその効果を徐々に発揮する飲み物です。
効果を実感するまで時間がかかる場合もありますが、副作用の心配が少なく、安全に体質の改善が可能です。青汁を飲み、アトピー性皮膚炎を予防しましょう。

トップに戻る