青汁の飲み合わせ(コラーゲン)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の飲み合わせ(コラーゲン)

コラーゲンは美容や健康に良いとして広く知られている成分です。
単体でも効果が実感できる成分として、サプリメントや美容品にも使用されています。
今回はこのコラーゲンと青汁の飲み合わせについてお伝えします。
コラーゲンとの飲み合わせにより、どのような効果が期待できるのか見てゆきましょう。

1.コラーゲンと相性が良い青汁

青汁は多くの人が愛飲している飲み物です。
その効果は、相性が良い成分と組み合わせると高められます。
コラーゲンも青汁と相性が良く、飲み合わせにより相乗効果が期待できます。

2.コラーゲンとは

この章ではコラーゲンについて詳しくお伝えします。
コラーゲンとはたんぱく質の一種で、人間の身体全体のたんぱく質の3割ほどがコラーゲンです。
コラーゲンの多くは皮膚にあり、その他にも骨や血管、内臓にも存在しています。
コラーゲンが正常に形成されると、外界と人体との境界がしっかりと作られます。
コラーゲンには細胞と細胞をつなぎ止める役割があり、細胞の隙間がなくなるからです。
そのお陰で、細菌などの体内への侵入が防がれています。
また、コラーゲンには弾力があるので、人体のしなやかさや弾力がある構造を支えています。
コラーゲンは二十歳を過ぎると年齢と共に総量が低下してしまう成分です。
さらに、年齢を重ねると質が低下してしまいます。
そのため、健康や美容を守るために意識してコラーゲンを摂取する必要があります。

3.コラーゲンの効果

コラーゲンには美容や健康を支える色々な効果があります。
この章ではコラーゲンの効果について詳しくお伝えします。

3-1.美肌効果

コラーゲンに期待できる効果の中で、広く世間に知られている効果が美肌効果でしょう。
美肌効果を謳った、コラーゲン配合の美容品やサプリメントが数多く販売されています。
皮膚に存在するコラーゲンは肌に弾力やハリを与えるので、コラーゲンが十分に生成されている人の肌は若々しさが保たれています。
また、コラーゲンが肌荒れの原因となる毒素や化学物質の侵入を防ぐため、それらが原因で起こる肌荒れにも効果的です。
体内でのコラーゲン量が加齢や摂取不足により足りなくなると、コラーゲンの代謝率が低下して肌の弾力やハリがなくなってきてしまいます。
その結果、シワやたるみが目立つようになり、外見の老化が進行してしまいます。
このように、皮膚に存在するコラーゲンの質と量が、美肌の維持に大きく関係しているのです。

3-2.骨の強化

コラーゲンは骨の健康、強化にも力を発揮する成分です。
骨はカルシウムやマグネシウム、リンなどのミネラルやコラーゲンで構成されており、コラーゲンには他の成分を接着し、つなぎ止める働きがあります。
その働きにより、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを付着させ丈夫な骨を形成します。
コラーゲンが不足すると骨に存在する各種ミネラルが骨に定着しにくくなり、骨がもろくなり骨粗しょう症になるリスクが高まります。
骨の健康を維持して丈夫な骨を形成するために、コラーゲンの補給が大切です。

3-3.正常な関節の維持

関節には軟骨が存在しています。
軟骨があるおかげで私たちはスムーズに関節を動かすことができるのです。
しかし、年齢と共に軟骨部分の代謝が悪くなると、軟骨が減ってきてしまいます。
軟骨が減ってしまうと骨が直接当たってしまうので、激しい痛みが生じます。
また、スムーズな動きもできなくなるので、軟骨が減っている人は日常生活に支障が表れがちです。
軟骨のうち、半分ほどがコラーゲンで構成されています。
そのため、コラーゲンを意識的に摂取すると軟骨の代謝が改善され、正常な関節を維持できます。
同時に関節痛の解消も期待できるでしょう。

3-4.動脈硬化を予防する効果

動脈硬化は血管が硬く、もろくなってしまう病気です。
動脈硬化の原因には、余剰に発生した活性酸素によるダメージや酸化した脂質の付着などがあります。
また、コラーゲンの不足も動脈硬化の原因のひとつです。
正常な血管は、コラーゲンでできた繊維により適度な柔らかさや弾力が維持されています。
コラーゲンが十分に補給されていれば、血管に少々のダメージがあっても修復されます。
しかし、コラーゲンが不足すると血管のダメージが修復されずに、傷ついた部分にコレステロールや酸化脂質が付着してしまいます。
そのままその状態が続くと血栓が生じてしまい、動脈硬化になるリスクが高まってしまいます。
健康な血管を維持するためにも、コラーゲンの補給が大切です。

4.青汁とコラーゲンの相乗効果

青汁にはコラーゲンの効果を高める作用があります。
そのため相乗効果により、単体で摂取するよりも優れた効果が期待できるのです。
ここでは青汁とコラーゲンの相乗効果について詳しくお伝えします。

4-1.ビタミンCがコラーゲンの働きを高める

青汁に含まれているビタミンCには、コラーゲンの吸収率を高める作用があります。
また、体内に吸収されたコラーゲンは一度分解されて再合成されます。
その際にビタミンCがコラーゲンの再合成を助ける働きをするので、より優れた美肌効果が期待できるのです。
青汁とコラーゲンの飲み合わせは、コラーゲンの効果を高める手軽な方法といえるでしょう。

4-2.カルシウムやマグネシウムを同時に摂取できる

骨はコラーゲンにカルシウムなどのミネラルが付着して構成されている組織です。
青汁には骨の主成分であるカルシウムやマグネシウムが含まれています。
そのため、青汁と一緒にコラーゲンを摂取すると、骨の構成に必要な成分を同時に補給が可能です。
その結果、丈夫な骨の形成が進み、健康な骨の維持に役立ちます。
特に高齢者はコラーゲンやカルシウムが不足しがちです。
不足した状態のままでいると、骨粗しょう症になってしまう可能性も高まります。
青汁とコラーゲンの飲み合わせで、積極的に骨の構成に必要な成分を補給しましょう。

4-3.美肌効果が高まる

青汁には肌や粘膜を維持するために必要な亜鉛やビタミンB群などが含まれています。
また、抗酸化作用により肌を過度な老化から守るビタミンCやビタミンE、βカロテンなども含まれています。
これらの成分が含まれる青汁と共に、肌の弾力やハリを維持するコラーゲンを同時に摂取すればそれぞれの成分の効果を同時に得ることが可能です。
その結果、単体で補給するよりも優れた美肌効果を得ることができるのです。

4-4.動脈硬化予防効果が高まる

コラーゲンには血管の弾力を維持し、血管が傷ついても修復を促す作用があります。
この作用に青汁の動脈硬化を予防する作用が加わると、より優れた動脈硬化予防効果が得られます。
青汁は、抗酸化作用により血管の若々しさを守るビタミンEや血液中のコレステロール値を下げる働きがある水溶性食物繊維やクロロフィルが含まれている飲み物です。
そのため青汁とコラーゲンを同時に摂取すると、血管の健康を維持しつつ、血液の状態も良好に保つことができます。
その結果、より優れた動脈硬化予防効果が得られるのです。

5.コラーゲンと青汁の飲み合わせの方法

コラーゲンは動物性の食品に含まれていて、特に鳥の皮や豚足、魚の皮などに多く存在している成分です。
そのため、それらの食材を使用した料理と共に青汁を摂取すると、それぞれの効果を同時に得られます。
より手軽に青汁とコラーゲンを同時に摂るには、コラーゲンのサプリメントを利用しましょう。
また、青汁の中にはコラーゲンが配合された青汁も販売されています。
青汁とコラーゲンを毎回組み合わせることが面倒な場合は、コラーゲン配合の青汁を利用してもよいでしょう。

6.美容効果と健康効果をアップ

いかがでしたでしょうか?コラーゲンは青汁と組み合わせると、より優れた健康効果や美容効果を発揮します。
コラーゲンの効果を高めたい人や、普段の青汁よりも大きな効果を得たい人は、青汁とコラーゲンの飲み合わせをお試しください。
ただし、コラーゲンが含まれるゼラチンは、人によりアレルギー反応がでる場合があります。
ゼラチンにアレルギーがある人は、医師に相談してからコラーゲンを摂取しましょう。
青汁とコラーゲンの飲み合わせで、美容効果と健康効果をアップしましょう。

トップに戻る