青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁とにんじんジュースの飲み合わせ

野菜ジュースに必ずと言っていいほど登場する人参ジュースは、甘くて美味しいドリンクです。
生人参をがりっとかじってみた時に甘さを強く感じるのは、糖質が豊富に含まれているためです。
糖質はデンプンに代わった後エネルギーに変わりますので、野菜ながらカロリーは他の野菜と比較しても高めです。
それだけ栄養価が高いという事になります。

ちなみに人参に含まれている主要栄養成分はビタミン群・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ビオチンなどのビタミンの仲間やミネラルの仲間であるカリウム・カルシウム・マグネシウム・銅など、栄養成分が大変豊富である事がわかります。
特にビタミンA(カロチン)は圧倒的に多いです。
このカロチンが人参独特のオレンジ色の元になっている事に加えて、活性化酸素の抑制効果もありますので、アンチエイジングを目指す人や健康維持をまじめに考えている人にはおすすめです。
ミネラルは新陳代謝の促進効果にもつながりますので、貧血や冷え性に悩んでいる人はもちろん内臓の調整にも有効です。
ガンの発生を防ぎ、動脈硬化など成人病予防にも良いなど、人参を食べる事で得られるメリットは大きいものがあるので、ぜひジュースにしたりお料理に使ったりなどして、日頃の生活に積極的に取入れていってください。

注意する事が1つあります。
青汁との飲み合わせに注意する事です。
人参は加熱することで栄養価が高まる野菜なのですが、生で使うとリコピンからの刺激が強烈過ぎて、青汁に豊富なビタミンCの吸収を妨げてしまう事があるのです。
もし青汁と一緒に飲みたい場合は加熱した人参を使うようにした方が無難です。
生で使いたい場合は時間をおかないで一気のみにしてください。

リコピンがゆっくりと時間をかけてビタミンCを破壊していくからです。
これで体調を崩すという事ではないのですが、青汁と人参お互いの良さを相殺してしまう事になり、大変もったいない事になります。
もしくは時間差で人参ジュースと青汁を飲むのも良いです。
また、こちらの粉末タイプと冷凍保存タイプの青汁についての記事も参考にご覧ください。

トップに戻る