青汁の加工方法(冷凍)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の加工方法(冷凍)

青汁の加工方法に「冷凍」という工程があります。
主に冷凍タイプの青汁を製造する際に必要な工程です。
今回は新鮮で高品質な青汁を製造する「冷凍」という加工方法についてお伝えします。

1.「冷凍」は、冷凍タイプの青汁の製造工程

青汁の素材は、冷凍という工程を経ることで冷凍タイプの青汁として製造されます。
冷凍タイプの青汁は工場での製造の段階から冷凍され、冷凍タイプの青汁として出荷されます。
この冷凍という工程は冷凍タイプの青汁の様々なメリットを生みだす特殊な加工方法です。
冷凍タイプの青汁は飲むまでは冷凍状態を保つことでその鮮度や栄養が維持されますが、工場での冷凍という加工方法を経た時点で冷凍タイプの青汁は硬く凍結します。
その凍結状態のままスーパーや各家庭に配送されます。
新鮮な冷凍タイプの青汁を飲むことができるのは、工場での冷凍という加工方法の工程と、冷凍状態を維持しながら配送できる配送技術の進歩のおかげなのです。

2.青汁製造工場での青汁の冷凍方法

実際に青汁の製造工場ではどのようにして青汁を冷凍するのでしょうか?
工場に運ばれてきた青汁の原料は、まず選別、洗浄、殺菌、異物除去などの工程を経ます。
これらの工程で素材の安全性を高めることができます。
その後搾汁機で搾られた青汁は、パックに充填されてマイナス40℃ほどの低温状態を作りだせる冷凍機で冷凍されます。
氷はマイナス2℃からマイナス8℃辺りの気温でできやすいのですが、急速にマイナス40℃に到達させることで青汁内に氷の結晶ができることなく冷凍タイプの青汁が製造されます。
メーカーによっては外気が入らないように製造工場内と外部を遮断し、工場内部に低酸素状態を作りだして冷凍までの青汁の劣化を防いでいます。
一度冷凍した青汁は、解凍するまで賞味期限内の劣化の心配がなくなります。
冷凍庫を搭載した運搬用のトラックで冷凍状態のまま、スーパーの店頭や青汁通販のメーカーの冷凍庫に保存され、やがて消費者の元へ届けられるのです。
家庭でマイナス40℃もの低温状態を作りだすことは不可能でしょう。
青汁メーカーの製造した冷凍タイプの青汁は、家庭では作りだせない鮮度と栄養があるのです。

3.青汁を冷凍することのメリット

青汁を冷凍することにはメリットがあります。
そのメリットを得るために、冷凍タイプの青汁を選び飲み続けている人がいます。
冷凍という加工方法を経て製造された冷凍タイプの青汁には以下のような、ほかのタイプの青汁にはないメリットがあります。
これらのメリットを得るために、冷凍という加工方法が必要になるのです。

3-1.搾りたてに近い新鮮な青汁が飲める

冷凍して加工された青汁は、搾りたての生の青汁に近い、新鮮な青汁が飲めます。
粉末タイプや錠剤タイプの青汁など、ほかのタイプの青汁に含まれている栄養素も高い含有量で含まれていますが、冷凍タイプの青汁は、豊富な栄養素が含まれていることはもちろん、搾りたての青汁の生の飲み心地に近い新鮮さがあります。
ただし、冷凍タイプの青汁は飲むために解凍する必要があるため、ほかのタイプの青汁よりも飲むまでに時間がかかります。
推奨される解凍方法は水かぬるま湯に浸けて解凍する方法なので、どうしても時間がかかるのです。
電子レンジでの解凍は、容器の破損や品質の劣化の可能性があるので推奨されていません。
また、冷凍されているため持ち運びにも不向きです。
一旦解凍した冷凍タイプの青汁は、品質の劣化が早く進むので、その日のうちに飲む必要があります。
冷凍タイプの青汁は主に家庭や解凍ができる環境で飲むことが前提の青汁です。
実際に飲む人にとってこれら点が問題ないようでしたら、冷凍タイプの青汁は新鮮さで群を抜く、優れた青汁として愛飲できるでしょう。

3-2.苦みが抑えられる

青汁は急速に冷凍することで苦みが抑えられる特徴があります。
冷凍タイプの青汁は急速冷凍で作られるために液体タイプの青汁や粉末タイプの青汁に比べて苦みが抑えられています。
もちろん青汁なので苦みはありますが、ほかのタイプの青汁よりも苦みが抑えられているので、ほかのタイプの青汁の苦みの強さが苦手な人はお試しになってもよいでしょう。

4.家庭で青汁を冷凍することのメリット

家庭で自家製の青汁を作る際も、小規模ながら冷凍することができます。
自分で作った青汁を冷凍庫で冷凍すると、メーカーのものより保存可能な期間は短くなりますが、冷蔵のものよりも保存期間を長くできます。
青汁を作った際の素材や環境の状態にもよりますが、数週間ほどは保存できるでしょう。
そのためある程度の期間でしたら作り置きが可能になります。
また、あらかじめ青汁の素材をカットして冷凍したものを使用すれば、素材の植物の細胞壁が素材に含まれている水分が凍結する際の膨張により破壊されるので、栄養の吸収率が高まります。
こえれはスムージーの作り方ですが、同じ作り方で青汁の素材を冷凍することで栄養の吸収率が高い青汁を作ることができます。
家庭ではメーカーの青汁の加工方法である大規模な冷凍はできませんが、冷凍することのメリットを生かした青汁作りは可能です。
興味のある人は一度お試しになってはいかがでしょうか?

5.フリーズドライの青汁も素材を冷凍する

冷凍タイプの青汁のほかに、フリーズドライの青汁も、その製造過程で冷凍という加工方法を経ます。
フリーズドライの青汁は、青汁の原料を搾汁することなく急速に冷凍します。
その後減圧をして真空状態を作りだし、その中で乾燥させて作られます。
冷凍タイプの青汁もフリーズドライの青汁もどちらも冷凍という加工方法が必要ですが、水分を残し新鮮さを維持したものが冷凍タイプの青汁、乾燥させて軽量化し、栄養を維持したまま長期保存を可能にしたものがフリーズドライの青汁といえます。

6.冷凍という加工方法は、青汁の大切な製造工程のひとつ

いかがでしたでしょうか?「冷凍」という加工方法で作られた冷凍タイプの青汁の一番の特徴は、新鮮な青汁が飲めるということでしょう。
鮮度が高い食品は食べると素材の旨さをストレートに感じることができますが、冷凍タイプの青汁も素材の旨さをストレートに感じることができる青汁です。
鮮度にこだわった青汁を飲みたい人に、冷凍という加工方法で製造された冷凍タイプの青汁はおすすめの青汁です。
また、フリーズドライの青汁の製造工程でも冷凍という加工方法が用いられます。
こちらの青汁は軽くて携帯に便利ですが、栄養の保存状態も良く、栄養価の高い青汁が飲める機会を増やしてくれます。
水分を含む冷凍タイプの青汁と、乾燥したフリーズドライの青汁、正反対の状態をもつ二つの青汁には「冷凍」という共通の加工方法があるのです。
新鮮な冷凍タイプの青汁や、携帯に便利で非常食としても用いることができるフリーズドライの青汁を生みだす「冷凍」という加工方法は、青汁の大切な製造工程のひとつといえるでしょう。

トップに戻る