青汁による病気の予防(風邪)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(風邪)

風邪はひいてしまう前の早めの予防が大切です。
青汁は風邪を予防するために効果的な飲み物です。
今回は青汁の風邪の予防効果について詳しくお伝えします。

1.熱や咳が辛い風邪の症状

風邪はライノウィルスやコロナウィルスなどに感染することで引き起こされます。
人により症状の出方に違いがあり、鼻水やのどの痛みや腫れ、熱や下痢などが主な症状です。
季節の変わり目が特に風になりやすく、毎年多くの人が風邪の症状に悩まされます。
風邪の症状はウィルスを除去するための身体の防衛反応です。
そのため治るために必要な症状といえるのですが、風邪をひかないようにすることが大切です。
風邪の症状が長引くと細菌による二次感染を引き起こす恐れもあります。

1-1.風邪の主な原因

空気中には常に風邪を引き起こすウィルスや、その他の細菌などが飛んでいますが、普段は身体の免疫機能が正常に働いているので風邪になることはありません。
しかし、季節の変わり目の環境の変化への身体の対応の遅れや栄養不足、疲労の蓄積、ストレスなどで免疫力が弱まるとウィルスに対抗することができなくなり、風邪になってしまいます。

1-2.予防対策

風邪の予防には免疫機能の維持、向上が必要です。
バランスのとれた食生活を送り、規則正しい生活を送ることで疲れを溜めないことです。
特に季節の変わり目は免疫力が低下しやすいので注意が必要です。
青汁には免疫力を向上させる成分や、健康な心身を維持するために必要な成分が含まれています。
そのため青汁を飲むことで免疫機能を活性化させて風邪を予防することが期待できます。
青汁は継続して摂取することでその効果を発揮します。
普段から青汁を飲むことで風邪に負けない丈夫な心身を作りましょう。

2.なぜ青汁は風邪の予防に効果的なのか

青汁は風邪の予防に効果的です。
なぜ青汁は風邪の予防に硬化を予防するのでしょうか?
この章では青汁の風邪の予防に効果を発揮する仕組みや有効成分について詳しくお伝えします。

2-1.風邪の予防にビタミンC

青汁にはビタミンCが含まれています。
ビタミンCは風邪の予防に大きな効果を発揮する成分で、風邪薬にも配合されています。
酸味が強いビタミンですが、青汁として摂取する分には酸味を感じることはありません。

2-1-1.白血球を強化する

ビタミンCは血中で風邪の病原体を除去する働きをすると共に、元々身体に備わっている免疫機能である白血球の働きも高め、風邪に対する抵抗力を高めます。
血液中の一定量のビタミンCがあることで風邪をひきにくくなることが分かっています。

2-1-2肌を丈夫にする

ビタミンCはコラーゲンの生成にも関わる成分です。
コラーゲンは肌の細胞と細胞をしっかりとつなぐ働きがあります。
コラーゲンがしっかりと生成されると肌のウィルスや細菌に対する防御力が高まり、それらの侵入を防ぐことができます。

2-1-3.抗酸化作用で細胞を守る

ビタミンCには高い抗酸化作用があります。
体内で生成される活性酸素は、本来は白血球と共に、体内に侵入した細菌やウィルスを攻撃して身体を守る働きがあります。
しかし、ストレスや偏った食事、激しい運動や大気汚染などで余剰に発生すると、細胞自体も攻撃してしまい、細胞を傷つけます。
傷ついた細胞は抵抗力が弱まり、老化の進行も早まるので病気にかかりやすくなります。
青汁に含まれているビタミンCの抗酸化作用で、余剰に発生した活性酸素が除去されることで細胞が傷つくことがなくなり、丈夫な細胞が維持されます。
また活性酸素の量も正常な値になり、ウィルスなどの攻撃をして身体を守る本来の働きをするようになります。
抗酸化作用をもつ青汁の成分には、他にもビタミンEやβカロテン、クロロフィルなどがあり、それぞれが協力して高い抗酸化作用を生みだします。

2-1-4.ストレスを緩和させる

ストレスは活性酸素を増加させます。
またストレスによる精神的なダメージは肉体にも影響を及ぼし、免疫力を低下させて風邪をひきやすくしてしまいます。
ビタミンCにはストレスに対抗するために必要なアドレナリンや副腎皮質ホルモンの生成に必要です。
青汁からビタミンCを摂取することでストレスに対する体制が得られ、免疫力を維持して風邪をひきにくくします。

2-2.皮膚を丈夫にするビタミンA

ビタミンAは青汁に含まれているβカロテンが体内で変換されて生成されます。
ビタミンAには粘膜や皮膚の健康、正常な働きを守る作用があります。
ビタミンAをしっかりと補給することで粘膜や皮膚の健康が保たれると免疫力が向上します。
特に鼻の内部や口内、喉などの粘膜は外気に直接触れる部位で、正常に働くことでウィルスや細菌の侵入を防ぎ、風邪の予防に大きな力を発揮します。

2-3.免疫力を向上させるタンパク質

体内に侵入した異物やウィルス、細菌などを攻撃するものにマクロファージやリンパ球があります。
これらはタンパク質を主な材料に生成されます。
そのためタンパク質を十分に摂取することでこれらの身体を守る機能がしっかりと働き、免疫力が向上します。

2-4.ビタミンB6が効く

ビタミンB6はタンパク質の分解と再合成に関わる成分です。
ビタミンB6の働きで再合成されたタンパク質は、粘膜や皮膚の健康や正常な働きを保つためにも使われます。
皮膚や粘膜の健康が保たれることで免疫力が維持されます。

2-4-1.アレルギー反応を緩和する

また、ビタミンB6には免疫機能自体を正常に働かせる作用もあります。
アレルギー反応は免疫機能の異常によって起こります。
アレルギー反応がでると、かゆみやくしゃみ、抵抗力の低下などの症状が表れます。
青汁に含まれているビタミンB6の摂取をすることで免疫機能が正常に働き、アレルギー反応が緩和されることが期待できます。
その結果、風邪に対する抵抗力も高めることができるといえます。

2-5.葉酸で粘膜を強化

葉酸はタンパク質から新たな細胞を合成する際に必要な栄養素です。
葉酸がしっかりと補給できると、正常な細胞の生まれ変わりがされます。
特に細胞の生まれ変わりが早い粘膜ではその働きが必要です。
口内などの粘膜は、外部から侵入した風邪を引き起こすウィルスを食い止める大切な役目があります。
葉酸を青汁などからしっかりと補給することで粘膜の健康を保ち、風邪に対する抵抗力を高めることが期待できます。

2-6.パントテン酸が風邪を予防

パントテン酸は主にエネルギーの生成に関わる成分です。
その他にストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの分泌をビタミンCと共に助ける働きがあり、ストレスによる免疫力の低下を防ぎ、風邪を予防します。

2-7.食物繊維が免疫細胞を活性化する

青汁に含まれる食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、どちらも腸内で善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。
腸内環境が整うと、腸に存在する免疫細胞も活性化され免疫力が向上します。
その結果、風邪をひきにくい身体になることができるのです。

3.青汁の風邪予防効果をさらに高める青汁

青汁には風邪を予防する効果的な成分が含まれています。
この章では青汁の風邪を予防する効果がさらに高まっている、風邪の予防に有効な成分が配合された青汁について詳しくお伝えします。

3-1.抹茶入りの青汁

抹茶や緑茶には高い抗菌作用や抗ウィルス作用があるカテキンが含まれています。
そのため風邪の予防に効果的です。
青汁に抹茶を溶かすことで青汁の成分と共にカテキンも同時に摂取できるので、より高い風邪の予防効果が期待できます。
抹茶と青汁は相性が良いといわれています。
メーカーから抹茶が配合された飲みやすい青汁が販売されていますので、それらを購入することで青汁と抹茶の効果を同時に得ることができます。

3-2.ショウガ入りの青汁

ショウガには殺菌作用や身体を温めて免疫力を高める作用があり、漢方でも使用される風邪の予防に効果的な食材です。
ショウガをすりおろしたものを青汁に加えることでより高い風邪の予防効果が期待できます。
また、ショウガが配合された青汁も販売されていますので、自分でショウガを加えることに抵抗がある人はそのような青汁を購入するようにしましょう。

3-3.黒糖入りの青汁

黒糖に含まれる糖分は吸収が早く、素早くエネルギーに変換されます。
そのため健康な身体を維持するために必要な活力を素早く生みだして、風邪に負けない体の維持に役立ちます。
黒糖を青汁に加えることでこの黒糖の効果と青汁の風邪の予防効果を同時に得ることができます。
また、黒糖の甘みで青汁が飲みやすくなるというメリットもあります。
黒糖を自分で加えても良いですし、メーカーにより黒糖入りの青汁が販売されていますので、それらを利用することでも青汁と黒糖の効果を実感できるでしょう。

3-4.オリゴ糖入りの青汁を飲む

青汁にはオリゴ糖を配合したものもあります。
オリゴ糖は特定保健用食品、通称トクホの配合成分のひとつとしても知られています。
実際オリゴ糖入りの青汁にはトクホに認定されたものもあります。
オリゴ糖には腸内で善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで免疫力を向上させ風邪を予防する効果があります。
青汁にも善玉菌を増やす作用がある食物繊維が含まれていますので、お互いの相乗効果が期待できます。
そのためオリゴ糖が配合された青汁は、風邪の予防に効果的といえるでしょう。

3-5.ハチミツ入りの青汁

ハチミツにはグルコン酸などの腸内環境を整えることで免疫力を向上させる成分が含まれています。
また、各種ミネラル類やビタミン類も豊富で抗菌作用もあることから、風邪の予防に効果的といわれています。
ハチミツ入りの青汁はこのハチミツの効果と青汁の効果を同時に得ることができます。
また、味もおいしく飲みやすいと感じる人も多く、おすすめの青汁のひとつといえます。

4.自分でできる予防効果を高める工夫

青汁の風邪の予防効果は、工夫次第で自分でも高めることが可能です。
ここでは青汁レシピの定番の青汁牛乳を紹介します。
青汁牛乳の作り方はとても簡単です。
青汁粉末を水の代わりに牛乳に溶かすだけでできあがります。
牛乳には動物性の栄養素が含まれています。
その中には粘膜の健康や正常な働きを維持するために必要なビタミンAや、精神を落ち着かせてストレスを緩和させるカルシウムやマグネシウムが含まれています。
青汁にもそれらの栄養素が含まれていますが、動物性と植物性の栄養素を同時に摂取することでバランスのとれた栄養補給ができ、より優れた風邪の予防効果が期待できます。

5.青汁を飲み、風邪に負けない強い身体を作ろう

いかがでしたでしょうか?青汁には風邪に負けない心身を作る栄養素が含まれています。
それらの栄養素を摂取することで免疫力を高め、風邪を予防することが期待できます。
青汁を飲み、風邪に負けない強い身体を作りましょう。

トップに戻る