青汁による病気の予防(不眠)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(不眠)

辛い不眠症は慢性化することも多く、速やかに解消すべきものです。
青汁は不眠を予防し、快眠を促すために有効な飲み物です。
今回は青汁の不眠症予防効果について詳しくお伝えします。

1.不眠症とは

不眠症とは睡眠障害の一種です。
不眠症にかかってしまうと、速やかな入眠ができなくなることや、夜中に何度も目が覚めること、睡眠自体が浅く熟睡できないなどの症状が表れます。
不眠症は高齢者ほど増加する傾向にあります。
慢性化すると仕事や勉強、日常生活に支障をきたす恐れもあるので、不眠症にかかる前から予防することが大切です。
不眠症の主な原因は寝具を変えることや、時差が大きい海外へ滞在するなどの睡眠環境の変化や、仕事などのストレスによる精神の緊張、カフェインの摂取や薬物の摂取による精神の覚醒状態の継続などがあります。
また、多くの人が不眠症に悩んでいる現状から、様々な不眠症を解消するためエクササイズが紹介され、色々な快眠グッズが販売されています。
それらの力をかりることは、その方法が自分に合っていれば効果的ですが、不眠症は未然に予防することが理想的です。
青汁を継続して飲むことで、不眠症を予防する成分が摂取できます。
そのため快眠を促し、不眠症を予防することが期待できます。

2.不眠症を予防する青汁の力

青汁は不眠症の予防に効果的な飲み物です。
青汁のどのような成分が不眠症を予防するのでしょうか?
ここでは青汁の不眠症を予防する有効成分やその働きについて詳しくお伝えします。

2-1.マグネシウムが興奮を鎮める

神経が高ぶり興奮していると、活動時に働く交感神経が活性化した状態が続くので中々眠れません。
眠りにつくには、睡眠中に優位になる副交感神経を働かせるように促すことが必要です。
マグネシウムは骨や歯の構成成分のひとつで、神経の伝達にも関わる成分です。
マグネシウムは神経の伝達を正常化して、その興奮を抑え精神を落ち着かせることで、スムーズな副交感神経優位な状態への移行を促します。
その結果、安眠を得られる可能性が高まり、不眠症を予防することが期待できます。

2-2.カルシウムがストレスを緩和

カルシウムもマグネシウムと共に骨や歯を構成する成分です。
カルシウムも神経の正常な働きを促し、イライラや興奮などの不眠の原因となる精神の状態を改善し、安眠に導く作用が期待できます。
ストレスの解消には、人間関係の改善や環境の改善などの、外的なストレスの原因を解決することで解消するアプローチの方法と、ストレス解消に有効な成分を摂取して肉体面からアプローチする方法があります。
青汁には、マグネシウムとカルシウムなどのストレスを緩和して眠りやすい状態を促す有効成分が含まれています。
そのためそれらの栄養素を補給して、精神を正常な状態に保ち、不眠を予防するために適した飲み物といえます。

2-3.ビタミンCがストレスに対抗

ビタミンCは一般的にも知名度が高い栄養素です。
メラニン色素の沈着を防ぎ、コラーゲンの生成にも関わる成分なので、多くの美容品にも使用されています。
また、強い抗酸化作用があるので免疫力を向上させる効果や、老化を遅らせる効果なども期待できます。
さらにビタミンCには、ストレスを感じた際に心身を守るために生成される副腎皮質ホルモンの生成を促す作用もあります。
この作用のお蔭でストレスから心身が守られ、ストレスが原因の不眠の症状を予防することが期待できます。
ビタミンCは青汁に含まれる代表的な栄養素のひとつです。

2-4.メラトニンが安眠を促す

青汁の代表的な原料であるケールには、メラトニンと呼ばれる成分が含まれています。
メラトニンは人間の体内では松果体と呼ばれる脳の組織に存在します。
メラトニンは睡眠と覚醒のリズムをコントロールする物質で、快適な入眠、睡眠に必要なホルモンです。
メラトニンが不足すると不眠症になるリスクが高まります。
そのためケールの青汁からメラトニンを補給することは、快適な睡眠を得るために効果的なことといえるでしょう。

3.不眠症予防効果のために相性が良い成分

青汁には不眠症の予防に効果を発揮する有効な成分が多数含まれています。
ここではその効果をさらに高める、青汁の不眠の予防効果と相性が良い成分について詳しくお伝えします。

3-1.牛乳には安眠効果がある成分が含まれる

牛乳にはトリプトファンと呼ばれる成分が含まれています。
このトリプトファンはアミノ酸の一種で、体内に補給されるとビタミンB6、マグネシウム、ナイアシンと共にセロトニンと呼ばれる成分の合成に使用されます。
セロトニンは精神を落ち着かせてリラックスさせる効果や、安眠を促す効果がある成分です。
セロトニンが不足すると不安感や不眠症などの症状がでる場合があります。
また、セロトニンは脳の松果体でメラトニンに再合成されます。
メラトニンは睡眠と覚醒のリズムに必要なホルモンです。
このように牛乳に含まれるトリプトファンには、不眠を予防する効果が期待できます。
牛乳と青汁は相性が良いことが多く、多くのメーカーでは青汁のおすすめの飲み方として、水の代わりに牛乳で青汁を割って飲むことを推奨しています。
青汁牛乳には青汁と牛乳の不眠を予防する成分がどちらも含まれており、相乗効果が期待できます。

3-2.睡眠を促すビタミンB12

ビタミンB12は動物性食品に多く含まれるビタミンです。
赤血球の正常な生成に関わる成分で、サンマやカツオ、チーズやレバーなどに含まれています。
ビタミンB12には神経の正常な働きを維持する作用があります。
また、メラトニンと同様に、睡眠と覚醒のリズムをコントロールする働きがあります。
そのためビタミンB12を摂取することで快適な睡眠を促す効果があるとされています。
青汁と共にビタミンB12を補給するにはサプリメントでの摂取をおすすめします。
同時に摂取することで不眠予防の相乗効果が期待できます。

3-3.大豆に含まれるレシチン

レシチンは大豆に多く含まれる脂質の一種です。
肝機能の向上や動脈硬化の予防など様々な効果が期待できる成分です。
さらに脳内の神経伝達にも関わる成分で、記憶力や判断力の維持、精神の安定や快眠の維持にも役立っています。
レシチンが不足すると脳内の神経伝達物質が不足して、それらの機能が低下し、不眠症になる場合があります。
レシチンを多く含む大豆から作られた豆乳で青汁を割って飲むことで、青汁の不眠予防に有効な成分とレシチンを同時に摂取することができ、相乗効果が期待できます。

4.青汁の不眠症予防効果を高めるコツ

ここでは青汁の不眠症予防効果をさらに高めるコツにつてお伝えします。
日常で実践できるものばかりなので、青汁を飲むことと共に実践してゆくことで、効果的に不眠症を予防することが期待できます。

4-1.睡眠直前の青汁の摂取は避ける

睡眠直前の食事は、睡眠中に胃腸を働かせることとなり、安眠を妨げてしまいます。
青汁を飲む時間は睡眠の1時間以上前にしましょう。
そうすることで有効成分が吸収されますし、消化活動による寝つきの悪さも防ぐことができます。
もし睡眠直前に空腹を感じる場合は、血糖値を適度に上げて空腹感を軽減させるブドウ糖や黒糖を少量摂取することをおすすめします。

4-2.メラトニンの摂取時間を適切にする

ケールには快適な睡眠に導くホルモンであるメラトニンが含まれています。
メラトニンは睡眠の1時間前から30分前に摂取することで入眠を促すといわれています。
その効果には個人差がありますので、午前中や日中にケールの青汁を飲むことで眠気が増してしまう人は、就寝前にのみケールの青汁を飲むようにしましょう。
ただし、前述したように、就寝の直前に青汁を飲むと、食物繊維が豊富な青汁の作用で消化活動が活発化するので、睡眠を妨げてしまう場合があります。
ケールの青汁からメラトニンを摂取して快眠を促す場合は、就寝の1時間前までに飲むと良いでしょう。
また、メラトニンは体内でも生成されます。
光量の多い明るい環境ではメラトニンの体内での生成が弱まり、暗い環境では多く生成され眠気を誘います。
日中は光をしっかりと浴び、メラトニンの生成、吸収の正常なリズムを作ることも大切です。

4-3.カフェインが含まれた青汁は控える

カフェインは精神を覚醒させる作用があるので、カフェインが含まれた食品の、夜間の摂取は控えた方が安眠を得られるでしょう。
人によってはカフェインを摂取した日には寝付けなくなってしまう場合もあります。
そのため不眠を予防するためには緑茶やコーヒーなどカフェインが含まれているものを控えると同時に、カフェインが含まれている青汁を控えることも必要です。
青汁の主原料であるケールや大麦若葉、明日葉などにはカフェインは含まれていませんが、抹茶入りに青汁には、抹茶のカフェインが含まれています。
一般的には夕食以降にカフェインの摂取を避けることで、カフェインの睡眠への影響を防ぐことができるといわれていますが、カフェインに敏感な体質な人は不眠予防のため、カフェインが含まれていない青汁を飲むようにしましょう。

4-4.継続して飲むことで効果が高まる

不眠の原因のひとつは、不眠になることを気にしすぎること、といわれています。
青汁を飲むことで、不眠を予防する成分を摂取していても、仕事の締め切りに追われて大きなストレスを感じ、寝つきが悪くなるなど、一時的に不眠になることは誰にでもあります。
そのような際は状況を受け入れた方が、かえって精神的に楽になり早く不眠の状態から抜け出せる確率が高まります。
そのような心構えを持ちつつ青汁を継続して飲むことで、安定的に有効成分が作用し、徐々に青汁の効果も高まり、以前よりも大きな不眠予防効果を実感できるようになるでしょう。

5.青汁を飲み、不眠症を予防しよう

いかがでしたでしょうか?不眠は起きている時間帯の活力を奪い、慢性化するとうつ病になる危険もあります。
しかし、不眠を予防するために睡眠薬を長期間使用することは、身体の自然なリズムを崩してしまうことにもなりかねません。
日中は空いている時間に適度な運動を心掛けて、自律神経のバランスを整えると共に普段から青汁を継続して飲むことで、不眠を予防して健全な心身を維持しましょう。

トップに戻る