子供のための青汁
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

子供のための青汁

育ち盛りの子供には、成長に必要な栄養をしっかりと補給する必要があります。
十分な栄養を摂取できれば、子供の身体は日々発育し、各組織も正常に機能します。
青汁には、子供の健全な成長に必要な栄養素が含まれており、子供の成長のサポートが期待できます。
今回は子供のための青汁について、詳しくお伝えします。

1.子供の健康に青汁

子供の身体は刻一刻と細胞分裂を繰り返し成長しています。
成長期には短期間で10cm以上も身長が伸びる子もいます。
身長や体重だけではなく、体力も増加して免疫力や各臓器の機能も向上してゆき、成人の身体に近づきます。
そんな子供の成長に、青汁は大きな力を発揮します。
子供の食生活は、注意していないと偏りがちです。
必要な量の野菜を自分から摂取する子供は少なく、肉類を多く食べてしまいがちです。
また、甘いものも大好きなので、糖分が多く含まれたお菓子も食べ過ぎる傾向があります。
このような不規則な食生活は、子供の健全な成長を妨げます。
長い間不規則な食生活が続いてしまうと、免疫力の低下やアレルギーの発症、肥満などに悩まされる可能性が高まります。
子供に青汁の摂取をさせると、不足しがちな植物性の栄養素を補給できるので、食生活の改善につながります。
子供のの1日の野菜の摂取量目安は年齢により差がありますが、3歳から14歳までで240gから300gとされています。(15歳以降は大人と同じ350g)
問題は不足分の野菜の量です。
最大で100g以上もの野菜が不足している年代があり、健康への影響が懸念されています。
青汁は1杯で、野菜に換算すると40gから100g分の栄養素が補給できるといわれており、子供の野菜不足、植物性の栄養不足の解消に適した飲み物といえます。

1-1.子供にも飲みやすい青汁

青汁というと、「確かに子供の健康にも良さそうだけど、苦くて飲んでくれないのでは…」と心配する人もいるかも知れません。
確かに以前の青汁は苦みが強いケールを使用したものが主流で、苦みやくさみが強い飲み物でした。
しかし、最近ではケールに比べて苦みが少ない、大麦若葉や明日葉などの原料を使用した青汁も販売されています。
また、青汁に黒糖やハチミツ、オリゴ糖などで甘く味付けがしてある青汁もあります。
その他にもフルーツ果汁配合の、すっきりとした飲み心地の青汁や、固形状のゼリーのような青汁も販売されています。
それらの青汁でしたら、子供もおいしく摂取してくれるでしょう。

2.青汁に含まれる子供に不足しがちな栄養素

青汁には子供に不足しがちな栄養素が含まれています。
青汁を継続して子供に飲んでもらうと、それらの栄養素が補給され、子供の健康維持や、発育促進に効果的です。
この章では青汁に含まれる、子供に不足しがちな栄養素とその働きについて紹介します。

2-1.カルシウム

子供の骨は、日々成長しています。
特に成長期には骨の成長速度も早まり、骨の構成成分であるカルシウムの消費量も増加します。
3歳から17歳の男女で、1日のカルシウムの推奨摂取量は、男子が600mgから1000mg、女子が400mgから800mgです。
カルシウムは、成長が著しい12歳から14歳の間に1番消費量が多くなります。
その間、通常の食事だけではカルシウムが足りなくなるケースが多くあるので、カルシウムを意識して補給する必要があります。
青汁にはカルシウムが含まれています。
また、カルシウムと共に骨や歯の構成成分となるマグネシウムも含まれているので、これらの栄養素の補給に適しているといえます。
カルシウムやマグネシウムは神経伝達を正常化して、精神を落ち着かせる作用もあります。
そのため子供が勉強をする際などに、気持ちを落ち着かせて集中させる効果も期待できます。
青汁を牛乳で割って飲む青汁牛乳は、青汁が飲みやすくなると評判の飲み方です。
青汁牛乳は、植物性のカルシウムと、動物性のカルシウムが同時に補給できるので、栄養バランスの面からもおすすめの飲み方です。

2-2.鉄

鉄はレバーやほうれん草などに多く含まれる栄養素です。
しかし、これらの食材は嫌いな子供が多く、偏った食生活から鉄不足になりがちです。
鉄が不足すると赤血球が正常に酸素を運べなくなるので、貧血や脱力感、成長の阻害などが起こる恐れがあります。
青汁には鉄も含まれているので、レバーやほうれん草を食べない子供の鉄不足の解消に役立ちます。
ただし、青汁に含まれている鉄は、非ヘム鉄と呼ばれる吸収率が比較的低いものです。
非ヘム鉄の吸収率を上げるビタミンCも青汁に含まれていますが、より吸収率を高めたい際は、ビタミンCが含まれた飲み物で青汁を割ると良いでしょう。
具体的にはアセロラジュースやレモン果汁がおすすめです。
レモン果汁の場合は酸味が強いので、少々絞るだけで充分です。
このようにちょっとした工夫をすると、非ヘム鉄の吸収率をさらに高める効果が期待できます。
3歳から17歳の男女で、1日の鉄の推奨摂取量は、男子が5.5mgから11.5mg、女子が5mgから10mgです。

2-3.食物繊維

野菜嫌いの子供にとって、野菜類に多く含まれる食物繊維は不足しがちです。
カニなどの甲殻類の殻から抽出されるキトサンのように、一部動物性の食物繊維もありますが、普段の食事での継続した摂取は難しいといえます。
食物繊維は腸内環境を整え、免疫力を向上させます。
風邪などの感染症に負けない丈夫な身体を作るためにも食物繊維は必要です。
多くの青汁は成分の3割から4割が食物繊維で構成されています。
そのため食物繊維の補給源として適しているといえます。
3歳から17歳の男女で、1日の食物繊維の推奨摂取量は、男子が11gから19g、女子が10gから17gです。
野菜嫌いな子供でも簡単に飲める青汁で、子供の食物繊維不足を解消しましょう。

2-4.ビタミンA

ニンジンやカボチャに多く含まれるビタミンAも、野菜嫌いや野菜不足の子供に不足しがちな栄養素です。
ビタミンAが不足すると、視力の低下を招いてしまいます。
特に受験勉強などで目を酷使する子供には補給させるべき栄養素といえるでしょう。
ビタミンAは青汁に含まれているβカロテンから、必要に応じて体内で変換されます。
そのため青汁は、ビタミンAの補給にも適した飲み物といえます。
ビタミンAは卵やレバーにも含まれているので、それらの食材からの摂取も可能です。
しかし、野菜不足の子供の偏った食生活では、全体的な栄養バランスが崩れてしまうので、青汁を飲み、植物性の栄養素から変換されたビタミンAの摂取が望まれます。
3歳から17歳の男女で、1日のビタミンAの推奨摂取量は、男子が500μgRAEから900μgRAE、女子が400μgRAEから650μgRAEです。

2-5.ビタミンB2

ビタミンB2は、脂質を分解する酵素の働きを助け、タンパク質の合成にも関わります。
そのためタンパク質を材料として作られる全身の各組織の成長や維持に必要な成分です。
特に成長期の子供に必要で、ビタミンB2が不足すると正常な成長が妨げられる恐れがあります。
3歳から17歳の男女で、1日のビタミンB2の推奨摂取量は、男子が0.8mgから1.7mg、女子が0.8mgから1.4mgです。
青汁にはビタミンB2が含まれているので、成長期の子供のビタミンB2の補給に適しているといえます。

2-6.葉酸

葉酸は胎児の脳や脊髄を形成する元となる、神経管の形成に必須の成分です。
妊娠初期から妊婦の体内で消費量が増えます。
そのため妊婦や胎児に、特に必要な栄養素として知られていますが、子供の成長にも葉酸は欠かせません。
子供に葉酸が不足すると、細胞の生まれ変わりが早い口内に炎症が起きる場合があります。
葉酸は腸内細菌の働きで合成可能な栄養素ですが、肉類中心の偏った食生活などで腸内細菌が減少して葉酸の合成が滞り、野菜からの葉酸の摂取も不足すると欠乏する可能性があります。
3歳から17歳の男女で、1日の葉酸の推奨摂取量は、男女ともに100μgから250μgです。
青汁には葉酸自体が含まれているだけでなく、腸内細菌(善玉菌)を増やす作用がある食物繊維が含まれているので、腸内での葉酸の合成を促します。

3.子供が続けやすい工夫をする

青汁は継続して摂取することでその効果を発揮します。
子供がマズいと感じるものを無理に飲ませるのではなく、子供が続けやすい工夫が大切です。
そのためには前半で紹介したような、市販の青汁で子供が飲みやすい味に調整されているものを購入しても良いのですが、ちょっとひと手間かければ、子供が喜んで食べる自作の青汁レシピも可能です。
簡単なものでは、青汁粉末を子どもの好きなカレーやシチューに混ぜたり、子供の好みの飲み物で割って飲ませる方法もあります。
また、青汁ホットケーキや青汁プリンなど、子供がつい沢山食べてしまいたくなるレシピもあります。
苦い青汁が苦手な子供でも、おいしい青汁レシピを作ってあげれば、喜んで青汁を継続してくれるでしょう。

4.子供に青汁を飲ませる際の注意点

子供に青汁を飲ませる際に、いくつか注意点があります。
それらの注意点を守ると、より安全に子供が青汁を摂取できます。
ここでは特に注意をすべき点を3点お伝えします。

4-1.食品添加物に気をつける

数多くの種類がある青汁の中には、食品添加物が添加されているものもあります。
青汁に添加されている主な食品添加物には、青汁の賞味期限を延ばす目的がある保存料や防腐剤、化学的に調合された香料や人工甘味料などがあります。
これらの食品添加物は国が定めた安全基準値内で使用されていますが、身体が小さく、大人と比べて肝臓の代謝機能も低い子供には過剰摂取になる可能性もあります。
青汁から摂取する添加物が微量でも、複数の食品から同じ添加物を摂り入れてしまうと、子供の身体がその添加物を処理しきれなくなり、体調不良の原因となる危険性がでてきます。
心配な際は、食品添加物が含まれていない、無添加の青汁を選ぶようにしましょう。

4-2.残留農薬に気をつける

残留農薬は、除草剤や害虫を駆除するために使用された農薬が食品に残されているもので、強い毒性があります。
子供はもちろん、大人でも体内に摂りこんでは危険です。
価格が異常に安く、産地がはっきりしない青汁は、しっかりと原料の安全管理がされておらず、残留農薬が含まれている可能性があります。
安心して青汁を子供に与えるために、無農薬や低農薬の青汁を選びましょう。
また、信頼できるメーカーでは、残留農薬の検査を定期的に行っています。
検査結果の一部を公開しているメーカーや、問い合わせをすると検査の結果を教えてくれるメーカーもあります。
そのような良心的なメーカーの青汁を購入すれば、残留農薬の心配なく青汁を子供に与えられるでしょう。

4-3.摂取量に気をつける

青汁は食品なので、特に定められた摂取量はありません。
しかし、どんな食品でも食べ過ぎ、飲み過ぎは身体に悪い影響を与えるように、青汁も飲み過ぎは体調不良を引き起こす恐れがあります。
青汁にはメーカーが推奨する、1日の推奨摂取量があります。
しかし、多くの場合、その摂取量は大人を想定して決められています。
子供の体格や体質によっては、その推奨摂取量では多すぎる場合もあります。
子供が青汁を飲んで胃もたれや腹痛、下痢を起こす場合はは摂取量が多すぎている可能性があります。
子供に青汁を与える際は、子供に合う摂取量を与えるようにして、過剰摂取に注意しましょう。

5.育ち盛りの栄養バランスを整える青汁

いかがでしたでしょうか?青汁は多くの年齢層の人に、健康効果や美容効果を発揮する優れた飲み物です。
育ち盛りの子供にも青汁の効果はてきめんで、元気な成長をサポートしてくれます。
また、子供のころから青汁の摂取を続けると、大人になっても青汁を飲む習慣が身についているので、無理なく青汁の継続が可能です。
生涯にわたって青汁の恩恵を受け健康を維持できるよう、子供に青汁を与えましょう。

トップに戻る