男性のための青汁
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

男性のための青汁

いつまでも若々しく男らしくありたいという願いは、男性であれば誰もがもつ願いといえます。
青汁はそんな男性の願いを叶えるために必要な成分を含んだ飲み物です。
実際に多くの男性が青汁を摂取し、その効果を実感しています。
今回は男性に効果的な、男性のための青汁についてお伝えします。

1.男性の健康を守る青汁

人間は性差により身体的な特徴や、かかりやすい病気が変わります。
男性の場合女性よりも食事量が多く、脂肪分や塩分を多く摂りがちです。
外食で肉類中心のメニューを食べる機会も多いため、野菜不足になりがちです。
そのためそれらが原因で起こる生活習慣病は、男性の方が女性よりも数倍患者数が多いといわれています。
また、男性の身体では精子が生産されます。
そのため精子の生産に必要な栄養素が必要になるなど、生殖機能の違いにより栄養素の摂取量も女性と違いがあります。
筋肉も男性の方が発達しているので、筋肉の材料になるタンパク質などの栄養素もより多く摂取する必要があります。
男性の身体の健康を維持するために青汁は効果的な飲み物です。
青汁には男性の身体に必要な栄養素が含まれており、継続して青汁の摂取を続けると健康維持に貢献してくれます。
さらに青汁は植物性の食品なので、野菜不足の解消にも力を発揮します。
職場の付き合いなどでどうしても野菜が少なくなりがちな、男性の野菜不足の解消に青汁はおすすめです。
このように青汁には、男性の健康を守りその健康を維持する効果が期待できるのです。

2.目的別の青汁の効果・病気の予防

ここからは目的別に、どのように青汁が効果を発揮するのかを見てゆきましょう。
この章では男性がかかりやすい病気に対して青汁がなぜ効果を発揮するのか、どのような有効成分が作用するのかについてお伝えします。

2-1.糖尿病

生活習慣病の一種である糖尿病は、血糖値の上昇が続くと発症します。
通常血糖値はインスリンというホルモンの働きで一定の量に保たれています。
しかし、糖質を多く含む食品を大量に食べたり過度な飲酒を続けていると、インスリンの分泌が間に合わなくなり血糖値が上昇したままになってしまいます。
この状態が糖尿病です。
糖尿病になると、初めは倦怠感や手足のしびれなどが起きます。
しかし、あまり強い自覚症状がないため放っておくと症状が悪化します。
最悪人工透析をする必要や失明、手足の末端の壊死などの重い症状が表れ死亡する可能性もあります。

2-1-1.糖尿病を予防する青汁

青汁には糖尿病の予防に効果的な成分が含まれています。
青汁に含まれている水溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収してドロドロのゲル状に変化します。
ゲル状に変化した水溶性食物繊維は、体内に摂り入れた食物の移動吸収を緩やかにし血糖値の急激な上昇を防ぎ糖尿病を予防します。
この効果を得るためには、青汁を食事と一緒に摂取する必要があります。
また、青汁に含まれる亜鉛には血糖値をコントロールするインスリンの生成に必要な亜鉛も含まれています。
亜鉛にはインスリンの分泌量を調節する働きもあり、糖尿病の予防に期待ができる成分です。
さらに明日葉の青汁には糖尿病の予防に効果的なカルコンという成分も含まれています。
カルコンを摂取するとアディポネクチンと呼ばれる善玉ホルモンの分泌を促します。
このホルモンにはインスリンの働きを正常化する作用があるので、糖尿病の予防に効果的です。
カルコンには血糖値の上昇を抑える作用もあります。
このように青汁には糖尿病の予防に効果的な成分が含まれており、普段から青汁の摂取を継続すると糖尿病の予防が期待できます。

2-2.高血圧

高血圧とは血圧が高い状態が続く病気です。
高血圧は血管に強い圧力がかかり続けるので、血管に負担がかかり血管を痛めてしまいます。
そのため脳の毛細血管が破れてしまう脳出血の原因にもなります。
高血圧が続くと血管のダメージを防ぐために血管が硬くなり、動脈硬化になるケースもあります。
高血圧や動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞などの死亡する危険性のある病気の原因にもなり得るので、早めの予防が大切です。

2-2-1.高血圧を予防する青汁

青汁には高血圧を予防する成分が含まれています。
高血圧の主な原因のひとつに塩分の摂りすぎがあります。
日本人は元々塩分を摂りすぎる傾向にあるので、塩分の摂取を減らし塩分に排出を促すことで高血圧の予防が期待できます。
青汁に含まれているカリウムは、体内に摂取すると塩分(ナトリウム)と拮抗して細胞内の水分量や血液中のナトリウムの量を調節します。
カリウムが余剰に体内に存在して高血圧の原因となっている塩分の排出を促すので、高血圧を予防する効果を期待できます。
また、同じく青汁に含まれる亜鉛には血圧を降下させる作用も報告されています。
これらの成分の作用で、青汁を摂取すると高血圧を予防する効果が期待できるのです。

2-3.肥満

食べ過ぎや飲み過ぎで多くのカロリーを摂りこむと、身体はエネルギーの生産に不必要な分のカロリーを脂肪としてため込みます。
この状態が長く続くと脂肪がどんどん蓄積して肥満体となります。
脂質が多い肉類を多く食べる人は、より脂肪をため込みやすいといえるでしょう。
肥満は高血圧や生活習慣病との関連性も指摘されており、肥満を解消するとそれらの病気の予防にもつながるといわれています。
肥満の解消にはカロリーを摂りすぎないようにし、運動を生活に取り入れ脂肪を燃焼させる必要があります。
さらに青汁など脂肪の吸収を抑える作用がある食品を摂取するとより効果的です。

2-3-1.脂肪の吸収を抑える青汁

青汁に含まれている水溶性食物繊維は、脂肪分の一種であるコレステロールを材料にして作られる胆汁酸やコレステロールそのものを吸着して排出します。
そのため脂質の消費を促して肥満を予防します。
さらに水溶性食物繊維は胃や腸に長くとどまるので満腹感を長く感じられ、食べ過ぎを防いでくれる効果も期待できます。
また、明日葉に含まれるカルコンには内臓脂肪を減少させる作用があることが実験により確かめられています。
このような成分の働きで、青汁を摂取すると肥満を予防する効果が期待できるのです。

2-4.痛風

痛風とは親指の付け根に強い痛みが生じる病気で、9割以上が男性に発症するといわれています。
痛風はプリン体の過剰摂取による尿酸の結晶化が原因とされています。
そのため痛風の予防にはプリン体が多く含まれるビールやイクラなどの摂りすぎを控え、尿酸の排出を促す必要があります。

2-4-1.痛風を予防する青汁

痛風の原因である尿酸は、酸性の尿に溶けにくくアルカリ性の尿に溶けやすい性質があります。
青汁は尿をアルカリ性に近づけるので、尿に尿酸を溶けやすくして尿酸の排出を促します。
また、青汁に含まれているカリウムには利尿作用があるので、尿と共に尿酸の排出を促し痛風を予防する効果が期待できます。
尿酸はストレスを受けると増加するという報告もあります。
青汁に含まれているカルシウムやマグネシウムには、神経の興奮を抑えてストレスを緩和させる作用があります。
そのため尿酸の増加を予防し、痛風を予防する効果が期待できます。

2-5.尿路結石

尿路結石は、腎臓から尿道までの尿の通り道に結石ができる病気です。
中年以降の男性に多くみられる病気で、結石が尿路を通過する際に激痛を伴います。
この結石の主な成分はシュウ酸カルシウムと呼ばれています。
シュウ酸カルシウムは体内でシュウ酸とカルシウムが結合して形成されます。
そのためシュウ酸が多く含まれるほうれん草などの摂取が尿路結石の原因であるとされがちですが、実際は肉類の食べ過ぎなどの偏った食生活の方が尿路結石をできやすくします。
肉類から多量の動物性タンパク質を摂取すると体内で尿酸やシュウ酸が増加します。
通常シュウ酸は便と共に排出されるのですが、過剰に発生したシュウ酸は尿に混じります。
尿に交じったシュウ酸がカルシウムと結合して、結石の主な成分であるシュウ酸カルシウムを作りだしてしまうのです。
また、動物性脂肪から生成される脂肪酸は、シュウ酸よりもカルシウムと結びつきやすい性質があります。
カルシウムと結びつけなかったシュウ酸は腎臓に回り、そこで尿に含まれるカルシウムと結びついてシュウ酸カルシウムが尿中でできてしまいます。
そのため肉類の摂取を減らし、その分植物性の食品を摂り食生活のバランスを整えることが尿路結石の予防につながります。

2-5-1.尿路結石を予防する青汁

青汁に含まれている水溶性食物繊維は、脂肪酸の材料になる脂肪の吸収を抑える働きがあり、シュウ酸カルシウムの形成を抑えて尿路結石を予防する効果が期待できます。
また、青汁などからカルシウムを摂取すると、腸内でカルシウムがシュウ酸と結びつくので尿に交じるシュウ酸の量を減らせます。

2-6.肝障害

代謝により身体に必要な成分やエネルギーを作りだす肝臓の機能に障害が起きることを肝障害といいます。
肝障害の主な原因はアルコールの摂りすぎと脂肪分の摂りすぎです。
そのため肝障害は仕事で飲酒や外食をする機会が多い男性に多い病気といえます。
肝臓でアルコールを分解する際にアセトアルデヒドという毒性のある成分が生まれ、その成分が肝臓を傷めます。
長期間大量の飲酒を続けるとアセトアルデヒドを分解しきれなくなり、肝障害を引き起こしてしまいます。
また、脂肪を摂りすぎると肝臓にも脂肪が蓄積してしまいます。
この状態を脂肪肝といいます。
脂肪肝になると肝臓の機能が低下してしまいます。
青汁にはアルコールの分解を助け、脂肪を減らす効果が期待できるので、肝障害の予防に効果的です。

2-6-1.肝障害を予防する青汁

青汁にはアルコールの分解をする際に必要なビタミンB1や、NADというアルコールを分解する補酵素に変換されるナイアシンが含まれています。
また、アルコールを分解する酵素の働きを高めるビタミンCや、アルコール分解酵素の分泌を促す亜鉛が含まれています。
そのためアルコールの速やかな分解をサポートして肝臓の負担を軽減します。
また、脂肪の吸収を抑える水溶性食物繊維も含まれています。
特に明日葉に含まれているカルコンという成分には内臓脂肪を減少させる働きもあるので、脂肪肝の予防にも効果的です。

2-7.ストレス

厳しい競争社会で働く多くの男性にとってストレスは大敵です。
ストレスは活性酸素を余剰に発生させて身体を傷つけます。
精神的にもダメージを与えるので、うつ病や情緒不安定などが発症する危険性も高まります。
青汁にはストレスを緩和したり、ストレスに対抗する強い精神を養うために必要な成分が含まれており、ストレス解消に効果的です。

2-7-1.ストレスに効果的な青汁

青汁に含まれているビタミンCには、ストレスに対抗するために必要な副腎皮質ホルモンの生成を促す働きがあります。
さらにビタミンCには、ストレスなどが原因で発生した活性酸素を強力な抗酸化作用で除去する作用もあります。
また、カルシウムやマグネシウムには神経の伝達を正常化して、ストレスからくる興奮を鎮め精神を落ち着かせる働きがあります。
これらの成分の作用で、青汁は働く男性をストレスから守ります。

3.目的別の青汁の効果・機能向上など

男性には男性の身体特有の機能や仕組みがあります。
青汁には男性の身体の健康を維持し、その機能を向上させる効果が期待できる成分が含まれています。
ここではそれらの成分について詳しくお伝えします。

3-1.精力増大

青汁に含まれている亜鉛は精子の生成に必要不可欠な成分です。
亜鉛が不足すると精子の生産量が減り、精子自体の質も低下してしまいます。
青汁などから亜鉛を補給すると、健康な精子の生成が促されて精力増大につながります。
また、亜鉛には健全な性欲を保つ働きもあるとされており、精神面でも精力の維持に役立つといえます。

3-2.疲労回復

男性のバイタリティを保つためには速やかな疲労回復が必要です。
疲労が蓄積した状態では仕事や日常生活に支障がでてしまうでしょう。
青汁には疲労を回復させる成分が含まれており、働き盛りの男性の体力の維持に効果的です。
青汁に含まれているビタミンB1は糖質から素早くエネルギーを作りだします。
そのため糖質と共にビタミンB1を摂取すると、速やかなエネルギーの生産がおこなわれて疲労回復効果が期待できます。
また、鉄は赤血球が全身に酸素を運ぶために必要な成分です。
鉄が不足すると酸素の供給率が低下するので、疲れやすくなり疲労からの回復も遅れます。
青汁には非ヘム鉄と呼ばれる鉄や、非ヘム鉄の吸収を助けるビタミンCが含まれています。
ビタミンCには疲労が原因で発生する余剰な活性酸素を除去する抗酸化作用もあり、さらに疲労からの回復を高め細胞のダメージも減少させる効果が期待できます。

3-3.筋肉増強

男性らしい肉体作りには筋肉の増強がおすすめです。
男らしい鍛えられた筋肉を作るには筋力トレーニングをすると共に、筋肉の材料になる栄養素の補給が大切です。
タンパク質は筋肉の材料になる栄養素です。
肉の主な構成成分はタンパク質なので、肉を摂取するとタンパク質を補給できます。
しかし、同時に多くの脂肪も摂取してしまいます。
そこで青汁からのタンパク質の摂取もおすすめします。
青汁には植物性のタンパク質が含まれているため、肉類だけではなく青汁からもタンパク質を摂取するとバランスが良くなり良質な筋肉が形成できるといわれています。
さらに青汁には、血行を促進して栄養や酸素を筋肉にまんべんなく行き渡らせ、筋肉の発達を促すビタミンEや、整腸効果を発揮して栄養の吸収率を高める食物繊維も含まれています。
また、筋肉トレーニングをすると細胞を傷つける活性酸素が余剰に発生してしまいます。
青汁には抗酸化作用を発揮して活性酸素を除去してくれるビタミンCやビタミンE、クロロフィルなどの成分が含まれています。
そのため、細胞を守りながら筋肉増強が可能です。

4.男性向けに開発された青汁

通常の青汁でも今回お伝えしたような男性に嬉しい効果が期待できますが、男性向けに開発された青汁も世の中にはあります。
男性向けに開発された青汁には男性の精力や体力を増強させる効果があるとされる、アルギニンやマカ、亜鉛などといった成分が配合されています。
より顕著な効果を実感したい男性は、このような青汁の摂取をしても良いでしょう。

5.男性の健康と魅力を支える青汁

いかがでしたでしょうか?青汁には今回お伝えしたような、男性の健康や身体機能を支える成分が含まれています。
そのため青汁を継続して摂取すると、男性の健康維持に大きな力となってくれるといえます。
特に食生活が不規則になりがちな独り暮らしの男性は青汁などから不足しがちな植物性の栄養素を積極的に摂取する必要があります。
その上で運動をしたり肉類を食べ過ぎないようにするなどの健康管理を行えば、健康で男らしい身体を維持することができるでしょう。
青汁を飲み男性の健康と魅力を維持しましょう。

トップに戻る