毎日青汁を飲むべきか
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

毎日青汁を飲むべきか

青汁は継続して摂取することでその効果を発揮します。
それでは青汁は毎日飲むべきなのでしょうか?答えは特に問題がない場合は毎日飲むべき、といえます。
しかし、体調によっては控えた方が良い日もあります。
今回は青汁を毎日続けて飲む際の注意点や、疑問点などについてお伝えします。

1.毎日青汁を摂取して効果を実感する

青汁の効果をはっきりと実感するには青汁は毎日飲むべきです。
これには理由があります。
皆さんは断食を実行しているなど特殊な状況下でない限り、毎日食事をすると思います。
これは日々身体が代謝を繰り返して肉体を維持するために必要な栄養素を補給するためです。
また、活動するためのエネルギーも食事から得たカロリーから作られます。
このように生命活動を維持するためには、毎日食事から栄養素を摂りこむ必要があるのです。
特に現代日本人の多くは、慢性的な野菜不足に陥っているとされています。
毎日青汁を摂取すると不足している分の植物性の栄養素が補われ、野菜不足の解消にもつながります。
そのため毎日青汁を飲むと、健康効果や美容効果の発揮に大きな期待ができるのです。

2.毎日青汁を飲むためのコツ

青汁は毎日飲む方が健康効果や美容効果が得やすいことは分かりましたが、毎日の継続が大変と感じる人もいると思います。
この章では無理なく毎日青汁を飲むためのコツについてお伝えします。

2-1.おいしい青汁を飲む

毎日青汁を飲むためには自分に合うおいしいと感じる青汁を選びましょう。
青汁は元々健康には良いがマズい飲み物として知られていました。
実際青汁が普及し始めた頃の青汁はケールを使用した独特の苦みとにおいがある飲み物でした。
そのため中にはどうしてもそのマズさのために継続して摂取できない人も多くいたのです。
しかし、最近では加工技術の発達や新しい原料の使用などで色々な味の青汁が販売されるようになりました。
ハチミツや黒糖を使用して甘みをだしたものや果汁入りのフレッシュなものなどがあります。
また、大麦若葉やクマザサなど比較的苦みやにおいが少ない、飲みやすい原料を使用した青汁も販売されています。
それらの青汁の中からおいしいと感じる青汁を選ぶと、毎日継続しての摂取がしやすくなります。
無料サンプルやお試しの格安セットなどで色々な青汁を試して、自分に最適の青汁を選ぶようにしましょう。

2-2.飲み方を工夫する

毎日同じ味の青汁の摂取が苦手という人には、飲み方の工夫をおすすめします。
粉末タイプの青汁は割る飲み物を変えると簡単に味を変えられます。
人気のある割り方には牛乳で青汁粉末を割る方法や、フルーツジュースで青汁を割る方法などがあります。
なるべく天然由来の飲み物で割る方が、より身体に良い効果が期待できます。
冷たい飲み物以外にも温かい飲み物で割る方法もおすすめです。
コーンポタージュやみそ汁に青汁粉末を溶かすとおいしくいただけるでしょう。
また、カレーやシチュー、ヨーグルトなどに青汁粉末を混ぜる食べ方もあります。
好みや工夫次第で色々なレシピが考えらええますので、その日の気分や献立に合わせておいしく青汁をいただけます。
このように青汁の摂り方を工夫すると、毎日青汁を摂取しやすくなります。

2-3.目的をハッキリさせる

何かを継続するには目的をハッキリさせる必要があります。
例えばダイエットをする際は、目標とする体重や期限を決めるとゴールが定まるので挫折しにくくなります。
青汁を継続する際も自分は青汁にどのような効果を求めているのかをハッキリさせると、漠然と飲むよりも遥かに続けやすくなります。
その上でおいしい青汁を選び、日々の摂取方法を工夫すると相乗効果が期待できます。

2-4.メーカーのサポートを受ける

青汁を飲み続けていると、自分の飲み方で合っているのか心配になる人もいると思います。
そんな時は一人で悩まずに青汁を購入したメーカーのサポートを受けましょう。
信頼できるメーカーでは通販や店舗販売を問わず、相談窓口や問い合わせ用の連作先が公開されています。
特に通販サイトで定期購入をした人は、会員としてそのメーカーの顧客リストに登録されているので、より親身なアドバイスを受けられるでしょう。
また、毎月青汁と共に送られてくる会報誌には青汁に関係する様々な健康や美容に有意義な情報が掲載されています。
それらの情報に目を通しておくだけでも自然と青汁の知識が深まり、効果的な摂取方法も身についてゆくでしょう。

2-5.定期的に健康診断を受ける

青汁を継続すると、身体は徐々に元気を取り戻し健康になってゆきます。
中には目に見えて健康になる人や美容効果が表れて美しくなる人もいます。
しかし、元々大きな病気もなく健康上や美容面での悩みがない人は、今一青汁の効果を実感しにくいかも知れません。
そのような人でも身体の内部では免疫力が活性化していたり、細胞の老化が遅くなっているなどの効果が表れているのです。
しかし、その効果が実感しにくいため青汁の摂取を止めてしまう人もいます。
それは非常にもったいないといえます。
しかも長い目で見れば青汁の摂取を続けている人との、老化のスピードや健康維持に明らかな違いがでてくるでしょう。
そこで青汁の効果を実感するために、青汁を飲み始めても効果が実感できない人は定期的な健康診断の受診をおすすめします。
健康診断を受けると、自分では分からない詳細な身体のデータが数値化されて分かります。
実感できていなかった、血糖値の低下や血圧の正常化などが数値として見られるので青汁の効果が判断できます。
青汁を飲む前と後で数値の改善が見られれば、体感としては変わりがなくても青汁の効果を理解できます。
そうすると青汁を継続するモチベーションも上がり、毎日青汁を喜んで飲めるようになるでしょう。
現在特に体調不良などの実感がない人は、青汁を飲み始める前と後で健康診断を受けて数値の変化を見るようにしましょう。
きっと青汁の効果に驚かれるはずです。

2-6.定期購入をする

青汁を不定期に購入していると、つい買い忘れてしまったり、売り切れで買えなくなる可能性があります。
そのような状態が続くと、やがて青汁の継続を止めてしまうことにもなりかねません。
買い忘れなどによる青汁の摂取の妨げを防ぐには、定期購入がおすすめです。
定期購入の手続きをしておけば、毎月安定して青汁が届くので買い忘れる心配がありません。
また、売り切れになる心配もないので青汁を毎日継続できます。
青汁は健康維持のため末永くお付き合いしてゆきたい飲み物です。
お気に入りの青汁が見つかった人は、定期購入で青汁を飲むようにしましょう。

3.青汁を継続するために知っておきたいポイント

青汁を毎日継続するには、青汁についてより理解を深めることを推奨します。
ここでは青汁を継続するために有意義な質問とその答えをお伝えします。
青汁を継続するための知識としてお役立てください。

3-1.飲み始めてどれくらいで効く?

この質問は青汁を飲み始めた人からよく寄せられる質問です。
確かにどれくらいで効果が表れるのかを知っておけば、それを目安に続けやすくなるものです。
青汁は薬とは違い即効性はありません。
青汁に含まれている天然由来の栄養素が徐々に身体を健康に導いてくれるのです。
そのため青汁の効果を実感するにはある程度時間がかかります。
人間の身体は細胞の生まれ変わる周期があります。
その周期は部位によって違いがあり、肌の細胞の生まれ変わりの周期は約1カ月から50日ほど、骨の細胞の生まれ変わりの周期は約90日といわれています。
また腸粘膜の細胞のように数日で生まれ変わるものもあります。
青汁が効果を実感するにはこの細胞の生まれ変わりを考慮する必要があります。
そのため長い場合は90日、つまり3カ月ほど効果を実感するまでかかる可能性があります。
しかし、暴飲暴食や偏食、不規則な生活をしている人は青汁を摂取しても中々効果が感じられない場合もあります。
これは青汁から栄養素を補給しても、同時に体調不良を招く行為を行っているからです。
速やかに青汁の効果を実感するには、青汁の摂取と共に食生活や私生活の改善を心掛けるべきです。
そうすれば青汁の効果をより早く実感できるでしょう。

3-2.青汁を止めると健康を損ねる?

一旦青汁を飲み始めた人が青汁を止めると、健康を損ねてしまうのでしょうか?
答えは健康を損ねる可能性があるといえそうです。
青汁の摂取で得られた健康や美容効果は、日々の青汁の摂取により支えられています。
青汁を止めてしまうと健康を支えていた栄養素の補給が絶たれるので、健康を損ねる可能性は高いといえるのです。
しかし、青汁の継続は健康を維持する上で比較的簡単な習慣といえます。
青汁1杯分に含まれる栄養素を野菜で補おうとすると、40gから100gもの野菜を摂取する必要があるからです。
青汁を継続して健康を維持した方が、手軽で効果的といえるでしょう。

4.こんな時は青汁の摂取を控えよう

青汁は毎日継続して摂取する方が健康や美容に効果的です。
しかし、場合によっては青汁を控えた方が良いケースもあります。
ここでは青汁を控えるべきケースをお伝えします。

4-1.風邪などで食欲が全くない時

風邪などを引くと症状によっては食欲が全くなくなる可能性があります。
そのような状態では、無理をして食事をしたり青汁を飲んでも戻してしまう場合があります。
そのような時は水分補給のための水や経口補水液を摂取し、食欲がでてきたら青汁を飲むようにしましょう。
青汁は固形物が食べられない状態でも飲めるので、食欲が出始めた頃の回復食としてもおすすめです。

4-2.アレルギー反応の疑いがある時

青汁を飲むと稀にアレルギー反応がでる人がいます。
症状としては口元や口内の腫れやかゆみ、発疹や微熱などがあります。
通常アレルギー反応は、原因物質であるアレルゲンを摂取したり触れた際に表れます。
青汁を飲み始めてすぐにアレルギー反応がでれば、その青汁が原因だとすぐに分かります。
しかし、中には飲み続けている途中でアレルギー反応がでる人もいます。
アレルギーの疑いがある時は、青汁の摂取を止め医師の診察を受けましょう。

5.無理なく毎日青汁を続けよう

いかがでしたでしょうか?青汁は毎日継続して摂取するとその効果をより速やかに発揮します。
また、一度手に入れた健康や美容効果を維持するためにも、青汁は毎日摂取した方が良いでしょう。
食事を毎日摂り栄養を補給するように、青汁も毎日摂取することでその栄養が補給され効果を維持できます。
自分に合うおいしい青汁を飲み、無理なく毎日青汁を続けましょう。

トップに戻る