青汁による病気の予防(栄養失調)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(栄養失調)

青汁は様々な病気の予防に効果的な飲み物です。
栄養失調の予防にも青汁は効果を発揮します。
今回は青汁の栄養失調予防効果について詳しくお伝えします。

1.栄養失調とは

栄養失調とは、肉体を維持する上で必要なカロリーや栄養素が不足している飢餓状態のことです。
日本でも戦争中や飢饉が起きると、多くの人が栄養失調になりました。
栄養失調の症状は外見が極端に痩せて見える、体力や免疫力の低下、無気力や体温の低下などがあります。
また、子供においては発育不足になる場合があります。
現代ではほとんどの家庭で必要な食事ができるようになったため、以前のような栄養失調は国内ではなくなったかのように見えます。
しかし、臓器に異常があり、正常に栄養素を吸収できないと、食事が十分にできていても栄養失調になる可能性があります。
さらに現代社会特有の環境から、新たな栄養失調の原因が発生し問題化しています。

2.新型栄養失調

新たに現代社会で発生している栄養失調は、特に「新型栄養失調」と呼ばれています。
新型栄養失調の原因は過度なダイエットや偏った食生活です。
ダイエットはやみくもに行うと、必要な栄養素まで補給できなくなります。
すると、身体は栄養失調状態に陥り、健康維持が困難な状態になります。
また、インスタント食品やいつも同じメニューばかり食べていると、カロリーは足りていてもビタミンやミネラルなどが不足して栄養失調状態になる場合もあります。
これらが原因の新型栄養失調は、食生活の見直しで改善可能です。
青汁のカロリーは1回分の摂取量で平均15kcalほどです。
青汁は低カロリーな上ビタミンやミネラル、タンパク質などが含まれており、栄養失調時に不足しがちな栄養素が補給可能な優れた飲み物です。
新型栄養失調の他にも、高齢者の栄養失調も問題です。
食欲の低下から食事を簡単に済ませたり、硬いものが噛めなくなったため、食事の内容が偏ってしまうなどの理由から栄養不足に陥る高齢者が増加しています。
そのような高齢者の栄養補給にも青汁は適しています。
液状や粒状の青汁は簡単に摂取できるので、負担にならずに飲め、高齢者の栄養失調を予防する効果が期待できます。

3.不足しがちな栄養素を補給できる青汁

青汁には様々な栄養素が含まれており、栄養失調を予防する効果が期待できます。
この章では青汁に含まれている、現代人が不足しがちな栄養素について詳しくお伝えします。
現代の新型栄養失調ではカロリーの不足よりも、特定の栄養素が不足する場合が多くあります。
厚生労働省では日本人が不足しがちな栄養素に食物繊維、カルシウム、カリウムなどを挙げています。
亜鉛やビタミンA、ビタミンB1も多くの年代で推奨摂取量を下回る栄養素です。
青汁には現代人が不足しがちなこれらの栄養素が含まれています。
そのため新型栄養失調を予防し、健康を維持する効果が期待できるのです。

2-1.栄養素の働きを促進するビタミンA

ビタミンAは視覚機能の維持や改善、皮膚や粘膜を丈夫にする効果のある成分です。
ビタミンAは、青汁に含まれている代表的な栄養素のひとつであるβカロテンから、必要に応じ体内で変換されます。
ビタミンAは他の栄養素の働きを促進するという優れた特徴があります。
青汁からビタミンAを補給すると、他の栄養素の働きも高まるため、より効果的に栄養失調を予防する効果が期待できます。

2-2.疲労回復を促すビタミンB1

ビタミンB1は、全身の神経の司令塔である脳のエネルギー生産をブドウ糖から行い、脳の働きを維持しています。
また、糖質からエネルギーを作りだし、疲労を回復させる働きもあります。
日本人は米が主食ですので、糖質を代謝する際に必要なビタミンB1はしっかりと補給すべき栄養素です。
ビタミンB1が含まれている青汁は、不足しがちなビタミンB1を補給するために適した飲み物といえます。

2-3.丈夫な骨を維持するカルシウム

カルシウムは長年にわたり日本人に不足してる栄養素です。
増加傾向にある新型栄養失調でも不足しがちな栄養素です。
そのためカルシウム不足が主な原因である骨粗しょう症患者が増加していると考えられています。
カルシウムは骨や歯の構成成分であると同時に、神経の伝達を正常化する働きもあり、イライラや興奮を抑え、精神を落ち着かせる効果があります。
普段の食事でも積極的にカルシウムを含む食品を摂ると共に、青汁からもカルシウムを補給し、カルシウム不足を補うことが大切です。

2-4.ナトリウムの排出を促すカリウム

カリウムはナトリウムと拮抗して体内に存在する成分です。
筋肉の正常な働きや、細胞内の水分のバランスを保ち、むくみを予防する効果も期待できる成分です。
体内でナトリウムの量が増えると、カリウムがナトリウムの排出を促し、正常な量に調整してくれます。
しかし、現代ではナトリウムの過剰摂取や、食生活の変化によるカリウムの不足が問題になっています。
そのためカリウムは積極的に摂取すべき成分のひとつです。
青汁はカリウムが含まれており、普段の食事だけでは足りないカリウムを補う飲み物として適しているといえます。

2-5. 味覚を維持する亜鉛

亜鉛は不足しがちな栄養素として指摘されています。
近年の国民健康・栄養調査報告でも推奨摂取量を下回っています。
亜鉛が不足すると味覚障害や生殖機能の低下、抜け毛や爪の劣化などを引き起こします。
そのため、青汁など亜鉛が含まれる食品からの積極的な摂取が推奨されます。
亜鉛はビタミンCと共に摂取すると、吸収率が上がるといわれています。
青汁にはビタミンCも含まれているため、亜鉛の補給に適しているといえるでしょう。

2-6.整腸効果がある食物繊維

食物繊維は甲殻類の甲羅から抽出されるキトサンなど一部の動物性のものを除き、大部分が植物性の食品に含まれています。
そのため野菜不足の傾向にある現代人に不足しがちな栄養素です。
新型栄養失調の原因であるインスタント食品に偏った食生活でも食物繊維は不足しがちです。
そのため意識して野菜を多く摂取する必要性が求められます。
しかし、外食が続く環境や、不規則で肉食偏向になりがちな食生活では改善が難しい場合があります。
青汁は植物性の食品で、1回の摂取量がわずか100mlから200mlほどですが、野菜に換算すると40gから100gほどの栄養素が含まれているといわれています。
もちろん食物繊維も含まれていますので、新型栄養失調で不足しがちな食物繊維の補給に適した飲み物といえます。

3.青汁を飲み、新型栄養失調を予防しよう

いかがでしたでしょうか?十分な食料がある現代社会で増加傾向にある新型栄養失調。
青汁は新型栄養失調で不足しがちなビタミンやミネラル、そして食物繊維を含んだ飲み物です。
そのため青汁を飲むと、それらの栄養素が補給され、新型栄養失調を予防する効果が期待できます。
青汁を飲んだ上で、普段の食事に野菜を多く取り入れ、栄養価の低い加工食品を減らすなどの工夫をすると、さらにその効果は高まるでしょう。
青汁を計測して飲み、新型栄養失調を予防しましょう。

トップに戻る