青汁による体質・体調改善(記憶力アップ)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(記憶力アップ)

青汁には様々な健康効果がありますが、あまり知られていない効果にひとつに記憶力アップがあります。
記憶力アップは仕事や勉強の能率を上げるので多くの人が得たい効果でしょう。
今回は青汁の記憶力をアップする効果について詳しくお伝えします。

1.青汁は記憶力アップに力を発揮する

記憶力をアップさせるためには脳の働きを高めることや、神経伝達を向上させることが必要です。
また、脳のエネルギーになるブドウ糖の十分な生成、摂取も必要です。
それらの記憶力アップに必要な要因を総合的に向上させることで記憶力がアップします。
青汁には記憶力アップを実現するために必要な各種栄養素が含まれています。
そのため青汁を飲むことは記憶力アップに効果的といえるのです。

2.なぜ青汁は記憶力アップに効果的なのか

青汁には記憶力アップの効果が期待できますが、なぜ青汁は記憶力アップに効果があるのでしょうか?
この章では青汁の記憶力アップの仕組みや有効成分について詳しくお伝えします。

2-1.ビタミンB1が脳の栄養源を作りだす

脳の活動には多大なエネルギーが必要です。
記憶力を高めるためには脳に十分な栄養を供給する必要があります。
脳のエネルギーになる物質はブドウ糖です。
そしてブドウ糖の代謝にはビタミンB1が関わっています。
青汁にはビタミンB1が含まれており、脳のエネルギーをブドウ糖から作りだし、脳がしっかりと機能して記憶力が高まる土台作りをしてくれます。

2-2.ビタミンB6が脳神経の健康を守る

ビタミンB6はアミノ酸を代謝し、神経伝達物質の生成を促します。
ビタミンB6を十分に摂取することで神経系統の正常な働きが維持され、脳神経の働きも高まるので記憶力アップが期待できます。
またビタミンB6は脳神経の発達にも関わる成分なので、赤ちゃんの脳の正常な発達にも必要です。
この時期にビタミンB6をしっかりと摂取することで、記憶力を始め脳の機能を十分に高めることができます。

2-3.ナイアシンが脳神経の働きを正常化する

ナイアシンは粘膜などの健康や正常な働きを維持するために必要な成分ですが、脳神経の正常な働きにも関わっています。
そのため青汁などからナイアシンを十分に摂取することで、脳神経の働きを正常化させ、記憶力を高める効果が期待できます。

2-4.ビタミンCがストレスに耐性をつけ、記憶しやすい心理状態を守る

ストレスが強い状態では精神的に負担がかかり、記憶力が減退してしまいます。
ビタミンCはストレスに耐性を作りだす副腎皮質ホルモンの分泌を促し、ストレスに強い精神の形成をサポートします。
青汁にはビタミンCが含まれており、ストレスに負けない精神を作り、記憶力を高める効果が期待できます。

2-5.カルシウムやマグネシウムが精神を落ち着かせ、スムーズな記憶を促す

カルシウムやマグネシウムは興奮した神経を鎮め、神経の伝達を正常化する働きがあります。
神経が興奮し、イライラした状態では記憶力は低下してしまいますが、落ち着いた状態では記憶力が高まることが知られています。
青汁にはストレスに強くなるビタミンCが含まれていますが、精神を落ち着かせる効果のあるカルシウムやマグネシウムも含まれています。
そのため相乗効果で精神の安定した状態が維持され、それに伴う記憶力のアップも期待できるのです。

2-6.桑の葉のGABAが記憶力を高める

青汁の原料のひとつである桑の葉に含まれるGABAには精神を落ち着かせる効果がありますが、記憶力を高める効果も報告されており、記憶力アップが期待できます。

3.青汁の記憶力アップ効果をさらに高める効果的な方法

青汁には様々な記憶力をアップさせる成分が含まれていますが、この章ではその効果をさらに高める方法をお伝えします。
青汁の記憶力アップ効果をさらに高め、学習や仕事などで目的が実現できるようにしましょう。

3-1.DHAが含まれた食品と共に青汁を摂取する

DHAはサンマやマグロなどの青魚に多く含まれる栄養素で、不飽和脂肪酸の一種です。
DHAは神経細胞を活性化させて脳の機能を高める効果があり、記憶力アップを実現する成分として知られています。
そこで、青汁を飲むと共に青魚を一緒に摂取することで青汁の記憶力アップに繋がる各種栄養素とDHAを同時に補給できるので、相乗効果が期待できます。
中々青魚を食べ続けることが難しい場合はDHAのサプリメントと一緒に青汁を飲むこともおすすめです。

3-2.スペアミントの葉を青汁にのせて摂取する

スペアミントは爽やかな香りがするハーブの一種ですが、ロズマリン酸という認知症の予防や記憶力アップに効果を発揮する成分が含まれています。
そのためスペアミントの葉を少量青汁と共に摂取することで、それぞれの成分の効果が発揮され、記憶力アップの相乗効果が期待できます。

3-3.卵と共に青汁を飲む

卵にはコリンという成分が含まれていますが、コリンは体内でアセチルコリンという神経伝達物質を生成するために必要な成分です。
アセチルコリンは学習能力や記憶力に関わる物質で、十分に分泌されることで学習能力や記憶力アップに効果が期待できます。
そのため卵と共に青汁を飲む、青汁粉末を、卵を使用した料理に混ぜて食べるなどすることで相乗効果が期待できます。

3-4.記憶力を高めるアラキドン酸が含まれた食品と共に青汁を飲む

脳の神経細胞の主成分はアラキドン酸という成分です。
そのためアラキドン酸を摂取することで、脳の神経細胞の働きを高め、記憶力アップが期待できます。
この成分が含まれたレバーや卵などと共に青汁を摂取することで、それぞれの記憶力アップ効果を同時に得られるので、より高い記憶力の向上が期待できます。

3-5.記憶を司る部位を守るカフェインと共に青汁を飲む

カフェインには脳を覚醒させ、活性化する働きがあり、集中力を維持して記憶力アップにつながる効果があるといわれています。
また、脳の神経細胞を死滅させてアルツハイマー病の原因になるタンパク質を減少させる作用も報告されており、脳の活性化や記憶力の維持に力を発揮します。
そのため、カフェインが含まれている緑茶などに青汁を溶かして飲むことでそれぞれの記憶力に有効な成分の効果を同時に得ることができます。
青汁にはカフェインが含まれている抹茶が配合されたものもありますので、抹茶入りの青汁を飲むことも良いでしょう。

3-6.脳のエネルギー源であるブドウ糖を青汁に溶かして飲む

ブドウ糖は脳のエネルギー源になる唯一の成分です。
人体は植物に含まれているデンプンを分解して体内で合成する他、食品から直接ブドウ糖を補給してエネルギー源として活用します。
ブドウ糖は水分に溶けやすい性質があるので、青汁にブドウ糖を溶かして飲むことで、脳のエネルギー源であるブドウ糖と、ブドウ糖を代謝してエネルギーとして使用する際に必要なビタミンB1、その他の記憶力アップに有効な成分が同時に摂取できます。
そのためブドウ糖入りの青汁はより高い記憶力アップ効果を期待できるといえます。

4.記憶力がアップすると人生が開ける

現代社会では記憶力が必要な場面がたくさんあります。
受験などの試験や会社での仕事の能率アップにも記憶力が必要ですし、より優れた記憶力の持ち主が大きな成果を残しやすいといえるでしょう。
青汁を飲み記憶力をアップすることは、人生をより豊かにするために効果的であるといえます。

5.青汁を飲み記憶力アップをしよう

いかがでしたでしょうか?青汁には記憶力アップに必要な各種栄養素が含まれています。
普段の食事からも健康な心身の維持に必要な栄養素をしっかりと摂取し、さらに青汁を飲むことで記憶力アップが期待できます。
青汁を飲み、健康を維持しながら記憶力をアップしましょう。

トップに戻る