青汁による病気の予防(高血圧)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(高血圧)

高血圧は日本人の多くが発症するといわれています。
食生活の改善をすることで予防できる可能性が高まります。
青汁は食生活を改善し、高血圧を予防するために効果的な飲み物です。
今回は青汁の高血圧予防効果について詳しくお伝えします。

1.高血圧の主な原因と症状

高血圧になる原因は様々です。
ストレスや肥満、運動不足や喫煙などが高血圧を引き起こすといわれています。
また、塩分の摂りすぎも高血圧を引き起こします。
塩分を過剰摂取すると、血液中の塩分濃度を薄めるため血液中に水分が多く入り込み血液の量が増加します。
その結果、より多くの血液を送りだすために血圧が上がるのです。
日本人は塩分を摂りすぎる傾向にあるので、塩分の摂りすぎで高血圧を発症する人が多いのです。
また、遺伝により高血圧になりやすい体質の人もいます。
青汁には高血圧の予防に効果的な成分が含まれています。

1-1.自覚症状がほとんどない

高血圧は自覚症状がほとんどないという特徴があります。
めまいや動悸、頭痛やしびれなどを感じることがありますが、ちょっとした体調不良として見逃す人が多く、症状が進行してしまう場合が多くあります。
そのため高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれることもあります。
高血圧は狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの合併症を誘発する恐れもあります。
これらの病気は後遺症が残る場合が多く、脂肪の危険もある病気です。
これらの病気を防ぐためにも高血圧を未然に防ぐことが大切です。
発症しているかが分かりにくい高血圧は、健康なうちから予防することが必要です。
青汁を普段から飲むことで高血圧を予防する効果が期待できます。

2.なぜ青汁は高血圧予防に効果的なのか

なぜ青汁は高血圧の予防に効果を発揮するのでしょうか?この章では青汁の高血圧を予防する仕組みや有効成分について詳しくお伝えします。

2-1.フェルラ酸で高血圧を予防

植物の細胞壁などに含まれているフェルラ酸は、実験の結果血圧を下げ、正常な血圧にする作用があることが確認されています。
また、善玉コレステロールを増やす作用もあり、高血圧予防や動脈硬化予防に効果的な成分です。

2-2.カリウムが血圧を下げる

カリウムはナトリウムと関わることで体内のナトリウムの正常な濃度を保つ働きがあります。
過剰に塩分(ナトリウム)を摂取しても、カリウムが十分に摂取されていればカリウムがナトリウムの排出を促してくれます。
しかし、現代の食生活ではナトリウムが多くカリウムが不足する状況があり、体内に余分なナトリウムが残り、高血圧を招いてしまう傾向にあります。
青汁にはカリウムが含まれています。
そのため普段の食事にプラスしてカリウムを補給できるので、余分なナトリウムの排出を促し高血圧を予防することが期待できます。

2-3.SOD酵素の高い高血圧予防効果

青汁の代表的な原料である明日葉や大麦若葉に含まれているSOD酵素は、余剰な活性酸素を除去する高い抗酸化作用があります。
余剰な活性酸素は細胞の老化を早め、細胞自体を傷つけてしまいます。
また悪玉コレステロールを酸化させて動脈硬化を招き、高血圧を誘発することもあるので、余剰な活性酸素を除去することが動脈硬化や高血圧を予防することに繋がります。
ただし、青汁の製造法によっては熱に弱い酵素が失われていることもあります。
SOD酵素の効果を得たい場合は、SOD酵素が含まれている青汁かどうかを確認して購入するようにしましょう。

2-4.血圧を下げるマグネシウム

マグネシウムは骨や歯の主要な成分のひとつです。
マグネシウムには血管の収縮を緩め、血圧を下げる働きがあります。
また、カルシウムやナトリウムには血圧を上げる作用がありますが、マグナムがこれらの成分の量をコントロールして、正常な血圧を保つ働きもあります。
そのため青汁からマグネシウムを補給することで、高血圧を予防することが期待できます。

2-5.高血圧予防に効果を発揮するカルコン

高血圧の原因のひとつが肥満です。
肥満により内臓脂肪が増加すると、ある種のホルモンの分泌異常を引き起こし、血糖値の異常や高血圧を招くことがあります。
明日葉に含まれているカルコンには内臓脂肪を減少させる効果があることが確認されています。
そのためカルコンを摂取することで高血圧を予防することが期待できます。

2-6.タンパク質が血圧を下げる

タンパク質は体内で消化分解されてエネルギーや肉体を構成するタンパク質に再合成されます。
タンパク質が体内で分解されると尿素という成分が生成されますが、尿素は排出される際にナトリウムも同時に排出させる作用があります。
そのため余分なナトリウムが原因の高血圧を予防する効果がタンパク質にはあるといえます。
タンパク質と共にナトリウムの排出を促すカリウムを同時に摂取するとさらに効果的です。
青汁にはタンパク質とカリウムがどちらも含まれています。

3.青汁の高血圧予防効果をさらに高める方法

青汁には実に様々な高血圧予防効果のある成分が含まれており、高血圧予防に効果的です。
この章ではその効果をさらに高める方法について詳しくお伝えします。
どの方法も薬などの化学的に製造された成分を用いないため、副作用の心配もなく、安全に始められるのでおすすめです。

3-1.アルギン酸を青汁と同時に摂取

アルギン酸はコンブやワカメなどの海藻類に含まれる成分です。
アルギン酸には塩分を排出させる作用があるため、余剰な塩分が原因の高血圧を予防する効果が期待できます。
また、アルギン酸には満腹感を維持する作用もあり、食べ過ぎによる肥満を予防し、肥満が原因の高血圧も予防することも期待できます。
ワカメの味噌汁などに青汁粉末を混ぜることでアルギン酸と青汁の有効成分を同時に得ることができます。

3-2.テアニンと青汁を一緒に摂る

テアニンは紅茶や抹茶に多く含まれている成分です。
実験の結果、血圧を下げる作用があることが確認されています。
また、精神を落ち着かせてリラックスさせる作用もあり、精神的な興奮が原因で血圧が上がることも防いでくれます。
このテアニンの効果と青汁の効果を同時に得るには、紅茶に青汁粉末を溶かして摂取することがおすすめです。
また、抹茶が含まれた青汁も販売されていますので、そのような青汁を飲むことも良いでしょう。

3-3.牛乳で青汁を割る

牛乳で青汁を割るとおいしく飲めることが多く、青汁牛乳は定番の青汁レシピのひとつです。
牛乳にはトリプトファンと呼ばれる成分が含まれています。
トリプトファンは体内でマグネシウムなどと共にセロトニンという神経伝達物質に変換されます。
セロトニンは不快感や神経の興奮を鎮めて精神を安定させる効果があります。
血圧はストレスなどが原因の不快感や興奮によっても上昇します。
青汁牛乳からトリプトファンを摂取することでセロトニンの生成が促され、精神が落ち着くことで高血圧を予防することが期待できます。
また、青汁と牛乳には精神を落ち着かせてストレスを緩和させることで血圧の上昇を防ぐマグネシウムやカルシウムも含まれています。

3-4.ゴマを青汁にひとふり

ゴマに含まれるセサミンには強い抗酸化作用があります。
そのため血管や悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防することで高血圧の誘発を防ぎます。
青汁の水分を吸収してよく混ざりやすいすりゴマを青汁にひとふりすると、ゴマの抗酸化作用を同時に得ることができ相乗効果が期待できます。

3-5. キトサン配合で相乗効果を発揮

キトサンはエビなどの甲殻類の殻に含まれる動物性の食物繊維です。
キトサンには塩分を吸着して排出する作用があるため、余剰な塩分が原因の高血圧を予防する効果が期待できます。
また、脂肪を吸着して排出する作用もあり、肥満を防止するので、肥満が原因の高血圧の予防にも効果的です。
キトサンのサプリメントと共に青汁を飲むことや、キトサンが配合された青汁を飲むことで相乗効果が期待できます。

4.青汁を飲み高血圧にならない身体を作ろう

高血圧は普段の食生活を改善することで予防できる確率が高まります。
野菜不足が指摘される現代人の食生活の改善には、野菜を多く摂取することが必要です。
野菜には高血圧の予防に効果を発揮する成分が含まれています。
青汁は野菜不足を解消し、植物性の栄養素を補給するために適した飲み物です。
青汁を飲むことで体質を改善し、高血圧を予防して健康な身体を維持しましょう。

トップに戻る