どんな人が青汁を飲むべきか
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

どんな人が青汁を飲むべきか

皆さんは青汁にどのようなイメージを持っていますか?青汁をまだ飲んでいない人は「苦そう」「身体に良さそう」「友人にすすめられた」など、人により様々なイメージがあると思います。
実際にはどんな人が青汁を飲むべきなのでしょうか?今回は青汁を飲むべき人について詳しくお伝えします。

1.青汁は万能な健康飲料

そもそも青汁とはどのような飲み物なのでしょうか?青汁はケールや大麦若葉、明日葉などの栄養価の高い植物を主原料として作られます。
野菜と比べても高い栄養価を誇り、植物性の栄養素を簡単に補給できる飲み物です。
そのため健康増進や体質改善、美容効果やデトックス効果など、人々の色々なニーズに答えてくれる、万能な健康飲料といえるのです。
つまり青汁は、健康や美容に関心のある人や、病気の予防や改善に成果を上げたい人に大きな成果が期待できるため、そのような人が青汁を飲むべき人といえるのです。

2.青汁を飲むべき人

この章ではさらに詳しく、青汁を飲むべき人はどんな人なのか、様々な目的別に詳しくお伝えします。
あなたが今後青汁を飲むべきか考えているようでしたら、是非参考にしてみてください。

2-1.健康効果、体質改善を望む人

青汁を飲むべき人は、健康増進や体質改善、病気の予防に関心がある人です。
健康な身体作りの第一歩は、身体に必要な栄養素をバランス良く補給することから始まります。
青汁の摂取により各種ビタミンやミネラルをしっかりと補給すれば、様々な健康効果や病気の予防効果が得られるでしょう。

2-1-1.健康維持

特に病気の心配や、具体的な健康効果を望まない人でも、普段の食事に青汁をプラスするだけで健康維持が望めるので、健康維持をしたい人は青汁を飲むべきです。
なぜ青汁が健康維持に有効かといえば、現代人の野菜不足の解消を助けるからといえます。
青汁には1回分の摂取量に野菜換算で、40gから100gほどの栄養素が含まれているといわれています。
現代日本人は、厚生労働省の調査結果によると、平均して1日に60gほどの野菜が不足しているといわれています。
青汁を1日に1回から2回摂取すると、不足分の野菜の栄養を補えるので、健康維持や健康増進に効果が期待できるのです。
今は健康でも、長い間野菜不足が続くと、やがて体調不良が表れる可能性もあります。
野菜不足が気になる人は、今の健康を維持するために青汁を飲むべきでしょう。

2-1-2.生活習慣病の予防

生活習慣病とは、乱れた私生活(暴飲暴食や喫煙、不規則な睡眠など)により発症する病気で、高血圧症や糖尿病などがあります。
生活習慣病は一度発症すると、全快が困難な場合が多く、予防が何より大切です。
青汁には以下の生活習慣病の予防に有効な成分が含まれています。
水溶性食物繊維は、食後血糖値の急な上昇を抑える作用があります。
また、カリウムは余分なナトリウムの排出を促し、血圧を下げる効果が期待できます。
青汁の原料のひとつである明日葉に含まれるカルコンと呼ばれる成分には、内臓脂肪を減少させ、血糖値をコントロールするインスリンの働きを正常化する作用があります。
このように青汁は生活習慣病の予防にも効果が期待できるので、現在暴飲暴食など生活習慣病が発症するリスクがある人は、乱れた私生活の改善と共に、青汁を飲むべきです。

2-1-3.脳梗塞、心筋梗塞の予防

脳梗塞や心筋梗塞は、脳や心臓の血管の一部が詰まり、脳細胞や心臓の組織が死滅してしまう病気です。
死亡や重い後遺症が残る可能性がある恐ろしい病気です。
これらの病気は、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で発症するケースが多くあります。
そのため動脈硬化の予防が脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果的といえます。
青汁には以下のような、脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果的な栄養素が含まれています。
ビタミンEは、強力な抗酸化作用で、血管や血中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防します。
また、毛細血管を拡張するので、血行自体を改善する効果も期待できる成分です。
ビタミンEの他にも、ビタミンCやβカロテンも強い抗酸化作用で細胞の酸化を防ぎます。
このような成分の作用で、青汁は動脈硬化を予防する効果が期待できます。
動脈硬化を予防し、脳梗塞などの病気も予防したい人は青汁を飲むべきです。

2-1-4.アレルギー体質の改善

アレルギー体質の改善をしたい人も青汁を飲むべきです。
青汁にはアレルギー体質の改善に有効な成分が含まれており、それらを補給できるからです。
アレルギーの症状は、免疫機能の異常により、花粉や牛乳、小麦粉などの無害なはずの物質に身体が過剰に反応してしまうために起こります。
アレルギー反応が出ると、かゆみや炎症を引き起こすヒスタミンという物質が生成されるので、肌の炎症やかゆみ、くしゃみなどの症状が表れます。
また、症状がひどいと意識混濁や痙攣、四肢の麻痺などが起こる場合もあり、最悪死亡する例もあります。
青汁には腸内環境を整え、腸内に数多く存在する免疫細胞の働きを正常化する食物繊維や、抗酸化作用で細胞を余剰な活性酸素の害から守り、白血球の働きを高めるビタミンCなどが含まれており、アレルギー体質の改善に効果が期待できます。

2-1-5.疲労回復

疲労回復を望む人も青汁を飲むべきです。
青汁は、疲労回復に必要な各栄養素を含む天然由来の飲み物です。
そのため適量を摂取する分には、栄養ドリンクや薬のような大きな副作用の心配がありません。(過剰摂取などによる副作用の可能性はあります)
ただし、栄養ドリンクのように疲労を感じた際に飲むという飲み方ではなく、毎日継続して摂取する必要があります。
安定して青汁の摂取をすると、疲労回復に必要な成分がしっかりと補給され、段々と疲れにくい身体が形成されてゆき、疲労を感じても回復が早くなってくるでしょう。
青汁には以下のような疲労回復に必要な成分が含まれています。
青汁に含まれているビタミンB1は、別名疲労回復のビタミンとも呼ばれています。
糖質をエネルギーに変換する際に必要な成分で、米などの炭水化物(糖質)からエネルギーを作りだし、疲労から回復しやすい身体を作ります。
また、タンパク質も体内でエネルギーに変換される他、運動などで疲労し、組織が傷ついた筋肉を修復する材料にもなります。
さらに鉄はヘモグロビンが全身に酸素を供給するために必要な成分で、細胞内の二酸化炭素と酸素の交換を行い、速やかな疲労回復を促します。
このように青汁は、疲労回復を望む人にもおすすめの飲み物です。

2-1-6.免疫力の強化

風邪やインフルエンザなど、外部から体内に侵入してくる病原体は、身体の免疫機能のお陰で駆逐され、風邪などの感染症が予防されます。
この免疫機能を向上させ、免疫力を強化したい人も青汁を飲むべきです。
青汁には白血球の働きを強化し、免疫力を高めるビタミンCが含まれています。
またビタミンCにはコラーゲンの生成を促す作用もあり、コラーゲンが細胞同士をしっかりと結びつけるので、病原菌の侵入を防ぐ効果も期待できます。
さらに青汁に含まれている食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やします。
善玉菌は整腸作用を発揮するので腸内環境が整います。
その結果、腸に存在する、身体全体の約6割にも及ぶ免疫細胞が活性化され、免疫力が強化されるのです。

2-1-7.母体と胎児の健康維持

青汁は妊娠中の女性にも是非飲んでもらいたい飲み物です。
母親の胎内で胎児はどんどん成長してゆきます。
その際に多く消費される栄養が葉酸と鉄です。
葉酸は細胞の分裂、成長に関わる成分で、妊娠初期の胎児の神経管という組織の形成に欠かせません。
また、鉄は胎児の身体に酸素と栄養を供給するために、より多く必要となる成分です。
この2つの栄養素が母親の胎内で不足すると、母体と胎児の両方に不調が表れてしまいます。
特に胎児の身体は成長不良になる危険があります。
青汁には葉酸と鉄、鉄の吸収率を高めるビタミンCが含まれています。
そのため妊娠中の女性が飲むべき飲み物といえます。

2-1-8.冷え性改善

冷え性を改善したい人も青汁を飲むべきです。
冷え性の原因は毛細血管の萎縮による血流の悪化や、ストレスによる体温調節機能の低下などがあります。
青汁には毛細血管を広げ、血流を改善して体温を上げる作用があるビタミンEや、ストレスによる神経の興奮やイライラを鎮めて、体温調節機能の正常化を促す作用のあるカルシウムが含まれています。
ただし、冷たい青汁を飲むと、かえって身体を冷やしてしまう場合もありますので、冷え性の人は青汁を温めるか、少しずつ飲むようにすると良いでしょう。

2-2.美容効果が目的の人

健康が目的の人以外にも青汁はおすすめです。
美肌やダイエット効果などの美容効果を得たい人も、青汁を飲むべき人といえます。
本当の美しさは健康な身体が作りだすので、青汁の健康効果自体も美容に力を発揮します。
さらに青汁には美容効果を発揮する成分も含まれています。
そのため、青汁の摂取を継続すると、美容効果も期待できます。

2-2-1.美肌効果

青汁には優れた美肌効果を生む成分が含まれています。
そのため美肌効果を望む人も、青汁を飲むべきといえます。
青汁に含まれている代表的な美肌成分はビタミンCです。
ビタミンCには日焼けの原因であるメラニン色素の沈着を抑え、透明感のある肌を維持する効果や、コラーゲンの生成を促し、肌のハリや弾力を維持する効果が期待できます。
また、健康的な肌を維持する上で必要な、亜鉛やビタミンB6なども含まれています。

2-2-2.ダイエット効果

美しいプロポーションを維持するため、健康を維持するためにダイエットをする人は多いと思います。
青汁は薬のような後遺症の心配なくダイエット効果が期待できるので、減量を望む人も青汁を飲むべきです。
青汁に含まれている食物繊維は、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維共に体内で水分を吸収してカサを増し、満腹感を持続します。
そのため食べ過ぎを抑える効果が期待できます。
さらに中性脂肪やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。

2-2-3.便秘解消

女性に多いとされる便秘にも青汁は効果的です。
そのため便秘を解消したい人も青汁を飲むべきといえます。
食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を良いものへ改善してくれます。
また、不溶性食物繊維は腸内で腸壁を刺激して、腸のぜん動運動を活性化します。
ぜん動運動が活性化すると、それに伴い排便が促されて便秘が解消されてゆきます。
長い間便秘が続いている人は、腸内に水分が足りていない恐れがあります。
青汁は食物繊維の補給と共に、水分の補給もしてくれる飲み物です。

2-2-4.アンチエイジング効果

いつまでも若々しさを保ちたい人も、青汁を飲むべきといえます。
若さを保つアンチエイジングには、紫外線対策や筋力維持のための運動なども効果的ですが、同時に若さを保つために必要な栄養素の摂取も必要です。
青汁に含まれているビタミンEは、別名若返りのビタミンとも呼ばれています。
その強い抗酸化作用で老化を進行させる、ストレスや激しい運動で余剰に発生した活性酸素を無害化します。
見た目の美しさを保つ、美肌を作る効果のあるビタミンCもアンチエイジングに有効といえるでしょう。
ビタミンCにも強力な抗酸化作用があり、細胞の老化の進行を遅らせる効果も期待できます。

2-2-5.デトックス効果

青汁には優れたデトックス効果も期待できます。
体内に蓄積した毒素や老廃物を排出する青汁の成分は、水溶性食物繊維やクロロフィル、亜鉛があります。
これらの成分は有害ミネラルや老廃物を吸着して、便と共に体外に排出してくれます。
青汁を継続して飲むだけで、優れたデトックス効果が期待できるので、デトックス効果を望む人も青汁を飲むべきといえます。

3.青汁を飲み、望む効果を得よう

いかがでしたでしょうか?実に多くの健康や美容の望みに、青汁は大きな力を発揮します。
それは青汁が、元々人間の肉体の維持や健康増進に必要な、植物性の栄養素が容易に補給できる飲み物だからです。
カリウムを排出できないなどの、特殊な例を除き、ほとんどの人が飲むべき飲み物であるといえるかも知れません。
事実、現代人は慢性的に野菜の摂取量が不足しています。
野菜不足の原因が、多くの病気や体調不良を引き起こしているという説もあり、現代人の多くが青汁を飲むべきといえます。
青汁は野菜不足を解消し、さらに今回お伝えしたような、目的別の青汁を飲むべき人の期待にも応えてくれるでしょう。
青汁を飲み、望む効果を得ましょう。

トップに戻る