青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁はお湯で溶かしても大丈夫なの?

野菜の多くは加熱処理すると繊維と一緒に栄養成分も崩れてしまうか、かなりの割合で喪失してしまうというのが一般的に考えられている事です。
ましてゆでたら栄養は湯の中に溶け出します。
ジャガイモのように皮の裏側に栄養や旨みがたっぷり含まれているという野菜や果物はとても多いのですが、通常は捨ててしまう部分です。
そう考えると、お料理する事によって日頃どれだけもったいない事をしてしいるのかと思ってしまいます。

青汁にも同様の事が言えます。
加熱すると栄養分の多くが喪失するので、摂取する場合は水か冷たいドリンクで割って飲むのが正統ないただき方なのですが、これがあるために青汁の活用を躊躇してしまうという人が多いのです。
特に冷え性の人はとてもつらいですので、それだけで青汁の恩恵にあずかれないというのはなんとも寂しい限りです。
しかしよくよく調べてみると、野菜の栄養成分が崩れて喪失する温度というのがあって、それ以下なら影響がないという事がわかりました。

沸騰点に達する90℃を超えなければ問題はないという事になります。
人が舌に心地よいと感じる温度は想像しているよりも低いという事も、実際に体験してみればわかります。
熱さを辛いと感じる温度にも個人差がありまずので、明確な数字は出せませんが37℃程度、すなわち人肌ほどの温度では若干ぬるめと感じる人が多いです。
熱めと感じるのはおおよそ平均40℃~45℃程度という事になりますので、ぐらぐら沸騰する温度には追いつかないです。

したがってあまり神経質にならずにホットミルクと混ぜてみたり熱々の抹茶と混ぜてみたり、あるいは珈琲や紅茶と混ぜてみたりなど、好みに合わせてシェイクしたものをお召し上がりください。
青汁スムージーの作り方についての記事も必見です。
ビタミンが不足しがちな高齢者にも栄養補給という意味で、青汁はおすすめです。
夏は氷を入れても良いし、シャーベットにしたものと他のフルーツや甘味と混ぜていただいても、デザート感覚で楽しめるのではないでしょうか。
また、こちらの青汁の無料お試しサービスについての記事も参考にご覧ください。

トップに戻る