青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁のデメリット

青汁は様々なメリットがある健康食品で、多くの人に飲まれています。実際に健康効果を実感している人が多いからこそ人気があるのですが、今回は青汁のデメリットについて考えてみたいと思います。青汁のメリットだけではなく、デメリットもしっかりと理解することでより安全に青汁を飲み続けることができます。

1.青汁にデメリットはある?

青汁は高い健康効果を誇る飲み物ですが、青汁にデメリットはあるのでしょうか?結論を申し上げると青汁にもデメリットはあります。しかし、そのデメリットは多くの場合解消できます。今回の記事で青汁のデメリットを知り、そのデメリットを解消して青汁を飲みましょう。

2.青汁のデメリット

それではこの章で青汁のデメリットを詳しくお伝えします。デメリットもしっかりと理解して、より安全に青汁を飲めるようにしましょう。

2-1.原料の味が苦いものがある

青汁は原料の植物を絞り作られます。その原料の中には苦いものがあり、その原料から作られた青汁はやはり苦い青汁になります。特に苦みが強い原料はケールです。青汁が世に広まった当初の青汁の原料はほとんどがケールでした。そのため苦みの少ない原料から作られた青汁も販売されるようになった現在でも、青汁は苦くてマズいといったイメージが一部であります。

2-2.飲み続ける必要がある

青汁は健康食品です。健康効果が高いことに定評がある青汁ですが、医薬品のような即効性はありません。青汁の効果を実感するまで数ヶ月から半年以上かかります。そのため青汁は飲み続ける必要があります。

2-3.カリウム制限がある人には向かない

青汁にはカリウムが含まれます。カリウムは体内の余剰なナトリウムの排出を促す作用があり、血圧を下げる効果がありますが、腎機能障害などでカリウムがうまく排出されない人がカリウムを摂取すると、体内にカリウムが蓄積し、高カリウム血症という病気になる恐れがあります。そのためカリウムの摂取を制限されている人には青汁は向きません。医師の指示により、青汁の摂取を制限されるか控えるようにいわれることがあります。

2-4.ワルファリンの服用者は控える

ワルファリンとは別名ワーファリンとも呼ばれる薬で、血液を固まりにくくする作用があります。血液が血管内で固まり、血栓ができることで発症する脳梗塞や心筋梗塞の予防や治療のために服用する薬ですが、青汁に含まれているビタミンKはワルファリンの効果を阻害してしまうので、ワルファリンの服用者は青汁の摂取を控えるよう医師に指示される場合があります。

2-5.稀にアレルギー反応がでる場合がある

アレルギー反応とは免疫機能の異常によりかゆみや湿疹、くしゃみなどの症状が表れることです。アレルギー反応の原因になるアレルゲン物質には様々なものがあり、人により様々です。稀に青汁にアレルギー反応がでる人もいます。青汁にアレルギー反応がでる場合は青汁を飲むことを控えます。

2-6.残留農薬の心配

信頼できるメーカーの青汁は厳しい基準を設け、残留農薬も定期的に検査を実施して安全性を高めています。また無農薬で栽培している原料で製造された青汁もあります。しかし、中には安価で購入できる分、残留農薬の不安が残る産地や栽培過程が不明な青汁もあります。

2-7.青汁のタイプによっては飲むまでにひと手間かかる

青汁はそのまま飲める液体タイプのものや、水などと一緒に簡単に飲める錠剤タイプの青汁がありますが、中には解凍してから飲む冷凍タイプの青汁や、水などに溶かして飲む必要がある粉末タイプの青汁もあります。冷凍タイプの青汁も粉末タイプの青汁も、それぞれ栄養面で優れている点や携帯に便利な利点がありますが、飲むまでに解凍する手間や水などに溶かす手間がかかります。

3.青汁のデメリットは解消できる

ここまで青汁のデメリットをお伝えしてきました。確かにこれらのデメリットが青汁にはあります。しかし、腎機能障害のある人やワルファリンの服用者のように青汁に含まれている成分自体が引き起こす作用で起こるデメリット以外は、工夫次第で解消できます。この章では青汁のデメリットの解消法をお伝えします。

3-1.青汁のデメリットの解消法1・味を工夫する

苦みの強いケールから作られた青汁は、味を工夫することで解消できます。液体タイプのケールの青汁には黒糖やハチミツ、レモン果汁を混ぜることで苦みを抑えることができます。粉末タイプの場合は豆乳や牛乳、フルーツジュースに溶かすことでおいしく飲むことができます。液体以外にもカレーなどに混ぜることでも青汁の味を抑え、おいしく食べることができます。また、市販の青汁でケールを使用したものでも果汁入りのものやハチミツや黒糖で甘く味が付いているものもありますので、工夫次第で青汁の苦みは解消できます。

3-2.青汁のデメリットの解消法2・おいしい味の青汁を選ぶ

青汁の原料には大麦若葉など抹茶のような風味がするおいしいものもあります。そのようなおいしく感じる青汁を選ぶことで苦みのない、または苦みの少ない青汁を飲むことができます。また、先程お伝えしたように、市販の青汁でもおいしく味付けがされたものもあるので、そのような青汁を選ぶことで苦みのデメリットは解消できます。

3-3.青汁のデメリットの解消法3・青汁の健康効果を理解する

青汁は飲み続けることで効果を発揮します。しかし、中には途中で飲むことを止めてしまう人もいます。青汁の持つ様々な健康効果を良く理解することで、青汁を飲み続ける意識が高まります。

3-4.青汁のデメリットの解消法4・目的をもって青汁を飲む

青汁を飲むことで得たい目的をしっかりと定めることも大切です。目的をしっかりともって青汁を飲むとモチベーションが上がり、青汁を飲み続けることも容易になるでしょう。

3-5.青汁のデメリットの解消法5・定期購入をする

青汁を定期購入することで安定して青汁を飲み続けることができます。買い忘れる心配もありません。また、良心的なメーカーは青汁の定期購入者用にカスタマーサポートを受け付けています。青汁について分からないことはカスタマーサポートに問い合わせて解決できるので、青汁に関する理解が深まり、青汁を飲み続けやすくなります。

3-6.青汁のデメリットの解消法6・簡単に作れるような工夫をする

粉末タイプの青汁や冷凍タイプの青汁は飲める状態にするまでに解凍する必要や液体に溶かす必要があります。その過程を、いつもの料理に混ぜることで省くことができます。例えば冷凍タイプの青汁は開封してそのまま味噌汁に入れて調理すれば、調理の過程で自然と解凍されるので、解凍する手間を省くことができます。粉末タイプの青汁もシチューなどに混ぜることで、溶かす過程を省けます。また、粉末タイプの青汁を液体に溶かす際も専用シェイカーを使用すれば簡単に溶かすことができます。このように工夫をすることで、飲むまでに手間がかかるデメリットを省くことができるのです。

4.アレルギーや病気で青汁が飲めない場合

以上の青汁のデメリット解消法で、青汁の味や作る手間に関するデメリットや、飲み続ける必要があることへのデメリットを解消できます。しかし、アレルギー反応や病気による青汁の制限は、その症状が改善しない限り解消できません。その場合は無理をせず、医師の指示に従い青汁の摂取を控えましょう。

5.青汁にはメリットがたくさん

今回お伝えしたように、青汁にはデメリットもあります。しかし、ほとんどのデメリットは解消できますし、青汁にはたくさんのメリットがあります。そのメリットは健康効果から美容効果、野菜不足の解消など様々です。青汁のデメリットを理解し解消したら、今度は青汁のメリットに目を向け、青汁をより理解した上で飲み続けましょう。青汁はあなたの健康や美容に関する目的を達成させる強い力になってくれます。

トップに戻る