青汁の美容効果(美髪・育毛)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の美容効果(美髪・育毛)

美しい髪でいることは、性別を問わず多くの人の願いであるといえるでしょう。
世間ではその願いを叶えるための様々な方法や育毛剤、サプリメントなどが販売されています。
実は青汁にも美しい髪を作りだす効果や育毛効果があるのです。
今回は青汁の美髪、育毛効果がある成分や効果的な飲み方について詳しくお伝えします。

1.美しい髪を作りだす青汁の成分

青汁には美髪を作りだし、育毛を促す成分が含まれています。
個人差はありますが、青汁を飲むことで美髪、育毛効果が期待できます。
それでは青汁に含まれるどのような栄養素がそれらの効果を生みだすのでしょうか?
この章では美髪、育毛に効果のある青汁の栄養素について詳しくお伝えします。

1-1.青汁の美髪・育毛成分1・タンパク質

髪の毛はケラチンというタンパク質を主成分として構成されています。
そのため良質なタンパク質を摂取することは、美しい髪を育て、育毛を促すために必要です。
タンパク質は髪の毛を始め、筋肉など身体の様々な部位を構成しています。
人体に利用されるタンパク質は肉や野菜に含まれているタンパク質を摂取することにより体内で合成されます。
タンパク質はアミノ酸という物質から構成されていますが、食品から摂取されたタンパク質が一旦アミノ酸に分解され、髪の毛のタンパク質であるケラチンなどに合成されるのです。
動物性食品に含まれるタンパク質は、アミノ酸を全種類含んでいるものが多く、タンパク質の摂取源としておすすめです。
さらに青汁などの植物性食品に含まれるタンパク質も動物性のタンパク質と共に摂取することでバランスがとれるので、より良質なタンパク質の合成がされ、美しい髪の毛や育毛が可能となります。
青汁は植物性のタンパク質の摂取源のひとつとして適しているといえます。

1-2.青汁の美髪・育毛成分2・亜鉛

亜鉛は味覚を司る味蕾(みらい)という組織や生殖機能の健康に関わる成分として知られていますが、タンパク質の合成を促す働きがあり、髪の毛の成長にも関わっています。
十分に亜鉛を摂取することで過度な抜け毛を予防し、発毛を促す効果が期待できます。
亜鉛は普段の食事で不足しがちな栄養素です。
青汁からも亜鉛を摂取することで味覚などの健康も維持しつつ、発毛や育毛を実現しましょう。

1-3.青汁の美髪・育毛成分3・鉄

美しい髪の毛を作りだすことや、育毛をするには頭皮に十分な栄養と酸素を供給することが大切です。
鉄は赤血球に存在する、酸素を運ぶために必要なヘモグロビンを構成する成分です。
鉄を十分に摂取することでヘモグロビンが酸素をしっかりと運び、頭皮にも十分な酸素が届くので美髪、育毛に効果的です。

1-4.青汁の美髪・育毛成分4・銅

銅は体内でヘモグロビンが鉄を利用する際に必要な成分です。
そのため鉄と共に銅も補給することで正常なヘモグロビンが合成され、髪の毛を育てる頭皮に十分な酸素が届き、美髪を作りだす働きや育毛が促進されます。
鉄をしっかりと補給しているのに効果が感じられない場合は銅不足も考えられます。
青汁には銅も含まれていますので、青汁の摂取は、正常なヘモグロビンを構成し酸素を頭皮に行き渡らせ、美しい髪の毛を育てるために効果的です。

1-5.青汁の美髪・育毛成分5・カルシウム

抜け毛や髪の毛の劣化にはストレスが大きく関わっています。
強いストレスを感じる状態が続くと抜け毛が促進されてしまいます。
また、強いショックを受けると白髪が増えるという事実も髪の毛とストレスの関係を表しています。
カルシウムは神経の正常な働きに関係し、イライラを鎮め、ストレスを軽減する効果があります。
カルシウム自体は髪の毛の直接の栄養素にはなりませんが、ストレスを軽減させることで抜け毛や髪の毛へのダメージを防ぎます。
青汁にはカルシウムも含まれていますので、栄養面からだけではなく精神的な面からも美髪作りや育毛に力を発揮します。

1-6.青汁の美髪・育毛成分6・メラトニン

メラトニンは睡眠と覚醒のリズムを整えて快眠を促すホルモンです。
体内でも生成されますが、青汁の原料の中ではケールに含まれています。
メラトニンが直接髪の毛を増やすことはありませんが、メラトニンの効果で快眠ができるようになると、睡眠中に成長ホルモンがしっかりと分泌され、育毛や髪の毛の修復に効果を発揮してくれます。

1-7.青汁の美髪・育毛成分7・ビタミンC

ビタミンCは強い抗酸化作用がある成分です。
抗酸化作用は余剰に発生した活性酸素の害から細胞を守ります。
活性酸素は細胞の老化を早めてしまうこともあり、老化による抜け毛や白髪の増加も早めてしまいます。
ビタミンCはビタミンEなど他の抗酸化作用がある成分と共に老化を遅らせて抜け毛や白髪の増加を防ぎ、美しい髪の毛を保ってくれます。
また、ビタミンCには精神をストレスに強くする効果もあります。
そのためストレスからくる抜け毛や髪の毛の劣化も減らすことが期待できます。

1-8.青汁の美髪・育毛成分8・ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の合成に関わるビタミンです。
ビタミンB6の働きでタンパク質の合成が促進されることで、タンパク質が主成分である髪の毛の成長も促進されます。
また、髪の毛の材料が増えることで育毛効果も期待できます。
青汁を飲むことでビタミンB6と共に他の髪に必要な栄養素が補給できます。

1-9.青汁の美髪・育毛成分9・ビタミンE

ビタミンEはビタミンCと同じく強い抗酸化作用がある成分です。
そのため活性酸素の害から細胞を守り、老化を遅らせる効果があります。
老化が遅れることで、抜け毛の予防や白髪の増加の抑制効果が期待できます。
また、ビタミンEには毛細血管を拡張して血行を促進する作用もあります。
頭皮の下には無数の毛細血管が張り巡らされていますが、血行が促進されることで髪の毛に酸素と栄養が十分に行き届きます。
その結果、美しい髪の毛を保つ効果や育毛効果が期待できます。

1-10.青汁の美髪・育毛成分10・葉酸

葉酸は正常な赤血球の合成に関わる栄養素です。
美髪や育毛には頭皮に髪の栄養となるタンパク質や酸素が供給されることが必要です。
ビタミンEの作用で血行が促進されることと、鉄や銅、葉酸の作用で正常な赤血球が生成されると相乗効果が期待できます。
青汁にはこれらの栄養素がすべて含まれていますので、美髪の維持や育毛に効果的です。

1-11.青汁の美髪・育毛成分11・パントテン酸

パントテン酸は肌や髪の毛のタンパク質の合成に必要なビタミンCの働きを助けます。
そのためタンパク質やビタミンCと共にパントテン酸を摂取することで美しい髪の毛の維持と発毛を助けます。

2.美髪維持、育毛効果を上げるポイント

青汁には美しい髪の毛を保つ効果や育毛効果がありますが、ここでお伝えするポイントを守ることで更にその効果を高めることができます。
この章では青汁の美髪、育毛効果を高めるポイントについて詳しくお伝えします。

2-1.青汁の育毛効果を上げるポイント1・豆乳に青汁を溶かして飲む

豆乳には髪の毛の材料になるタンパク質が多く含まれています。
豆乳に青汁を溶かして飲むことで育毛効果を高めることが期待できます。

2-2.青汁の育毛効果を上げるポイント2・十分な睡眠を心掛ける

青汁などから髪の毛に良い栄養を摂取することは大切ですが、十分な睡眠を心掛けることも大切です。
十分な睡眠をとることでホルモンのバランスも整い、青汁の栄養素が髪の毛をしっかりと形成してくれます。

2-3.青汁の育毛効果を上げるポイント3・男性はAGAの治療も考慮する

AGAとは男性型脱毛症のことです。
この脱毛症にはジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンが関わっています。
このホルモンの影響で発毛のサイクルに乱れが生じて髪が薄くなってしまいます。
このような食事や栄養、日常生活以外の要因で起きる髪のトラブルは、それらの原因の解明解消も必要です。
その原因を解消すると共に青汁から髪の毛に必要な栄養素を摂取することで相乗効果が期待できます。

2-4.青汁の育毛効果を上げるポイント4・青汁を飲み続ける

青汁は美髪維持や育毛に効果的な飲み物ですが、薬のような即効性はありません。
飲み続けることでその効果を発揮します。
青汁を飲み続け、この章でお伝えしたポイントを守ることでより確かな美髪維持、育毛効果が期待できます。

3.青汁は美髪、育毛に適している

青汁には髪の毛に必要な様々な栄養素が含まれています。
青汁からそれらの栄養素を摂取すると共に快眠を心掛け、育毛を促し美しい髪の毛を維持しましょう。

トップに戻る