青汁による体質・体調改善(二日酔い防止)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(二日酔い防止)

つい飲み過ぎた日の翌日は辛い二日酔いになってしまうことがあります。
青汁は二日酔いを防ぐ効果もある飲み物です。
青汁を飲むことで二日酔いになるリスクを減らすことができるのです。
今回は青汁の二日酔い防止効果について詳しくお伝えします。

1.辛い二日酔いはなぜ起きるのか

お酒をたくさん飲んだ翌日の二日酔い。
頭痛や吐き気、だるさなどの辛い症状が表れます。
この二日酔いはなぜ起こるのでしょうか?その大きな原因はアルコールを分解する際に発生する、アセトアルデヒドが体内に残っていることによる中毒症状です。
体内に摂取されたアルコールは肝臓の働きでアセトアルデヒドに変換され、さらに酢酸に変換されます。
酢酸は無害な成分でやがてCO2と水に分解されて排出されます。
二日酔いの状態はこのアルコールの分解が間に合わず、毒性があるアセトアルデヒドが体内に残っている状態なのです。
また、アルコールの刺激による胃酸過多や胃壁の荒れ、アルコールの分解で大量の水分が消費されることによる脱水症状も二日酔いの辛い症状を増長します。
これらの症状を防ぐには、アルコールの分解を促進する成分の補給や、肝臓の機能を高める成分の摂取が大切です。
青汁にはそれらの成分が含まれているので、二日酔いの防止に最適といえるのです。

2.青汁が二日酔い防止に効果的な理由

青汁には二日酔い防止に有効な各主成分が含まれています。
この章では青汁がどのように二日酔い防止に効果を発揮するのか、その理由や有効成分について詳しくお伝えします。

2-1.ケールに含まれる肝機能を高めてアルコールに強くなるスルフォラファン

人間を始め多くの動物は肝臓から解毒酵素を作りだし、その酵素の働きで体内に発生、または侵入した毒素を分解して無毒化します。
ケールに含まれるスルフォラファンという成分はこの解毒酵素を活性化する作用があり、肝機能を高めてくれます。
そのため肝臓のアセトアルデヒドの分解を促進し、二日酔いを防止してくれるのです。

2-2.腸の水分の吸収力を高めて脱水症状を軽減する不溶性食物繊維

アルコールの分解には大量の水分が必要です。
そのため二日酔いの日には水分が不足して脱水症状が表れることがあります。
不溶性食物繊維は胃腸で水分を吸収して膨張します。
そして腸壁を刺激するので腸のぜん動運動を活性化します。
その結果排便が促されるのですが、同時に腸の吸収力も高めてくれるので、不溶性食物繊維が含まれている青汁の摂取は、二日酔いの際の水分補給に良い効果を発揮するといえます。
普段から青汁を飲むことも大切ですが、飲酒をした日には就寝中のアルコールの分解による脱水症状を防ぐために、就寝前に青汁を飲むことをおすすめします。
ただし、寝る直前に青汁を飲むと胃腸が消化活動を行い寝つきが悪くなるので、少なくとも就寝の1時間前には青汁を飲み終えるようにしましょう。

2-3.アルコールを分解するために必要なナイアシン

ナイアシンはビタミンB群に分類されるビタミンです。
糖質などの代謝に関わる他、肌や粘膜の健康維持にも関わる成分ですが、アルコールを分解する酵素の生成にも必要な成分です。
そのためナイアシンが不足すると二日酔いになる可能性が高まってしまいます。

アルコールを飲む機会が多い人は、普段から青汁などナイアシンが含まれている食品を摂取する習慣をつけ、ナイアシンが不足しないようにすることが二日酔いの防止に繋がります。

2-4.ビタミンB1はアルコールの分解を促す

ビタミンB1は、糖質を分解してエネルギーを生みだす際に必要な成分ですが、アルコールを分解する際にも消費されます。
通常のアルコールの分解では追いつかない状態になると、身体はビタミンB1を利用してアセトアルデヒドをアセトインという成分に分解します。
このようにして毒素であるアセトアルデヒドをなるべく早く無害化するのですが、ビタミンB1が不足すると分解が間に合わなくなり、二日酔いの症状が表れてしまいます。
青汁にはビタミンB1も含まれているので、大量に飲酒をした際のアルコールの分解を促してくれます。

2-5.ビタミンCもアルコールの分解を助ける成分のひとつ

アルコールの分解にはアルコール脱水酵素とアセトアルデヒド脱水酵素の働きが必要です。
この2種類の酵素の働きを高めてくれる作用がビタミンCにはあります。
そのためビタミンCが含まれている青汁を飲むことは、それらの酵素の働きを高め、二日酔いを防止することに効果的です。

2-6.アルコールを分解する酵素の働きを促す亜鉛

青汁に含まれている亜鉛は髪の健康や味覚、生殖機能の正常な働きのために必要な成分です。
この亜鉛はアルコール脱水酵素が働くためにも必要な成分です。
そのため飲酒をした日には亜鉛の消費量が増えます。
飲酒をした日は意識して青汁などから亜鉛を摂取することを心掛けることで、アルコール脱水酵素がしっかりと働き、二日酔いを防止してくれるのです。

2-7.ケールに含まれるビタミンU

アルコールは胃酸の分泌を過剰なものにして胃壁を荒らすことがあります。
この胃へのダメージも二日酔いの症状のひとつになる場合があります。
ケールにはビタミンUという成分が含まれています。
この成分は別名キャベジンとも呼ばれ、胃液の分泌の正常化を促し胃壁を修復する効果があるとされているので、二日酔いの胃のむかつきや腹痛を抑える効果が期待できます。

3.青汁の二日酔い防止効果をさらに高める方法

青汁には二日酔い防止に効果を発揮する様々な成分が含まれていることが分かりました。
この章ではその効果をさらに高める方法をお伝えします。
青汁の二日酔い防止効果を高めて、より確実に二日酔いを防止するようにしましょう。

3-1.肝臓の機能を高めるウコンを青汁と一緒に飲む

ウコンにはクルクミンというポリフェノールの一種が含まれています。
このクルクミンは肝臓の機能を高め、肝臓の解毒作用を高めます。
そのため肝臓で分解されるアルコールや、アルコールの分解の過程で生成される二日酔いの原因になるアセトアルデヒドの分解を促進させ、二日酔いを防止します。
二日酔いを防止のためには、ウコンが配合された飲料で青汁を割って飲むと相乗効果が期待でき効果的です。

3-2.脂肪分を含む料理と青汁を飲酒中に摂る

脂肪はアルコールの吸収を阻害するので、脂肪が多めの料理とアルコールを一緒に摂取すると酔いを軽減するといわれています。
脂肪分を含む料理と共に青汁を飲むことでアルコールの吸収を遅らせ、さらにアルコールの分解に必要な成分も青汁から補給できるので、アルコールの分解が滞りなくおこなわれる可能性が高まります。

3-3.梅の実と青汁を一緒に摂取する

梅に含まれているピクリン酸には、肝臓の機能を高める効果があるといわれています。
また、梅にはクエン酸も含まれているのですが、クエン酸は胃腸内で悪玉菌を殺菌して胃腸の健康状態を良くする効果があります。
梅にはこれらの効果でアルコールの分解を促進させ、二日酔いを防止する効果があります。
梅干しなどと青汁を同時に摂取すると、お互いの二日酔い防止効果のある成分が摂取できるので、相乗効果が期待できます。

3-4.飲酒前にゴマと一緒に青汁を飲む

ゴマは日本やインドなどで健康食として古くから食べられてきましたが、二日酔い防止にも効果的な食材です。
ゴマにはアルコールの分解を助ける働きがあり、ゴマがもつ抗酸化作用は肝臓の酸化を防ぎ、肝機能を維持することに効果を発揮します。
飲酒前に青汁にゴマを少量加えたものを飲むことで肝臓の健康を保ち、二日酔いを防止することが期待できます。

3-5.飲酒をした日は就寝前に青汁のスポーツドリンク割りを飲む

飲酒をすると、アルコールの分解のために水分が大量に消費されます。
お酒から水分をたくさん摂取しているはずなのに、二日酔いの朝に喉が渇くのはそのためです。
アルコールの分解中に水分が不足すると、アルコールの分解が遅れてしまいます。
そこで飲酒をした日には就寝の1時間前を目安に青汁をスポーツドリンクで割って飲むことをおすすめします。
スポーツドリンクは普通の水よりも体内で吸収されやすく、水分補給に適しています。
就寝前に青汁をスポーツドリンクで割って飲むことで水分不足を解消し、さらに青汁の二日酔い防止効果のある成分も補給することができます。

4.青汁を飲み、二日酔いを防止して快適な朝を迎えよう

青汁には二日酔いを防止する様々な成分が含まれていることが分かりました。
その成分は大きく分けて肝臓の機能を高めるものと、アルコールやアルコールの分解過程で発生するアセトアルデヒドの分解を促進するものに分けられます。
普段から青汁を飲むことで肝臓の機能を高めつつ、飲酒前や飲酒後に青汁を飲むことでアルコールやアセトアルデヒドの分解を促すことができます。
辛い二日酔いは青汁を飲むことで防止することが期待できるのです。
もちろんあまりにも大量に飲酒を続けると青汁の成分もその処理に追いつかなくなってしまいますので、アルコールの摂取量も自分に合う量にコントロールすることが大切です。
青汁を飲み、二日酔いを防止して快適な朝を迎えましょう。

トップに戻る