青汁原料の栽培に適した土地
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁原料の栽培に適した土地

青汁の原料はケールや大麦若葉、明日葉などの代表的な原料の他、クマザサや桑の葉など色々な種類があります。
それぞれの青汁の原料になる植物でよく育つ環境に違いがあり、栽培に適した土地があります。
今回は青汁の各原料の栽培に適した土地についてお伝えします。

1.代表的な青汁の原料

現在販売されている青汁の代表的な原料には、ケール、大麦若葉、明日葉があります。
これらの原料はメーカーが契約する専門の農家や、メーカーが所有する大規模農園で栽培されています。
良質な原料を大量に収穫して青汁に加工するのです。
これら三種類の代表的な青汁の原料は多くの青汁に使用されています。

2.それぞれの原料の栽培に適した土地がある

青汁の各原料には、それぞれ栽培に適した土地があります。
ケールにはケールの、大麦若葉には大麦若葉の栽培に適した土地があり、生産者はそれぞれの原料に適した土地を見極め、時には土壌改良を行い栽培します。
そのような努力のお蔭で質の良い青汁が作られるのです。
それではそれぞれの原料の栽培に適した土地について具体的にお伝えします。

2-1.ケールの栽培に適した土地

ケールの原産地は南ヨーロッパ地方の地中海沿岸です。
この地方の土地は比較的やせていて、夏場の降雨量が少ないため乾燥しています。
しかし、年間の総降雨量は森林を維持するには十分な量があります。
夏場の乾燥に適応した背が低く葉が硬く小さい植物が自生しています。
この土地の環境に適したオリーブの栽培が盛んに行われ、この土地で育ったオリーブの木か採れたオリーブ油が世界中に輸出されています。
青汁の原料であるケールもこのような環境下に適応した植物です。

2-1-1.日本におけるケールの栽培に適した土地

日本国内でケールを栽培する場合、ケールが好む中性に近い弱酸性の土を使用します。
人工的にその状態の土を作るには、小粒の赤玉土を7、腐葉土を2、苦土石灰と化成肥料、バーミキュライトを等量混ぜたものを1の割合で混ぜたものを使用します。

2-1-2.ケールが好む土中の水分量や気温について

ケールは元々夏場に乾燥する土地で育つ植物なので乾燥に強い性質があります。
そのため土壌が中性に近い弱酸性の土であれば地植えの場合は特に水やりをする必要はなく、自然な土中の水分量に任せます。
プランターなどでケールを育てる場合は表面の土が乾いてきたら水やりをすれば良いでしょう。
気温についてもキャベツの仲間であるケールは冷涼な気温を好みます。
しかし、ケールは丈夫な植物で5℃から25℃ほどの気温では問題なく育ちます。
それ以上に気温になる夏場も日中の日差し程度でしたら耐えることができます。

2-1-3.ケールが好む土地での栽培に関する注意点

ケールは丈夫な植物ですが、毎年同じ場所で連作を行うと株が弱まったり根こぶ病を発症するなどの連作障害が現れることがあります。
連作障害を避けるためには同じ場所で次の年もケールを栽培することを避け、一年以上間隔をあけて栽培します。
大規模農園ではローテーションでケールを栽培し、連作障害を未然に防いでいます。
また、ケールはキャベツなどと同じくアオムシがつきやすい植物なので、アオムシがつかないように防虫ネットを設置すると効果的です。

2-2.大麦若葉の特徴

大麦若葉はイネの仲間である大麦のまだ穂がでていない状態の若い葉の部分のことです。
安全で栄養価が高いことから青汁の原料やペットのエサとしても使用されます。
大麦若葉から作られた青汁は苦みが少なく、飲みやすいといわれています。

2-2-1.大麦若葉の栽培に適した土地

大麦は中央アジア原産の植物で、比較的降水量が多い土地を好みます。
原種の大麦は冬の寒さを経ることで発芽する植物で、厳しい冬が訪れるロシアやカナダでの栽培が盛んに行われています。
日本では品種改良され、低温にならなくても発芽する大麦が多く栽培されています。
植物が成長する上で必要な三大栄養素であるチッソ、リンサン、カリが均等に含まれた土壌を好むので、農家ではこれらの成分が含まれた肥料を土地に混ぜて栽培します。

2-2-2.大麦が好む土壌の水分量や気温について

大麦は比較的降水量が多い土地で育つ植物ですが、地植えの場合は特に水やりの必要はありません。
プランターなどで植える場合は表面の土が乾いたらたっぷりと与えます。
気温は元々寒さに強い植物なので一年中屋外で育てることができます。
大規模農園では見渡す限り大麦の日当たりが良い土地で栽培されています。

2-3.明日葉の特徴

明日葉は国内に自生している植物です。
主に伊豆諸島や房総半島から紀伊半島といった温暖な地域に自生しており、古くから健康に良い植物として食べられてきました。
現在では青汁の原料としても使用されます。

2-3-1.明日葉の栽培に適した土地

明日葉は元々日伊豆諸島などの日本の土地で育つ植物です。
故郷の土壌と同じく水はけのよい中性から弱アルカリ性の土地を好みます。
明日葉が好む土壌を再現するには赤玉土7、細かい砂2、腐葉土1の割合で混ぜたものを使用します。

2-3-2. 明日葉が好む土中の水分量や気温について

明日葉は水はけが悪い土地で育てると根腐れを起こします。
水はけが悪い土地での栽培は避け、プランターなどでの栽培の際は梅雨時には軒下など雨の当たらない場所にプランターを移動させましょう。
気温も温かい地域に自生している植物なので、関東以南では冬場は株元を腐葉土で覆って保温すると良いでしょう。
東北より北ではプランターを温かい屋内の日当たりが良い場所に移動させます。

2-3-3. 明日葉が好む土地での栽培に関する注意点

明日葉は丈夫な植物なので、水はけと寒い時期の保温に注意すれば元気に育ちます。
稀にアオムシやアブラムシがつくことがあるので、木酢液を薄めたものを散布して予防すると良いでしょう。

3.その他の青汁の原料

青汁の代表的な原料以外にも青汁の原料になる植物があります。
主に桑の葉やクマザサ、ゴーヤなどが青汁の原料として使用されます。
この章では代表的な青汁の原料以外の青汁の原料になる植物の愛倍に適した土地についてお伝えします。

3-1.桑の木の特徴

桑の木はその葉が蚕のエサになることから、古くから蚕のエサとして養蚕農家で栽培されてきました。
全国的に栽培されてきた植物で、実も食用として利用されます。
最近では青汁の原料としても注目され、桑の葉の青汁を製造するメーカーと契約した青汁農家で栽培されています。

3-1-1.桑の木の栽培に適した土地

桑の木は元々日本の広い地域でみられる植物で、どのような土地でも育ちますが、より適した土壌にする場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で混ぜたものを使用します。
日陰でも育ちますが、実や葉をよりたくさん収穫したい場合は日当たりの良い場所に植えた方がより良く育ちます。

3-1-2.桑の木が好む土中の水分量や気温について

桑の木は土中に適度に水分がないと弱ってしまいます。
鉢などに植える場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
地植えの場合は特に水やりの必要はありません。
日本の四季に適応しているので寒さにも強く、マイナス10℃以下でも耐えられる丈夫な植物です。
そのため気温については特に気にする必要はありません。

3-1-3.桑の木の栽培の注意点

土地の環境については蒸気の条件を守れば問題ありませんが、桑の木にはカミキリムシがつくことがあるので、成虫を見つけ次第駆除することが必要です。

3-2.クマザサの特徴

クマザサは日本庭園でよく見かける植物です。
冬場になると葉の周りが枯れて色が変わり、風情のある美しい隈取り模様をつけます。
近年青汁の原料としても栽培されるようになり、クマザサの青汁は比較的飲みやすい青汁として注目されています。

3-2-1.クマザサの栽培に適した土地

クマザサは、北は北海道から南は九州まで幅広く自生しています。
日本のどのような土壌でも育つことができる丈夫な植物です。
人工的にクマザサの栽培に適した土地を作る場合は赤玉土6、腐葉土3の割合で混ぜたものを使用します。
日陰でも日向でも育ちます。
根が広く深く張るので屋外では広い庭園での栽培が向いています。

3-2-2.クマザサの好む土中の水分量や気温について

日本全国のどのような環境でも育つので、地植えでは特に水やりの必要はありません。
鉢植えの場合は土中の水分が失われると枯れてしまいますので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
気温は四季を通じて特に気にする必要なく、冬でも屋外で元気に育ちます。
クマザサは一年中葉を落とさない常緑樹の仲間です。

3-2-3.クマザサの栽培のその他の注意点

クマザサは繫殖力が旺盛で根をどんどん伸ばすので、地植えの場合もあらかじめ地中に仕切りを設けておくとそれ以上根が伸びないので安心です。

3-3.ゴーヤの特徴

ゴーヤは沖縄県や九州地方で盛んに栽培されている野菜です。
強い苦みがありますが、肉などと炒めるとおいしい料理ができあがります。
その栄養価の高さから、青汁の原料としても使用されています。

3-3-1.ゴーヤの栽培に適した土地

ゴーヤは一年草なので、寒い冬が訪れる本州でも栽培が可能です。
比較的どのような土地でも育ちますが、ゴーヤが好む土地を再現するには赤玉土4、腐葉土4、堆肥2の割合で混ぜたものを使用します。
生育の条件が揃うとあっという間に成長します。

3-3-2.ゴーヤが好む土中の水分量や日光について

ゴーヤはすぐに成長し、成長するにつれて多量の水分を必要とするので、大きく成長してきたら地植えでも午前中と夕方に水やりをして、土中に十分な水分量を確保します。
ゴーヤの成長期間は種をまく4月から収穫を終えツルが枯れ始める秋にかけてですので、その間は日当たりが良い場所で育てます。

4.家庭で青汁の原料の栽培に挑戦しよう

いかがでしたでしょうか?青汁の原料にはそれぞれ栽培に適した土地があります。
青汁のメーカーではそれぞれの原料の栽培に適した土地で青汁の原料になる植物を栽培し、高品質な青汁を製造しています。
個人でも人工的に適した土地の再現をすることも可能なので、興味のある人は家庭で青汁の原料の栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか?

トップに戻る