粉末青汁の上手な溶かし方
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

粉末青汁の上手な溶かし方

現在販売されている青汁の多くは粉末状で販売されています。
粉末状の青汁は水などの液体に溶かして飲むのですが、上手に溶かさないと溶け切らない場合もあります。
今回は上手に青汁を溶かして、無駄なくおいしく飲むためのコツをお伝えします。
一度覚えてしまえば簡単ですので、是非覚えてみてください。

1.粉末タイプの青汁の飲み方

基本的な粉末タイプの青汁の飲み方は、グラスなどに粉末青汁を入れて液体を注ぎ、スプーンなどで混ぜてから飲みます。
注ぐ液体の量はメーカにより様々ですが、大体100mlから200mlを注ぐよう推奨されています。
しかし、この混ぜ方だと上手く混ざらないことがあり、味にムラがでたり、溶け切らないため栄養をしっかりと補給できないなどのデメリットが発生する可能性が出てきてしまいます。

2.粉末青汁を溶かす際の問題点

粉末青汁は軽くて携帯にも便利なので人気がありますが、上手に溶かさないと色々な問題点が起きてしまいます。
この章では粉末青汁を溶かす際に起こりがちな問題点についてみてゆきたいと思います。

2-1.溶けにくい

通常の混ぜ方で粉末青汁を溶かそうとすると溶けにくい場合があります。
粉末青汁は特殊な製法で、原料を微細粉末化して製造されています。
そのため消化の負担が少なくなり、栄養の吸収率も向上しています。
しかし、粉末の粒子が軽いため浮力が働いて溶けにくいことがあります。
そのためある程度早くスプーンなどでかき混ぜる必要があります。
かき混ぜてしっかりと溶かそうとすると、意外と時間がかかります。
特に慣れないうちは、人によっては手がだるくなるくらい時間をかけないとしっかりと溶けない可能性もあります。
お年寄りや子供が混ぜると少々疲れを感じる可能性があります。

2-2.だまになる

粉末青汁をしっかりと溶かさないと、溶け切らない部分がだまになってしまう場合があります。
だまになった部分は中が解けていないので、飲み込んでしまうと粉末が口の中で広がり咳きこんでしまうしまう可能性があります。
また、しっかりと溶けていないと味にムラがでてしまいますし、栄養素も十分に補給できなくなってしまいます。

2-3.底の方に残ってしまう

青汁粉末を溶かす際に上手に溶かさないと、そこの方に溶けて固まった青汁が残ってしまう場合があります。
泥状に固まっているのでグラスを洗う際に手間を要しますし、何より残ってしまった分の青汁の栄養素が補給できていません。
また、一度溶かした青汁も時間が経つと青汁が沈殿して底の方に溜まってしまいます。
溶かした青汁はなるべく早く飲み、底に残らないようにしましょう。

2-4.空中に飛散することがある

粉末青汁は粒子の一つ一つがとても軽いため、ちょっとした風で空中に飛散してしまいます。
また、勢いよく粉末青汁をグラスに注いでも、その勢いで粉末が舞い上がり室内を汚してしまう場合があります。
粉末青汁の飛散を防ぐには、空調の下などの風が起こりやすい場所で溶かすことを避けるようにします。
スティックから粉末青汁をグラスに入れる際も、静かに入れるようにしましょう。

2-5.青汁と液体を注ぐ容器が必要

缶やペットボトルに入ってる液体タイプの青汁や、少量の水があれば飲めるタブレット状の青汁は場所を選ばずに飲めますが、粉末青汁を飲むには青汁と液体を注ぐ容器が必要です。
そのため容器を用意しにくい屋外や外出先で飲むにはあまり適していません。
粉末青汁をどこでも飲むには専用に容器も携帯する必要があります。
また、自宅以外で粉末青汁を飲む場合は、上手に溶かさないと周りに迷惑がかかる可能性もあります。
このように粉末タイプの青汁には、溶かす際の問題点があるのです。
この問題点を解決すると、粉末青汁を快適により手軽に飲むことができます。

3.粉末青汁を上手に溶かすコツ

前章では粉末青汁の問題点を見てきました。
粉末青汁を上手に溶かすコツを覚えれば、それらの問題点を解決してしっかりと液体に青汁を溶かせます。
上手に青汁を溶かせれば味にムラの無いおいしい青汁が飲めますし、栄養素も残さずしっかりと補給できます。
粉末青汁の上手な溶かし方を覚え、日々の青汁の摂取をより手軽なものにしましょう。
簡単に粉末青汁を溶かせれば青汁の継続もしやすくなり、青汁の健康効果や美容効果も維持しやすくなります。

3-1.専用シェイカーを使う

一番手軽で簡単な粉末青汁の上手な溶かし方は、専用シェイカーを使用して溶かす方法です。
青汁の専用シェイカーは、普通の粉末青汁を溶かすために作られたシェイカーです。
そのため青汁を作るのにちょうど良い、100mlから200mlほどの容量の小型のシェイカーです。
青汁専用シェイカーは目盛りもついているので正確に液体を注げます。
通常のシェイカーより小型なので持ち運びにも便利です。
グラスがない場合はストローを使用してそのままシェイカーからできあがった青汁を飲むこともできます。
使い方も簡単で、粉末青汁と水などの液体をシェイカーに入れてしっかりと蓋をして何回かシェイクするだけです。
グラスに注いだ液体にスプーンで溶かすよりもはるかに簡単に、青汁を作れます。
また、専用シェイカーで作られた青汁はダマもなく均一に溶けています。
そのためしっかりと栄養素が補給できるのでおすすめです。
専用シェイカーは粉末青汁を定期購入するとプレゼントされたり、通信販売で購入できます。
粉末青汁を長く愛飲したい人は、是非専用シェイカーを手に入れてみてください。
簡単に青汁が作れるのでその便利さにきっと驚かれるでしょう。

3-2.ミキサーを使う

家庭にあるミキサーでも粉末青汁を作れます。
手で混ぜるような面倒さはなく、一瞬できれいに溶けた青汁を作れます。
ただし、ミキサーの準備や使用後の掃除で多少手間がかかるので、それでも良いという人におすすめする方法です。

3-3.最初に少量のお湯に溶かす

粉末青汁はコーヒーパウダーのように、水よりもお湯の方が溶けやすい性質があります。
少々難しい話になりますが、これは高い温度をもつ液体の方が液体の分子が活発に動いており、溶かす力が強いからです。
そのため、最初に少量のお湯で粉末青汁を溶かすと溶かしやすくなります。

3-4.カレーなどに混ぜる

粉末青汁を水などの液体ではなく、カレーなどのドロッとした食べ物に溶かす方法もあります。
ドロッとした食べ物は粘性があるので、粉末状の青汁もよく混ぜられます。
また、調理時間も長いため、その間にしっかりと青汁が溶け込むので均一に溶けた青汁を摂取できます。
味もカレーなど食べ物の味にほとんど隠されてしまうので、青汁が苦手な人にもおすすめの溶かし方です。

3-5.少しずつ液体に溶かす

最後にシンプルですが効果的な方法を紹介します。
粉末青汁を溶かす際に、溶けることを確認しながら少しずつ液体に溶かす方法です。
この方法では溶けることを確認してから溶かしてゆくので時間がかかるように感じますが、結果として早くしっかりと粉末青汁を溶かせます。
だまにもならずに溶かせるので、専用シェイカーやミキサーがなくてもしっかりと溶かしたい人におすすめの方法です。

4.溶けやすいように改良された青汁もある

ここまでで粉末青汁を上手に溶かす方法をみてきましたが、最近ではメーカーの企業努力により溶けやすいように改良された青汁も販売されています。
これらの青汁は開発コストや製造コストが通常の粉末青汁よりかかっているため、価格がやや高い傾向にあります。
しかし、それに見合う溶けやすさがあるので、より簡単に溶ける粉末青汁をお求めの人におすすめです。

4-1.マイクロパウダー状の青汁

マイクロパウダー状の青汁は、特殊な製法で通常の粉末青汁よりもさらに細かい粉末状に加工された青汁です。
そのため液体に馴染みやすく溶けやすい特徴があります。
体内での消化吸収率も向上しているので、より栄養を補給したい人にもおすすめの青汁です。
ただし、風邪には弱く飛散しやすいので風邪起きない場所でマイクロパウダーの青汁を作るようにしましょう。

4-2.顆粒状の青汁

物質を溶けやすい顆粒状に加工する技術は、薬などにも採用されています。
顆粒状に加工された青汁は、粒が多孔質と呼ばれる多数の穴があいた構造をしています。
液体を注ぐと液体が顆粒の穴に流れ込み、速やかに顆粒を溶かします。
そのため、だまにならずに短時間で顆粒を溶かせます。
また、顆粒自体は溶かす前は粒が粉末より大きいため、飛散する心配もありません。
そのため通常の粉末青汁よりも簡単に青汁を作ることができます。

5.青汁の栄養素をしっかり摂取しよう

いかがでしたでしょうか?粉末青汁は専用シェイカーを使用するなどの工夫をすると上手に溶かせます。
上手に粉末青汁を溶かせば、青汁の栄養素をしっかりと摂取できます。
粉末青汁をきれいに溶かして無駄なく青汁を摂取しましょう。

トップに戻る