青汁による体質・体調改善(妊娠中の栄養補給)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(妊娠中の栄養補給)

青汁には妊娠中に必要な栄養素が含まれているので、妊娠中の母体と胎児の栄養補給に適しています。
今回は青汁がなぜ妊娠中の栄養補給に適しているかについて詳しくお伝えします。

1.妊娠中に必要な栄養素

妊娠中は胎児の栄養補給はもちろん、母体にも十分な栄養素の補給が必要です。
2人分の生命を維持し、かつ胎児の成長に必要な栄養素の摂取が大切です。
特に鉄や葉酸、カルシウムは胎児の成長と共に多く消費される栄養素です。
不足すると胎児の健康な成長を妨げ、母体の健康も損なうことがあります。
妊娠中は、しっかりとこれらの栄養素やその他の妊娠中の栄養補給に効果的な栄養素を補給しましょう。
青汁には鉄、葉酸、カルシウムや、その他の胎児の成長に必要な栄養素が含まれています。

2.青汁の成分は妊娠中の栄養補給に効果的

青汁には健康や美容に効果的なビタミン類やミネラル類などの栄養素が含まれています。
それらの栄養素の中には妊娠中の栄養補給に有効な成分も多く含まれています。
そのためそれらの有効成分が母体と胎児の健康を守ります。
この章ではより具体的に青汁の有効成分の効き目についてお伝えします。

2-1.青汁には妊娠中に消費量が多くなる鉄が含まれている

鉄は妊娠中に最も不足しがちな栄養素のひとつです。
妊娠中の女性の身体の中では胎児の血液も生成されるので、通常よりも多くの鉄が必要です。
そのため普段の食事から摂取される鉄だけではどうしても不足してしまいます。
鉄は赤血球に存在するヘモグロビンを構成するために必要な成分です。
鉄はヘモグロビンが全身に酸素を運ぶ際に関わるので、不足すると全身にだるさが表れたり、めまいなどの症状が表れることがあります。
成長中の胎児の身体においては、酸素不足による成長の遅れや脳の発達に支障がでる恐れがあります。
青汁に含まれている鉄は、非ヘム鉄と呼ばれる吸収率が低いといわれる鉄ですが、青汁には非ヘム鉄の吸収率を高めるビタミンCも含まれているので、妊娠中の鉄の補給に適しているといえます。

2-2.葉酸が胎児の正常な成長を助ける

葉酸は人体の成長に関わる栄養素ですが、特に妊娠初期に必要な成分です。
妊娠初期には胎児の脳や中枢神経の正常な発育に関わる神経管が形成されてゆきますが、この神経管の形成に葉酸が必須の成分とされており、妊娠を自覚した女性は早い段階からしっかりと葉酸を摂取することが求められます。
しかし、妊娠をしたと自覚症状がでるまでにある程度期間を必要とする場合もありますので、妊娠をする可能性がある女性は日頃から葉酸を積極的に摂取した方が良いでしょう。

また、葉酸は赤血球の生成にも関わる成分です。
妊娠中は胎児の血液も生成されるので、鉄と共により多くの葉酸が必要になります。
青汁などから葉酸をしっかりと補給するようにしましょう。

2-3.カルシウム、マグネシウムは妊娠中に必要な栄養素

骨や歯の形成にカルシウムやマグネシウムが必要です。
赤ちゃんの骨もカルシウムやマグネシウムによって構成されるので妊娠中に多く消費されます。
そのためカルシウムやマグネシウムも妊娠中に不足しがちな栄養素です。
青汁にはどちらの栄養素も含まれているので、青汁を飲むことで妊娠中の母体の骨や歯の健康を守り、さらに胎児の健康な骨の発育が期待できます。

2-4.身体を構成する主な材料であるタンパク質が含まれている

タンパク質は筋肉や内臓、皮膚など身体の多くの組織を構成する主な成分です。
胎児の身体の構成にも多くのタンパク質が必要なので、妊娠中に積極的に摂取すべき成分です。
タンパク質には肉類に含まれる動物性のものと、大豆などに含まれる植物性のものとに分けられますが、バランス良くどちらのタンパク質も摂取することで、体内で良質のタンパク質に再合成されます。
普段の食事では植物性のタンパク質が不足しがちなので、青汁から植物性のタンパク質も摂取することが胎児の発育にとっても理想といえます。

2-5.胎児の細胞分裂を促す亜鉛が含まれている

亜鉛は細胞の合成を促す重要な役割があり、成人の身体でも細胞の生まれ変わりが早い部位に多く存在します。
胎児や成長期の子供の身体は日々成長を続けているので亜鉛の消費も早くなります。
亜鉛がしっかりと補給されることで、胎児の細胞が正常に細胞分裂を繰り返し、健康に成長してゆきます。
亜鉛は青汁に含まれている栄養素のひとつです。
妊娠中も青汁からしっかりと亜鉛を補給しましょう。

3.より安全で効果的に青汁の妊娠中に必要な栄養素を補給する方法

青汁には妊娠中に特に必要になる各種栄養素が含まれています。
この章ではそれらの栄養素をより安全で効果的に摂取する方法についてお伝えします。
それらの方法を実践して、より効果的に有効成分を補給できるようにしてゆきましょう。

3-1.禁酒をすることで青汁の効果を高める

アルコールは成人の体内でも分解に時間がかかる成分です。
また、アルコールの分解の際にビタミンCやビタミンB1、亜鉛などの栄養素が普段より多く消費されます。
さらにアルコールの分解時にアセトアルデヒドという毒素が生成されるので、胎児の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。
胎児と母体はへその緒で繋がっているので、母体から胎児へアルコールや毒素が流れていってしまうと、まだ抵抗力が少ない胎児に与える影響は母体に比べてかなり大きなものになり、胎児の健康を損ねてしまいます。
青汁から有効成分を摂取しても、アルコールの分解で消費される割合が高くなると胎児の発育に必要な分の成分が不足してしまいます。
妊娠中はお酒を控えることでしっかりと青汁の有効成分の力を胎児に届けましょう。

3-2.カフェインが入っている青汁を控える

カフェインには覚醒作用があり、勉強や仕事の能率を向上させる効果が期待できますが、妊娠中は母体のカフェインの分解力が低下するといわれています。
また、胎児はカフェインの分解力が未熟であるため、妊婦がカフェインを摂取すると胎児にもカフェインがまわり、胎児の体内に蓄積してしまう可能性があります。
そのため妊娠中は、抹茶入りなどカフェインを含む原料を使用した青汁は控え、ノンカフェインの青汁を飲むようにしましょう。
ケールや大麦若葉、明日葉といった主原料のみで製造されている青汁にはカフェインは含まれていません。
それらの青汁を飲むことで、安全に妊娠中に必要な栄養素を補給できるでしょう。

3-3.DHAが含まれた食品を青汁と共に摂る

DHAはイワシやサンマ、マグロなどの青魚に多く含まれる成分で、脳の機能を向上させ、知能指数をアップさせる効果が期待できます。
この効果は赤ちゃんに対しても有効です。
そのため妊娠中の母親がDHAを含む食品やサプリメントからDHAを補給すると共に青汁を飲むことで、よりパーフェクトに近い胎児に必要な栄養素を補給することができます。

ただし、青魚には有害な水銀が含まれていることがあり、胎児への影響を考えて妊娠中の青魚の摂取を制限する場合もあります。
水銀の害が心配な場合は、青汁を飲むと共に、DHAのサプリメントを摂取すると良いでしょう。

3-4.ストレスを解消して青汁の栄養素の吸収率を高める

過度なストレスは通常よりもビタミン類やミネラル類を消費させます。
ストレスかがかかりやすい状況下では胎児に届くはずの栄養素が不足することも考えられます。
そのため青汁を飲み妊娠中に必要な栄養素を補給しつつ、ストレスを解消して無駄に栄養素を消費しないように心がけましょう。
ストレスを解消するには家族の気づかいや人それぞれのストレス解消法が必要です。
ストレスを上手に解消し、健全な胎児の成長を守りましょう。
 

3-5.ビタミンCが含まれているフルーツジュースで青汁を割って飲む

ビタミンCは妊娠中に不足しがちな鉄の吸収率を高める作用があります。
また、ストレスに耐性を発揮するために必要な副腎皮質ホルモンの生成も促してくれます。
そのためビタミンCは妊娠中に積極的に摂取したい栄養素のひとつです。
青汁には元々ビタミンCも含まれていますが、オレンジジュースなどビタミンCが含まれているフルーツジュースで青汁を割って飲むことで、より多くのビタミンCを補給することができます。

4.青汁を飲んで元気な赤ちゃんを育てましょう

元気な赤ちゃんを出産するには妊娠の初期からの栄養管理が必要です。
今回紹介した鉄や葉酸、カルシウムを始め妊娠中に不足しがちな栄養素を青汁から補給することが大切です。

もちろん普段の食事からもそれらの栄養素を摂取してゆくことも必要です。
青汁は食事だけではまかないきれない栄養素の補給に大きな力を発揮してくれるでしょう。
青汁を飲み、母体と胎児の健康を守り元気な赤ちゃんを出産しましょう。

トップに戻る