青汁による体質・体調改善(疲労回復)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(疲労回復)

青汁には様々な体質、体調改善効果がありますが、そのひとつに疲労回復効果があります。
疲労は長引くと深刻な病気を発症させる可能性もあるので、早めの回復が求められます。
青汁を飲むことで疲労回復を促すことができます。
今回は青汁の疲労回復効果について詳しくお伝えします。

1.疲労は老化や病気の原因になる

ひとくちに疲労といっても、その原因は色々です。
激しい運動をすれば、体内で酸素やエネルギーが消費されて老廃物が溜まります。
さらに活性酸素も余剰に発生し、細胞を痛めます。
この状態が疲労を発生させるのですが、その際栄養素が不十分の場合は新たなエネルギーの生産や老廃物の除去が上手くゆかず、疲労状態が長く続くことになります。
また、精神的なストレスも疲労に繋がります。
強いストレスを受けると、通常の状態よりもビタミンやミネラルを多く消費します。
そのため栄養不足におちいり、疲労状態が続きます。
ストレス自体が精神的に疲労感を感じさせますが、肉体の栄養素も減少しているのです。

免疫力の低下も疲労に関係しています。
免疫力が低下すると細菌などの攻撃に対する抵抗力が弱まり、体力が低下して疲労を感じます。
その他にも血行不良や貧血も栄、酸素や養素の十分な供給や老廃物の除去を妨げるので、疲労を生みだしてしまいます。
このように疲労には色々な原因がありますが、青汁にはこれらの原因で発生する疲労から回復する効果が期待できます。

2.なぜ青汁は疲労回復に効果的なのか

青汁は疲労回復に効果的な飲み物です。
それではなぜ青汁は疲労回復に効果的なのでしょうか?
この章では青汁の疲労回復に効く仕組みや有効成分について詳しくお伝えします。

2-1.青汁に含まれているビタミンB1がエネルギーを生みだす

運動などでエネルギーが消費されると、人は空腹や疲労を感じます。
この状態は体内のエネルギーが不足している状態なので、十分な活力が得られず疲れを感じているのです。
人間は糖質や脂質、タンパク質からエネルギーを作りだすことができますが、このうち素早くエネルギーに変換され、疲労回復に効果的な物質が糖質です。
青汁に含まれているビタミンB1はこの糖質を分解してエネルギーに変換する際に必要な成分です。
ビタミンB1の働きで糖質がエネルギーに変換されると、身体は疲労から回復してゆきます。

2-2.タンパク質がエネルギーと新しい筋肉などの材料となる

青汁に含まれているタンパク質は、体内でアミノ酸に分解されて、運動エネルギーに変換されて利用されます。
また、人体に必要なタンパク質に合成されて筋肉などの組織の材料となります。
タンパク質を十分に摂取することで新陳代謝が高まり、新たな筋肉が作られ、疲労からの回復も促されます。

2-3.鉄が全身に酸素を運び、疲労回復を促す

走った後などはいつもより呼吸が荒くなり疲労感を感じますが、これは走ることで全身の酸素や栄養の消費が高まるので、それを補うために呼吸が荒くなり疲労感を感じるのです。
この際に鉄が十分に足りていれば、血液中のヘモグロビンがスムーズに酸素が供給するので、速やかに疲労から回復することができます。
青汁には鉄や、鉄の吸収率を高めるビタミンC、鉄と協力して酸素を運搬する銅が含まれています。
そのため青汁を飲むことでそれらの有効成分が吸収され、ヘモグロビンの酸素の運搬力を向上させ疲労回復効果を高めることができます。

2-4.活性酸素を除去し、免疫力を高めて疲労から回復させるビタミンC

ビタミンCは美肌効果などの美容効果があるビタミンとして有名ですが、疲労回復にも効果を期待できます。

2-4-1.ビタミンCの抗酸化作用が疲労から回復させる

疲労の原因のひとつに活性酸素の過剰な発生があります。
活性酸素は本来、細胞を外部から侵入した細菌などから守るために必要なものですが、ストレスを感じたり、激しい運動をすると余剰に発生して、細胞自体を痛めてしまいます。
活性酸素の害で傷んだ細胞は酸素や栄養の運搬力や生産力、利用率が低下してしまいます。
そうすると酸素や栄養を十分に吸収できずに疲労を感じるのです。
ビタミンCは強力な抗酸化作用で余剰に発生した活性酸素を除去して健康な細胞を守り、疲労を抑えてくれます。
また、傷んでしまった細胞も活性酸素が除去されることで新しい健康な細胞に生まれ変わることができるので、疲労から回復してゆきます。
この抗酸化作用はビタミンC以外にもビタミンEやクロロフィル、SOD酵素など、代表的な青汁の原料に含まれている他の成分にもある作用です。
青汁を飲むことで抗酸化作用が発揮され、疲労回復効果が期待できます。

2-4-2.免疫力の向上が疲労回復効果を発揮する

免疫力が低下すると風邪などの病気にかかりやすくなります。
風邪にかかると咳や熱の症状と共に体力が低下して疲労を感じます。
ビタミンCは白血球の働きを高めるなどして免疫力を向上させます。
その結果、風邪の予防や速やかな回復がなされて、免疫力の低下が原因の疲労も回復してゆきます。

2-4-3.ストレスに耐性をつけて疲労回復を促す

人間の身体はストレスを受けると、それに対抗するために特殊なホルモンを分泌します。
その際にビタミンCが使用されて、ストレスに対抗するホルモンを生産してストレスに耐性をつけるのですが、ビタミンCが不足するとストレスに対抗できずに精神的な疲労を感じます。
ビタミンCを十分に摂取することでストレスに耐性をつけ、ストレス性の疲労から回復することが期待できます。

2-5.ストレスを軽減させて精神的な疲労からの回復を促すカルシウム

骨や歯の形成に必要なカルシウムですが、カルシウムはイライラを鎮めてストレスを軽減させる効果もあります。
そのため精神的な疲労から回復させる効果が期待できる成分です。
青汁にはカルシウムも含まれており、ストレス軽減に効果的です。

2-6.快適な睡眠を促して疲労から回復させるメラトニン

青汁の原料のうち、ケールにはメラトニンという物質が含まれています。
メラトニンは睡眠と覚醒のリズムを整えて、快眠を促す成分です。
疲労の回復には十分な酸素や栄養を摂ることが大切ですが、睡眠中に疲労回復が促進されます。
また、睡眠中は身体を修復する働きを促す成長ホルモンの分泌が盛んなるため、快眠は疲労回復に効果的です。

3.青汁の疲労回復効果をさらに高める方法

青汁には様々な疲労回復に効果的な成分が含まれていることが分かりました。
この章ではさらに青汁の疲労回復効果を高める方法についてお伝えします。
より効果的に青汁の疲労回復効果を得られるようにしましょう。

3-1.運動前や運動後に青汁を飲む

適度な運動は血行や代謝を促進し、体力向上効果もある健康に欠かせないものですが、多くの酸素や栄養を消費するので疲労にも繋がります。
そこで、疲労回復効果のある成分をたくさん含んでいる青汁を、運動前、または運動後に飲むことをおすすめします。
人によりどちらがより高価が上がるかは違いがありますが、運動の30分前から1時間前や、運動後1時間以内が栄養の吸収率が高まるといわれています。
しっかりと運動で消費される栄養を補給することで、疲労回復を早めることができるでしょう。

3-2.プロテインと共に青汁を飲む

筋トレの前後にプロテインを飲む人は多いと思います。
筋肉の材料になるプロテインをトレーニング前後に飲むことで、筋肉の増強に必要な材料を補っているのです。
このときに青汁も同時に摂取することで、疲労回復に効果のある成分も摂取できるので、筋肉増強と疲労回復の効果を同時に得ることができるようになります。
筋トレ後に疲労を感じやすい人におすすめの飲み方です。

3-3.バナナと一緒に青汁を飲む

バナナには糖類やデンプンが含まれています。
これらの栄養は糖類が即効性のエネルギー源として働き、デンプンが遅効性のエネルギー源として働くので、運動前にバナナを食べることで長時間エネルギーを生産することができます。
さらに青汁を一緒に青汁を飲むことで、青汁に含まれている疲労回復効果のある栄養素が働き、より疲労回復効果を高めることができます。

3-4.ハチミツ入りの青汁を飲む

ハチミツは天然の甘味料で、様々な栄養が含まれていることから、多くの食品に使用されています。
ハチミツの糖分は速やかにエネルギーに変換される性質があり、疲労回復に効果的です。
青汁との相性も良く、青汁に含まれているビタミンB1 がハチミツの糖分の分解を助けますし、他の疲労回復効果がある成分も同時に働くので、ハチミツ入りの青汁は疲労回復に効果的です。

3-5.酢やレモンなど、クエン酸が含まれている食品と一緒に青汁を飲む

クエン酸は果物などの酸味を感じさせる成分ですが、体内でエネルギーの生産や疲労物質の除去に効果があるといわれています。
そのためクエン酸が含まれている食品を摂取するだけでも疲労回復に効果的ですが、青汁を一緒に青汁を飲むことで、相乗効果が期待できます。
具体的にはクエン酸が含まれているレモン果汁を青汁に絞って飲むことや、酢を青汁に混ぜて飲むことをおすすめします。
ただし、酢は酸味が強く独特のツンとした香りもありますので、飲みやすく作られた果実酢などを薄めたものを使用すると良いでしょう。

3-6.トウガラシと一緒に青汁を摂取する

トウガラシにはカプサイシンという辛味成分が含まれています。
この成分は血行を促進する作用もあり、血行が促進されることで体内に蓄積した疲労物質を減少させる働きもあります。
粉末タイプの青汁を混ぜた味噌汁などにトウガラシの粉末をふりかけるなどすれば、トウガラシと青汁の疲労回復効果を同時に得ることができます。

4.青汁を飲み、元気な身体を維持しよう

いかがでしたでしょうか?青汁には疲労回復に効果的な様々な作用があります。
青汁を普段から飲むことで、速やかに疲労から回復できる身体作りをして、疲れに負けない元気な身体を維持してゆきましょう。

トップに戻る