青汁の栄養素(メラトニン)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の栄養素(メラトニン)

メラトニンは質の良い睡眠を促すホルモンとして知られています。
快眠のために取り入れたい成分ですが、青汁の中ではケールを原料とした青汁に含まれています。
今回は青汁の栄養素のひとつであるメラトニンについてお伝えしてゆきます。

1.青汁の栄養素、メラトニンの基礎情報

メラトニンはある動物の脳を研究している過程で発見されたホルモンです。
その後人間の体内にも存在することが分かりました。
メラトニンはトリプトファンという物質から合成されるセロトニンという物質が変換されて生成されます。
この際すべてのトリプトファンやセロトニンがメラトニンに変換されるわけではなく、それぞれが必要分体内に残り独自の働きをします。
必要分が残されたトリプトファンは、更年期障害の改善やドーパミンなど活力を生みだすホルモンの生成、性機能の向上や維持などに使用されます。
トリプトファンはアミノ酸の一種で、体内では合成することができないために必須アミノ酸に分類されています。
トリプトファンやレバーや大豆食品、乳製品などに多く含まれています。
トリプトファンをそれらの食品から摂取すると、マグネシウムやビタミンB6、ナイアシンと共にセロトニンを作りだします。
セロトニンには精神を落ち着かせて安定させる効果や、快適な入眠を促す効果があり、質の良い睡眠を得るために必要な物質です。
このセロトニンが変換されて生みだされるメラトニンも睡眠と覚醒のリズムに深く関わるホルモンなので、セロトニンと共に規則正しい快適な生活リズムを実現する成分です。
メラトニンは体内でセロトニンから変換されて生みだされるホルモンですが、食品の中にも含まれている成分です。
メラトニンを多く含む食品は、トリプトファンと同じく大豆食品や乳製品、そして肉類にも含まれています。
バナナやコーンなどにも含まれていますが、青汁の原料ではケールに多く含まれています。
ケールに含まれるメラトニンの含有量は高く、ケールや、ケールから作られた青汁はメラトニンを直接摂取するために適した食品といえます。

2.1日のメラトニンの推奨摂取量

メラトニンの1日の摂取量は特に定められていません。
メラトニンを含むサプリメントの製造が許可されているアメリカなどの国では、1日の摂取量が1mgから10mgほどと個人差があります。
中には一度に20mg以上摂取する人もいます。
このようにメラトニンの摂取量は、効果を感じる量に大きな個人差があるので、自分に身体の感覚を大切にする必要があるといえるでしょう。
因みに現時点では国内でメラトニンのサプリメントの製造は許可されていません。
メラトニンと似た効果を発揮するラメルテオンのみが承認されています。
サプリメントでのメラトニンは、個人輸入などで購入する必要があります。
国内ではメラトニンやトリプトファンが含まれる食品や青汁から摂取する必要がります。

3.メラトニンとセロトニンの関係

メラトニンとセロトニンは昼夜でその体内での濃度が逆転します。
メラトニンは光を浴びるとその分泌が抑制され、反対にセロトニンは光を浴びることで増加します。
この二つの成分は、お互いが増減することで睡眠の質や快適な入眠、爽やかな起床を守る成分として機能しています。

4.青汁の栄養素、メラトニンの効果

この章ではメラトニンの効果について詳しくお伝えします。
ケールの青汁に多く含まれているメラトニンには以下に述べるような効果があります。

4-1.睡眠、覚醒のサイクルを改善し、精神を安定させる効果

メラトニンには体内時計を整えて、規則正しい生活を送る助けになる効果が期待できる他、睡眠と覚醒の正しいリズムを維持する働きもあります。
そのため睡眠と覚醒の理想的なバランスを実現するホルモンでもあります。
睡眠と覚醒のサイクルが改善されると肉体や精神の疲れがとれやすくなるので、精神が安定する効果もあります。
メラトニンは健康的な心身の維持に欠かせない成分です。

4-2.抗酸化作用による老化の進行を遅らせ、病気の発症を予防する効果

メラトニンには強い抗酸化作用があるとされています。
抗酸化作用をもつ成分にはクロロフィルやビタミンCなど様々なものがありますが、メラトニンはそれらの成分と共に体内で抗酸化作用を発揮して、余剰に発生した活性酸素の害から身体を守ります。
活性酸素の害で細胞のDNAが傷ついてしまうと、正常な細胞がコピーされずに細胞の機能や活力が低下して、病気や老化が進行してしまいます。
メラトニンの抗酸化作用は、この活性酸素の害を無害化することで老化の進行や病気の発症を予防します。

4-3.妊娠率を上げる効果

メラトニンは卵子を保護する役割もあると考えられています。
実際にメラトニンの投与により妊娠率が向上したという研究報告があります。
ただし、妊娠などの普段の生活と違う状態になる場合には医師の指示の下、適切なメラトニンの摂取が必要です。
妊娠率を上げるためにメラトニンの摂取を考えている人は、一度医師に相談をすると良いでしょう。

5.メラトニンの過剰摂取による症状

メラトニンは中毒症状の報告がほとんどない、安全性の高い成分です。
海外の研究では、通常の摂取量の実に数百倍以上の量のメラトニンの投与でも特に健康状態に変化は認められなかったとの報告があります。
アメリカの合衆国食品医薬品管理局でも、メラトニンの安全性を認める記録を残しています。
しかし、日本ではメラトニンに依存すことによる睡眠障害やホルモンバランスの乱れを懸念することから、サプリメントなどによる大量の摂取は推奨されていません。

6.メラトニンの不足による欠乏症

メラトニンが不足すると、睡眠の質が悪くなることによる生活リズムの乱れが生じる可能性があります。
そのため普段からメラトニンを含むケールの青汁や大豆食品、バナナなどからメラトニンを摂取することが大切です。
また、メラトニンを作りだすセロトニンの材料である、トリプトファンが含まれている食品を日頃から摂取することもメラトニンを体内で生成することに繋がります。

7.メラトニンの摂取で快適な睡眠を実現しましょう

メラトニンは青汁にはケールの青汁に含まれています。
抗酸化作用があり、セロトニンと共に、良質な睡眠と規則正しい身体のリズムを生みだすメラトニンが十分に体内に生成されることで健康的な生活と心身が維持されます。
もちろんその他の栄養素も健康を維持する上で大切ですが、メラトニンは疲労をとり、心身が上手く機能するために必要な睡眠を、質の良いものとして健康を支える土台を作ります。
セロトニンやメラトニンの材料になるトリプトファンが含まれる食品や、メラトニンが含まれるケールの青汁などから積極的にトリプトファンやメラトニンを摂取し、快適な睡眠を実現しましょう。

トップに戻る