青汁による体質・体調改善(免疫力向上)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(免疫力向上)

免疫力は身体を守る大切な機能です。
青汁を飲むことで免疫力を高めることが期待できます。
今回は青汁の免疫力向上効果について詳しくお伝えします。

1.免疫力は身体を守る大切な機能

免疫力とは身体を細菌やウィルスから守り、健康な状態を維持するための力です。
しかし、免疫力が低下するとすぐに風邪をひいてしまったり、老化の進行やガンになるリスクが高まります。
また、アレルギー反応がでる場合もあります。

1-1.免疫力が低下する原因

免疫力が低下する原因には様々なものがあります。
ストレスや疲労などの生活の中で生じるものが原因になる場合や、余剰に発生した活性酸素が細胞にダメージを与え、免疫力が低下することもあります。
また、食生活の乱れによる腸内環境の悪化が原因になる場合もあります。
これらの原因を解決することで免疫力を向上させることができます。
青汁にはストレスや疲労を軽減させる成分や、活性酸素を除去する抗酸化作用がある成分、腸内環境を整える成分が全て含まれています。
そのため免疫力向上に青汁は効果を発揮するのです。

2.なぜ青汁は免疫力の向上に効果的なのか

この章では具体的に青汁の免疫力を向上させる仕組みや有効成分についてお伝えします。
青汁を飲むことで以下に紹介する有効成分の効果を得ることができます。

2-1.免疫力を高めるビタミンC

青汁に含まれているビタミンCには、ウィルスを駆除する効果のある抗ウィルス物質であるインターフェロンの生成を促し、ウィルスに対する免疫力を高めます。
また、細菌などをとり込み殺菌することで身体を守る白血球を強化する作用もあります。
さらにビタミンCにはストレスに対抗するために必要な副腎皮質ホルモンの分泌を促す作用もあり、ストレスに強い心身を作り上げることで免疫力の低下を抑え、維持する効果も期待できます。
その他にもビタミンCには抗酸化作用があるため、余剰に発生した活性酸素を除去して細胞を酸化によるダメージから守ることで免疫力の低下を防ぐ働きもあります。
このようにビタミンCは様々角度から免疫力の維持、向上を助ける成分です。

2-2.細胞を守るビタミンE

ビタミンEにはビタミンC同様高い抗酸化作用があります。
そのため細胞を活性酸素の害から守り、老化の進行やガン細胞の発生を防ぎます。
その結果、健康な細胞が維持され、健康な細胞が持つ正常な免疫力も保たれるのです。

2-3.ビタミンB6が免疫力を正常化する

ビタミンB6は、タンパク質の分解や合成を促す成分として知られています。
このビタミンにはその他に、免疫機能に作用して免疫力を正常化する働きもあります。
アレルギー症状は免疫機能の異常により起こります。
青汁からビタミンB6を摂取することで免疫機能を正常化し、アレルギー反応を緩和させることが期待できます。

2-4.食物繊維が免疫細胞を活性化する

免疫力の低下の原因のひとつが腸内で悪玉菌が増えることによる腸内環境の悪化です。
人間の免疫細胞は半分以上が腸内に存在するといわれ、腸内の環境を整えて腸を元気にすることで免疫細胞も活性化することができます。

2-4-1.善玉菌を増やし、腸内環境を整える

青汁に含まれている食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やします。
善玉菌には腸内を人間の健康にとって優位な環境に変える働きがあります。
腸内環境が整うと腸内に存在する免疫細胞が活性化します。
その結果免疫力が向上します。

2-4-2.腸の活動を活性化する

青汁に含まれている不溶性食物繊維は腸内で膨張し、腸壁を刺激します。
その結果、腸のぜん動運動が活性化され、腸の機能も活発化します。
そうすることで腸内の免疫細胞にも良い影響を与えるので免疫力向上が期待できるのです。

3.青汁の免疫力向上効果をさらに高める方法

青汁には優れた免疫力向上効果があります。
この章ではその効果をさらに高める効果的な方法についてお伝えします。
どれも身近にある食材で簡単にできる方法ばかりです。
是非試してみてください。

3-1.ショウガと青汁を一緒に摂る

ショウガには優れた殺菌効果があります。
そのためショウガを摂取すると風邪や食中毒の予防をすることができます。
また、ショウガには体温を上昇させて免疫力を高まる効果もあります。
そのためショウガは多くの漢方薬に配合されている成分です。
ショウガをすりおろしたものを青汁に加えると、ショウガと青汁の有効成分を同時に摂ることができます。
おすすめはより身体を温めることができるホットのショウガ青汁です。
ホットにすると青汁の苦みが強まる場合がありますが、気にならない人は是非お試しください。
また温かい紅茶に青汁粉末を加え、ハチミツや黒糖を加えると飲みやすくなります。

3-2.青汁ヨーグルトを食べる

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌などの善玉菌は、腸内環境を整えて免疫力を向上させる効果があります。
ヨーグルトに青汁を混ぜると青汁とヨーグルトの有効成分を同時に摂ることができるのでおすすめです。
青汁ヨーグルトの作り方は簡単で、ヨーグルトに青汁粉末を混ぜるだけでできあがります。
お好みでハチミツやオリゴ糖を加えるとより高い成長効果と免疫力向上効果が期待できます。

3-3.ハチミツを青汁に入れて飲む

ハチミツには腸内環境を整える効果があるグルコン酸や、抗酸化作用があるビタミン類が含まれています。
そのためハチミツを摂取すると腸内の免疫細胞を始め細胞の力を高めて老化を遅らせるので、免疫力の向上が期待できます。
ハチミツを青汁に入れて飲むことで、それぞれの免疫力向上効果が同時に発揮されるので効果的です。
また、味も甘くコクがでるので飲みやすくなり、長く続けやすいので人気があります。

3-4.オリゴ糖を青汁に混ぜる

オリゴ糖は整腸作用がある甘味料です。
オリゴ糖だけでも整腸作用が期待できますが、青汁にオリゴ糖を混ぜることでさらに優れた整腸作用と、それに伴う免疫力の向上効果が期待できます。
オリゴ糖をいつもの青汁に混ぜても良いですし、青汁の中には最初からオリゴ糖が配合されたものも販売されています。
そのような青汁を購入することも良いでしょう。

3-5.リンゴジュースで青汁を割る

リンゴには高い抗酸化作用があるリンゴポリフェノールや、腸内で善玉菌のエサになるペクチンや食物繊維、そして疲労回復に効果を発揮するクエン酸が含まれています。
そのため高い免疫力を維持、向上させるためにリンゴは効果的な食品といえます。
このリンゴの有効成分が摂取できるリンゴの果汁ジュースに青汁粉末を溶かして飲むことで、それぞれの有効成分が同時に摂取でき、より優れた免疫力向上効果が期待できます。
リンゴジュースで青汁を割る場合は、できればリンゴの成分を丸ごと摂ることができるように、自家製のリンゴジュースで繊維質も一種に摂るようにしましょう。

3-6.普段の食事と一緒に青汁を飲む

現代人の食生活は肉食偏向やインスタント食品の食べ過ぎなどで偏っているといえます。
偏った食事は活性酸素を余剰に発生させて細胞を傷つけ、免疫力を弱らせる要因のひとつです。
また、腸内の環境を悪化させることで免疫細胞を弱らせてしまいます。
青汁をいつもの食事と一緒に飲むと、植物性の栄養素を補給することができるので、肉食偏向の現代人の食生活のバランスを改善できます。
青汁を食事と一緒に飲む習慣をつけることで、食生活のバランスを改善し、免疫力を向上させることが期待できます。

4.青汁を飲み、病気に負けない強い身体を作ろう

いかがでしたでしょうか?青汁には免疫力を向上させ、病気に負けない強い身体を作るために必要な有効成分が含まれています。
青汁を飲む習慣をつけ、健康な身体を維持しましょう。

トップに戻る