青汁の口コミとランキング
メインイメージ

フルーティで美味しい「フルーツ青汁」

青汁でお馴染みのケールは栄養バランスに優れ、様々な効果・効能を体に与えてくれる植物として有名ですが、難点は苦みがきつい事です。
“良薬口に苦し”とは言えど、飲みにくいものは続けられません。
青汁を少しでも飲みやすくしようと様々な工夫をしてみるものの、風味がどうしても好きになれずに挫折したという人も多い事でしょう。
そうした中で白羽の矢がたった野菜に大麦若葉があります。

大麦若葉という植物があるわけではありません。
大麦が収穫を迎える前の若い葉を煎じて青汁として製品化したものです。
ビールや麦茶の原料として一般に活用されているだけなので、若葉そのものが店頭に並ぶ事はほとんどありません。
ビタミンBを始め食物繊維やポリフェノールおよび脂質、葉酸、鉄分、活性化酸素抑制機能を持つSOD酵素などの栄養が豊富なので、老化予防・貧血予防・新陳代謝促進・生活生活習慣病抑制など、様々な効果をもたらします。
古来主食として食べられていたものなので麦穂にも栄養が豊富なのですが、青汁として活用されているのは若い青葉なのです。
また、気になる青汁のカロリーについての記事も参考にご覧ください。

これだけ栄養満点である事に加えて苦みが一切ないので、青汁にした時の飲みやすさがあります。
難点は大量生産ができない事です。
エキスの抽出には手間がかかるので自家製野菜ジュースに使う事は難しいですが、市販の青汁を飲む事で大麦若葉の効果を実感できます。
大麦若葉を主原料にしてマンゴーなどのフルーツ風味をミックスさせたのがフルーツ青汁です。
実際にはしつこい甘さはなく、むしろさっぱりしているので甘さが苦手という人でも、安心して飲む事ができておすすめです。
大変フルーティーで爽快な飲み心地です。

青汁の苦みやあくの強さが苦手という人はフルーツ青汁を試してみてください。
美肌やデトックス効果が望めるフルーツをミックスさせているので、悪玉脂肪を分解して善玉菌を増やしてくれます
精神安定にも良いのでストレス解消に効果的です。
アンチエイジングを目指している人や、おなか周りをすっきりさせたいという人にもおすすめです。
サプリメントの青汁と飲料の青汁の違いについての記事も参考にご覧ください。

トップに戻る