青汁による体質・体調改善(身体の成長促進)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(身体の成長促進)

身体が健康に成長するには成長に必要な栄養素の摂取がとても大切です。
青汁には身体の成長に必要な各種栄養素が含まれています。
そのため身体の成長促進に青汁は効果的です。
今回は青汁の身体の成長促進効果について詳しくお伝えします。

1.なぜ青汁は身体の成長促進に効果的なのか

青汁は身体の成長促進に有効ですが、なぜ青汁には成長を促進させる効果があるのでしょうか?
青汁の有効成分や、青汁の有効成分が身体の成長促進にどのように働くかについて詳しくお伝えします。

1-1.身体の成長に必要な栄養素がバランスよく含まれている

青汁には身体の成長促進に必要な各種栄養素が含まれています。
そのため青汁を摂取することで身体の成長が促されてゆくのです。
もちろん身体の成長や代謝は日々行われるものなので、成長に必要な栄養素も日々消費され続けています。
そのため青汁も飲み続けることでその効果を持続します。
青汁を飲み続けることで各種有効成分が身体の成長を促進させてくれます。

1-1-1.快眠へ導き、成長ホルモンの分泌も促されるメラトニンが含まれている

青汁の代表的な原料であるケールにはメラトニンという成分が含まれています。
メラトニンには睡眠と覚醒のリズムを正常化する働きがあり、快眠に導く働きがあるといわれています。
質の良い睡眠がとれると成長ホルモンの分泌が活発化します。
その結果、睡眠中に身体の成長が促進されます。
メラトニンの快眠効果を得るには夜間にケールの青汁を飲むことをおすすめします。
ただし、就寝の直前に青汁を飲むと消化活動が始まるので睡眠が浅くなる可能性があります。
そのため就寝の1時間前までに飲み終えるようにしましょう。

1-1-2.骨や歯の成長に必要なカルシウム、マグネシウムが含まれている

骨や歯の主要な成分はカルシウムやマグネシウムです。
カルシウムは骨や歯を丈夫に硬くする成分ですし、マグネシウムはしなやかさや柔軟性を作りだします。
成長期の人は骨や歯が成長するためにカルシウムやマグネシウムがより必要です。
青汁にはカルシウムやマグネシウムが含まれています。
そのため青汁からそれらの栄養素を補給することは、骨や歯の成長を促進させることに繋がります。

1-1-3.成長促進に欠かせない葉酸が含まれている

葉酸は身体の成長に欠かせないタンパク質の合成を促す補酵素として機能します。
また、成長に必要な酸素を細胞に運ぶ赤血球の生成にも関わるので、身体の成長促進に必須の栄養素といえます。
葉酸は成人の身体の成長や維持にも関わる成分ですが、特に胎児の成長に欠かせない成分でもあります。
胎児の身体では初期の段階で神経管という組織が作られます。
神経管は成長するにつれ脊髄や脳になる組織です。
妊娠初期に葉酸が不足すると、神経管の形成がうまくいかず、胎児の成長に支障がでる場合があります。
そのため妊娠する可能性がある女性は、普段から青汁などから葉酸をしっかりと摂取することが推奨されます。
妊娠後も母体の健康と胎児の健やかな成長のために、葉酸を十分に摂取するようにしましょう。

1-1-4.青汁からタンパク質の摂取も可能

青汁にはタンパク質も含まれています。
タンパク質は筋肉や皮膚、内臓など身体の多くの部位を構成する主要な成分のひとつです。
食物から摂取されたタンパク質は、体内で一端アミノ酸に分解され人体に使用するタンパク質に再合成されます。
タンパク質が不足すると身体を成長させるための材料が不足するため、十分な成長ができなくなってしまいます。
そのため普段の食事や青汁からタンパク質を十分に摂取するようにしましょう。
タンパク質は動物性食品に含まれる動物性のものと、植物性食品に含まれる植物性のものがあります。
どちらのタンパク質もバランスよく摂取することで、より良質なタンパク質を再合成することができるといわれています。
現代人は動物性の食品を多く摂取する傾向にあるので、タンパク質も動物性のものを多く摂取しがちです。
青汁から植物性のタンパク質を摂取することは、タンパク質のバランスを保つために良いといえるでしょう。

1-1-5.全身に酸素を運び、成長を促す鉄が含まれている

酸素は人間が活動し、生命を維持するためになくてはならないものです。
また、酸素が十分に供給されることで身体は正常に成長することができます。
酸素をしっかりと全身に運ぶには赤血球に存在するヘモグロビンの正常な働きが必要です。
鉄はヘモグロビンを構成する成分のひとつで、酸素を運ぶために需要な役割があります。
そのため青汁などから鉄をしっかりと補給することで、細胞に酸素が行き渡り、身体の成長を促進することができます。
青汁に含まれている鉄は非ヘム鉄と呼ばれる比較的吸収率が低いといわれている鉄ですが、青汁には非ヘム鉄の吸収率を高めるビタミンCが含まれているので、吸収率がアップされ、より効果的に鉄が利用されることが期待できます。

1-1-6,タンパク質の合成を促し、成長促進に必要なビタミンB2、ビタミンB6

青汁に含まれているビタミンB2、ビタミンB6はタンパク質の合成を促すので、身体の成長を促進に欠かせないビタミンです。
タンパク質と共にこれらのビタミンを摂取することで成長を促進する効果が期待できます。

1-1-7.骨の成長に力を発揮するビタミンK

ビタミンKは傷口から出血した際に血液を凝固させる作用を発揮する、止血のビタミンとして知られていますが、ビタミンKには骨や歯にカルシウムを摂り込む際に必要なタンパク質の働きを高めて、骨や歯にカルシウムを吸収しやすくし、その成長を促す効果もあります。
また、カルシウムが骨から溶けだすことを防ぐ働きもあり、骨や歯の健康を守り、成長を促す効果が期待できます。

1-1-8.タンパク質の合成を促進させる亜鉛

亜鉛は細胞の合成を促し、正常な細胞分裂のために必要なミネラルです。
亜鉛が十分に補給されることで細胞分裂が正常に行われ、身体の成長を促進させます。
そのため亜鉛は特に成長期に必要な成分です。
成人においても亜鉛は正常な味覚の維持や髪や爪の健康などに必要な成分ですが、それは亜鉛が正常な細胞分裂をサポートすることによって、正常な味覚を感じる細胞などを作りだすからです。

1-2.細胞を活性化させるデトックス効果がある

青汁には身体の成長を直接促進させる成分の他にも、間接的に成長促進に効果を発揮する成分も含まれています。
その代表的な成分はクロロフィルです。
クロロフィルには有害ミネラルや老廃物を排出させるデトックス効果がありますが、そのデトックス効果により毒素の元がなくなると細胞が活性化します。
その結果、成長期においては成長がより促進されるのです。
成長期を終えた成人の場合はデトックス効果により細胞が元気になるので、より健康的な身体になることが期待できます。

1-3.細胞を劣化させる活性酸素の害から身体を守る成分が含まれている

細胞の活力を奪い、成長を阻害するものは有害ミネラルや老廃物以外にも存在します。
増えすぎた活性酸素もそのひとつで細胞を劣化させる要因です。
増えすぎた活性酸素は老化の進行やガンなどの原因になりますが、それは活性酸素が細胞の核などを傷つけてしまうからです。
傷ついた細胞は劣化し弱まるので老化が進行し、病気を発症するリスクも高まります。
また、正常な細胞分裂ができなくなるリスクも高まるので、成長も阻害される場合があります。
青汁には余剰な活性酸素を除去する抗酸化作用がある成分が含まれています。
ビタミンCやビタミンE、βカロテンなどがそれにあたります。
青汁からこれらの栄養素を補給することで活性酸素の害から細胞を守り、身体の成長を促進させることが期待できます。

1-4.不足しがちな植物性の栄養素が補給できる

身体の成長を促進させるには栄養のバランスを保つことが大切です。
現代日本人の食生活は、多くの人が慢性的に野菜不足であるといわれています。
そのため野菜を多く摂ることで栄養のバランスを保つことが身体の成長を促進させるためにも必要です。
しかし、いつもの食事にプラスして野菜を多く食べることは難しいことといえるでしょう。
青汁は1回分の量で野菜に換算すると40gから100gほどの植物性の栄養素を補給できるとされているので、植物性の栄養素を補給するために最適な食品といえます。
青汁から不足しがちな植物性の栄養素を補給することで、身体の成長を促進することが期待できます。

2.成長促進のために効果的な青汁の摂取方法

青汁には身体の成長を促進させる各種栄養素が含まれています。
この章では青汁の成長促進効果をさらに高める効果的な方法についてお伝えします。

2-1.いつもの食事と一緒に青汁を飲む

私たちは普段の食事から身体の成長に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルなどを摂取しています。
しかし、それらの栄養素の中には不足しがちな鉄やカルシウムなどがあり、いつもの食事以外から補給する必要があります。
青汁には身体の成長に必要であるにも関わらず、いつもの食事で不足しがちな栄養素が含まれています。
そのため食事中に青汁を一緒に青汁を飲むことで、身体の成長に必要な栄養素を十分に補給することが可能となるのです。

2-2.プロテインと一緒に青汁を飲む

プロテイン(タンパク質)は筋肉増強や成長に必要な栄養素です。
体内に摂取したプロテインはビタミンB2やビタミンB6、亜鉛などの作用で分解、再合成されて使用されます。
青汁にはプロテインの分解や再合成に必要な各種栄養素が含まれています。
そのためプロテインと一緒に青汁を飲むことで、より効果的に身体の成長を実感することができるでしょう。

2-3.妊娠初期、授乳期に母親が青汁を飲む

妊娠初期や授乳期は赤ちゃんは成長が著しいため、特に成長に必要な栄養素の補給が求められます。
この時期に母親がしっかりと成長に必要な栄養素を摂ることで、赤ちゃんがすくすく成長することができます。
特に葉酸は胎児や新生児の成長と健康に必要な栄養素です。
葉酸を始めとする身体の成長に必要な栄養素が含まれている青汁を母親が飲むことで、体内にいる胎児や授乳期の赤ちゃんの健やかな成長が期待できます。

3.青汁の成長促進効果をより発揮させるために

ここでは青汁の成長促進効果をより発揮させるためのポイントについて解説します。
これらのポイントを意識して青汁を飲むことで青汁の成長促進効果を高めましょう。

3-1.目的別の運動をする

身体は運動による刺激を受けることで成長が促進されます。
成長期の子供は日々成長していますが、特定の運動をすると、その運動で使う部位がより大きく成長してゆきます。
例えばサッカーを習っている成長期の子供は脚力が鍛えられ、足がより強く成長します。
成人でも運動をすることで筋肉の成長をさせることが可能です。
しかし、身体の成長に必要な栄養素が不足すると、成長のための材料が足りないので十分な成長ができなくなります。
そこで目的別の運動をしながら青汁を飲むことで、身体に刺激を与えると共に必要な栄養素を補給することができるので、より効果的に身体を成長させることができるのです。

3-2.規則正しい生活を心掛ける

健康を守る上で規則正しい生活を送ることは大切ですが、規則正しい生活は身体の成長にも良い影響を与えます。
規則正しい生活をして良質な睡眠を十分にとることで成長ホルモンの分泌が増えます。
すると、睡眠中に成長ホルモンの作用で身体の成長が促され、傷ついている部分の修復もなされます。
さらに青汁を飲む習慣をつけることで成長に必要な栄養素も補給されるので、より効果的に身体を成長させることが期待できるのです。

4.青汁を飲み、丈夫な身体を作ろう

いかがでしたでしょうか?身体の成長を促進させるには十分な栄養補給が必要です。
青汁には成長促進効果がある優れた栄養素が含まれています。
また、青汁は手軽に飲むことができるため、成長促進効果があるその他の方法とも組み合わせやすく相乗効果を発揮しやすい特徴もあります。
青汁を飲むことで身体の成長を促進させ、丈夫な身体を作りましょう。

トップに戻る