青汁の飲み合わせ(乳酸菌)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の飲み合わせ(乳酸菌)

乳酸菌はおなかの調子を整える作用がある善玉菌として、昔から利用されてきました。
現在でも多くの乳酸菌飲料や食品が販売されています。
今回は青汁と乳酸菌を同時に摂取した際の飲み合わせについてお伝えします。

1.青汁と乳酸菌の相性は良い

青汁には他の食品や健康成分と組み合わせて飲むと、相乗効果を発揮する組み合わせがあります。
乳酸菌も青汁と一緒に摂取すると相乗効果を発揮します。
普段から健康のために青汁を摂取している人は、是非乳酸菌もプラスして摂取してみましょう。

2.乳酸菌とは

そもそも乳酸菌とはどのような菌なのでしょうか?乳酸菌は糖を分解して乳酸を作りだす菌の総称で、その種類は200種類以上あります。
人間の腸内に住み着いている乳酸菌は、人体に良い影響を与える善玉菌の仲間です。
しかし、ストレスや乱れた食生活などが続くと、乳酸菌をはじめとする善玉菌が減り悪玉菌が繁殖してしまいます。
悪玉菌が繁殖してしまうと腸内環境が悪くなり、免疫力の低下などの体調不良が引き起こされてしまいます。
そのためストレス解消や食生活の改善を行い、良好な腸内環境を維持することが大切です。
乳酸菌は発酵食品に多く含まれています。
日本では味噌やぬか漬けから乳酸菌を日常的に補給して、腸の健康を維持してきました。
近年では同じく整腸効果がある青汁や乳酸菌飲料なども広く一般的に知られるようになりました。
そのため多くの人がそれらを摂取し、整腸効果を実感しています。

3.乳酸菌の効果

青汁と相性が良いとされる乳酸菌には、どのような効果があるのでしょうか?ここでは乳酸菌が持つ様々な健康効果や美容効果をお伝えします。

3-1.整腸効果

乳酸菌の代表的な効果が整腸効果です。
乳酸菌が作りだす乳酸は、酸に弱い悪玉菌を殺菌します。
その結果、悪玉菌が減り乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が増え、腸内環境が改善されます。
悪玉菌は人体に悪影響を及ぼす毒素を排出するため、下痢や腸機能の低下、大腸ガンの原因にもなる危険な存在です。
日ごろから腸内環境を整え、善玉菌を増やすことが大切です。

3-2.免疫力の向上

乳酸菌の悪玉菌を減らす作用により腸内環境が整うと、腸の機能が向上します。
その結果、腸内に存在する免疫細胞も活性化され免疫力が向上します。
腸内には全体のうち、およそ7割もの免疫細胞が存在するといわれており、腸内の免疫細胞を活性化させると効果的に免疫力をアップできるのです。
特に乳酸菌の一種であるラブレ菌には、ウィルスの増殖を防ぐインターフェロンと呼ばれる物質の生成を促す効果があり免疫力を向上させます。
さらに免疫細胞であるナチュラルキラー細胞を直接活性化させて免疫力を向上させる作用もあります。

3-3.貧血を予防する効果

貧血の原因のひとつはビタミンB12の不足です。
ビタミンB12は赤血球を形成する際に必要な成分です。
そのため不足してしまうと貧血の症状が表れてしまいます。
乳酸菌は腸内でビタミンB12を生成する働きもあり、乳酸菌によって作られたビタミンB12が赤血球の生成を促し貧血の改善効果が期待できます。
ただし、貧血の原因には鉄分の不足もありますので、鉄の補給もしっかりとするようにしましょう。

3-4.コレステロール値を下げる効果

血液中に存在する脂質の一種であるコレステロールは、血管壁を劣化させる原因のひとつです。
その血中濃度が高い状態が続いてしまうと血管壁を劣化させ、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化が発症するリスクが高まります。
乳酸菌はコレステロール値を下げる作用があり、動脈硬化を予防して心筋梗塞などの恐ろしい病気を予防する効果があるといわれています。

3-5.美肌効果

腸内環境が荒れ悪玉菌が繁殖してしまうと、悪玉菌が作りだす毒素が発生してしまいます。
腸内で発生した毒素は体内に吸収され様々な体調不良の原因となり、肌に運ばれた毒素は肌荒れを引き起こしてしまいます。
乳酸菌は悪玉菌を減らし、毒素の発生を抑えます。
その結果、肌へ運ばれていた毒素がなくなり、正常な肌が維持されます。
ただし、美肌を維持するにはビタミンCなど他の有効成分も摂取するようにしましょう。
青汁などからそれらの有効成分を摂取することは、美肌作りに効果的です。

4.青汁と乳酸菌の相乗効果

青汁と相性が良い乳酸菌は、青汁と飲み合わせると色々な相乗効果を発揮します。
ここでは青汁と乳酸菌の相乗効果について詳しくお伝えしてゆきます。

4-1.整腸効果をさらに高める

青汁と乳酸菌の飲み合わせは整腸効果を高めます。
乳酸菌には悪玉菌を殺菌して善玉菌を増やす作用があり、青汁に含まれる食物繊維にも善玉菌を増やす作用があるからです。
青汁の食物繊維は2種類あり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
どちらの食餅繊維も腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしてくれます。
つまり、青汁と乳酸菌を同時に摂取すると、乳酸菌の悪玉菌を殺菌する作用と青汁の食物繊維の善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす作用をどちらも得られるのです。
その結果、より優れた整腸効果が期待できるでしょう。
また、青汁に含まれている不溶性食物繊維は、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を活発化させます。
腸の運動が活発化すると、消化吸収率や便の排出力も高まります。

4-2.動脈硬化の予防効果がさらに高まる

乳酸菌には動脈硬化の原因であるコレステロール値を下げる効果があります。
青汁にもコレステロール値を下げるクロロフィルが含まれており、動脈硬化の予防に効果的です。
さらに青汁に含まれている水溶性食物繊維には、コレステロールを材料にして作られる胆汁酸の排出を促す作用があります。
そのため体内でコレステロールの消費量が多くなり、コレステロール値が下げてくれるのです。
このように、青汁と乳酸菌のコレステロール値を下げる作用が同時に作用するので、相乗効果が期待できます。
また、青汁には強力な抗酸化作用で脂質の酸化を抑えるビタミンEが含まれています。
この作用により血液はサラサラな状態が保たれるので、動脈硬化の予防が可能です。
青汁にはビタミンEの他にも、抗酸化作用で脂質や血管を酸化による劣化から守るビタミンCやβカロテンも含まれています。
脂質が酸化した過酸化脂質は動脈硬化の原因のひとつです。
青汁にはすでに発生してしまった過酸化脂質を分解する作用もあります。
青汁に含まれているビタミンB2は脂質を分解する作用があり、過酸化脂質も分解します。
この作用により動脈硬化を予防します。

4-3.美肌効果が高まる

乳酸菌は悪玉菌の殺菌効果により、悪玉菌が肌荒れの原因となる毒素を発生させることを防ぎます。
そして青汁には美肌作りに必要な成分が含まれているので、同時に摂取すると相乗効果が期待できます。
青汁に含まれている不溶性食物繊維の主な作用は、腸の活動を活発化して便秘を防ぐ作用です。
その結果、肌荒れの原因となる毒素も体外へ排出されやすくなります。
そして、水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌を増やします。
善玉菌が増えると悪玉菌が減るので、毒素の排出が抑えられ肌荒れが予防されるのです。
またクロロフィルの美肌に有効な作用は、肌荒れを引き起こす有害ミネラルや老廃物を吸着して便と共に排出させる作用です。
さらに青汁には、肌や粘膜の成長を促しその健康を守るビタミンB2や亜鉛も含まれています。
その他にも、抗酸化作用で細胞を活性酸素の攻撃から守り、過度な老化を予防して美肌を守るビタミンCやビタミンE、βカロテンも含まれています。
ビタミンCにはメラニン色素の沈着を防ぐ作用もあり、透明感のある肌の維持にも役立ちます。
また、コラーゲンの生成を促し肌のハリや弾力を保つ作用もあり、美肌作りに効果的です。
βカロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変換される成分です。
このビタミンAは、肌の正常な働きを維持し潤いを保つ作用があります。
青汁にはこのように、様々な美肌効果を発揮する成分が含まれているのです。
特に整腸効果を発揮する食物繊維は乳酸菌と相性が良く、優れた美肌効果が期待できます。

4-4.貧血改善効果が高まる

乳酸菌は腸内でビタミンB12を作りだし、正常な赤血球の生成を助ける細菌です。
その結果、ビタミンB12の不足により引き起こされる貧血の予防ができます。
青汁には鉄が含まれており、鉄の不足による貧血の予防が期待できる飲み物です。
そのため青汁と乳酸菌の飲み合わせは貧血の原因となるビタミンB12の不足と鉄分の不足を同時に解消できるため、単体で摂取するよりもより優れた貧血改善効果が期待できます。

5.おすすめの飲み方

食事の際に青汁と乳酸菌を含む食品を同時に摂取すると、それぞれの効果を同時に得ることができます。
乳酸菌は味噌やキムチやぬか漬けなどに含まれているので、それらの食品と同時に青汁を飲むと良いでしょう。
また、食事の時以外に青汁を飲みたい人や、もっと手軽に青汁と乳酸菌を同時に摂取したい人におすすめの飲み方を紹介します。

5-1.乳酸菌飲料で青汁を割る

粉末タイプの青汁は水以外にも色々な飲み物で割ることができます。
割る飲み物を変えると、その飲み物の健康効果も同時に得られるので効果的です。
そこで、青汁を乳酸菌飲料で割って飲むことで、手軽に青汁と乳酸菌の飲み合わせが実現できます。
乳酸菌飲料は独特の風味や甘さもあるので、青汁の苦みやにおいを抑える効果も期待できます。
簡単に作れるので、興味のある人は一度お試しください。

5-2.粉末タイプの乳酸菌を青汁に混ぜる

乳酸菌は粉末タイプで販売されているものもあります。
粉末タイプの乳酸菌と粉末タイプの青汁を一緒に溶かして飲むと、青汁と乳酸菌の飲み合わせが可能です。
粉末タイプの乳酸菌にはヨーグルト風味などの味がついているものがありますので、青汁の苦みを抑える効果も期待できます。
また、甘みが欲しい場合は腸内の善玉菌が喜ぶオリゴ糖を加えても良いでしょう。

6.乳酸菌入りの青汁もある

最近では、最初から乳酸菌が配合された青汁も販売されています。
多くの場合、日本人の体質に相性が良いとされる植物性の乳酸菌が配合されています。
より手軽に青汁と乳酸菌の飲み合わせをしたい人は、市販の乳酸菌配合の青汁をお試しください。

7.相乗効果でより健康に

いかがでしたでしょうか?青汁と乳酸菌の飲み合わせはとても相性が良く、どちらも腸内環境を整え身体を健康に導きます。
青汁の効果的な飲み合わせの中でもおすすめの組み合わせです。
青汁や乳酸菌を単体で摂取している人は、一度この二つの飲み合わせをしてみてはいかがでしょうか。
継続してゆけば、より優れた健康効果や美容効果を得ることができるでしょう。
青汁と乳酸菌の力で健康と美容を維持しましょう。

トップに戻る