青汁による病気の予防(更年期障害)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(更年期障害)

更年期障害は多くの女性が悩んでいる障害のひとつです。
辛い症状が続く更年期障害の予防に青汁は効果的です。
今回は青汁の更年期障害予防効果について詳しくお伝えします。

1.更年期障害とは

更年期障害は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌の急激な減少によって起こる様々な不快な症状です。
エストロゲンは30代の中盤で一番多く分泌され、その後徐々に減少してゆきます。
しかし、40代の中盤で急激な減少が始まります。
エストロゲンの分泌の急激な減少に、多くの場合女性の身体は混乱してしまいます。
そのため生理不順やのぼせ、腰痛や冷え性などの身体的な症状や、イライラ不安感の増加、不眠などの精神的な症状が表れます。
更年期障害の症状は人により様々です。
生活に支障をきたすほどの重い症状がでる人もいれば、ほとんど自覚症状がない人もいます。
また、最近では30代や40代前半の女性でも更年期障害が表れる場合があります。
この若年性更年期障害の原因は、ストレスや不規則な食生活、偏食や無理をしたダイエットなどが原因といわれています。
それらの原因の改善が若年性更年期障害を改善するために必要です。
青汁は食生活のバランスを整え、ストレスの軽減やホルモンバランスの改善などにも効果を発揮する飲み物なので、若年性更年期障害や更年期障害の予防に効果的といわれています。

2.更年期障害を予防する青汁の力

青汁には更年期障害を予防する効果が期待できます。
この章では青汁に含まれている更年期障害を予防する有効成分と、その働きについて詳しくお伝えします。

2-1.ホルモンのバランスを整える亜鉛

亜鉛は牡蠣などに多く含まれている成分です。
タンパク質の合成に関わり、正常な細胞の維持をするために必要で、特に舌の味覚を感じる部分である味蕾や精子など、生まれ変わりが早い細胞に多く存在しています。
生殖機能の向上にも効果を発揮するため、男性向けのサプリメントにも配合されている成分ですが、女性ホルモンにも働きかけます。
亜鉛は女性ホルモンの分泌を活性化させる働きがあり、女性ホルモンの急激な減少を抑え、更年期障害を予防する効果が期待できます。

2-2.ホルモンの分泌を促すビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用があり、身体を余剰に発生した活性酸素による酸化から守ります。
活性酸素により細胞や血液中の脂質などが酸化されると、様々な病気や老化の進行の原因となります。
ビタミンEの力で健康な細胞が保たれると、身体全体の機能が向上するので更年期障害の予防にも効果が期待できます。
また、ビタミンEは卵巣に蓄えられその機能を維持し、ホルモンの分泌を調整する脳下垂体にも働きかけます。
更年期障害が始まる44代半ばの女性や、若年性更年期障害が疑われる女性は、ビタミンEの積極的な摂取でホルモンバランスが整えられ、更年期症状を予防、軽減する効果が期待できます。
さらにビタミンEには毛細血管を拡張させて血流を改善する働きもあるので、冷え性を改善し、冷えによる生理機能の低下を予防する効果も期待できます。
青汁を飲みビタミンEが補給されると、これらの優れた効果が期待できます。

2-3.ストレスに対抗するビタミンC

ビタミンEと共に強力な抗酸化作用で身体を活性酸素の害から守るビタミンCは、ストレスに負けない心身をつくるためにも必要なビタミンです。
人間はストレスを感じると、副腎より抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンを生成して心身を守ります。
この副腎皮質ホルモンの生成に必要な成分のひとつがビタミンCです。
そのためビタミンCはストレスを感じると大量に消費されます。
十分な量のビタミンCを摂取していれば、副腎皮質ホルモンがしっかりと生成されてストレスに対抗できますが、ビタミンCが不足すると生成が間に合わず、ストレスの害を受けやすくなります。
その結果、若年性更年期障害や、更年期障害の症状が重くなる場合があります。
ビタミンCは青汁に含まれている代表的な栄養素のひとつです。
青汁を飲みビタミンCを補給すると、ストレスに負けない心身の養成につながり、更年期障害の予防、軽減が期待できます。

2-4. 正常な自律神経を守るビタミンB1

糖質を分解してエネルギーを生みだすために必要なビタミンB1は、米などから糖質を多く摂取する日本人にとって大切な成分です。
ビタミンB1は神経の働きを正常化させる作用もあります。
そのため更年期障害による自律神経の乱れを予防、軽減する効果が期待できます。

2-5.女性ホルモンの働きを助けるビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質や神経伝達物質の合成に関わるビタミンで、健康な肉体の維持や成長促進に効果を発揮する成分です。
ビタミンB6はエストロゲンの分泌に関わり、ホルモンのバランスを整える働きがあります。
ビタミンB6の働きでエストロゲンの分泌が促進されると、急激なエストロゲンの減少を軽減できるため、若年性更年期障害や更年期障害を予防する効果が期待できます。
また、ビタミンB6の作用でホルモンのバランスが整うと、更年期障害と似た症状がでる月経前症候群を予防する効果も期待できます。

2-6.精神を落ち着かせるカルシウム

カルシウムは骨や歯を形成する成分であると共に、神経の伝達を正常化する働きもあります。
更年期障害の症状にはイライラや不安感などの精神的なものが表れる場合があります。
カルシウムは神経に働きかけてイライラや興奮を鎮め、精神を安定させる効果があります。
そのため、青汁などからのカルシウムの摂取は、更年期障害によるイライラなどを軽減させることにつながります。
さらに、カルシウムの作用でストレスが軽減されると、ストレスが更年期障害を悪化させてしまう悪循環を止める効果が期待できます。

2-7.トリプトファンが不快感を予防する

青汁に含まれているトリプトファンは必須アミノ酸の一種です。
トリプトファンは体内でセロトニンと呼ばれる神経伝達物質の材料として使用されます。
セロトニンは不快感を鎮める作用や快眠を促す効果が確認されている物質です。
そのため更年期障害によるイライラや不安などの不快感を予防、軽減する効果が期待できます。
また、トリプトファン自体には鎮痛作用があるため、更年期障害の症状のひとつである頭痛や腰痛の予防や軽減効果も期待できます。

3.更年期障害予防効果のために相性が良い成分

青汁には前章でお伝えしたような、様々な更年期障害の予防や軽減に有効な成分が含まれています。
そのため青汁を飲むだけでも大きな効果が期待できますが、青汁と相性が良い成分を同時に摂取すると、さらに高い予防効果が期待できます。
ここでは更年期障害を予防、軽減するために、青汁と相性が良い成分についてお伝えします。

3-1.エストロゲンに似たイソフラボン

大豆にはイソフラボンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。
イソフラボンは体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を発揮します。
更年期障害は急激なエストロゲンの減少に脳が混乱して起こります。
イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすると共に、エストロゲンの分泌を促します。
その結果、エストロゲンの急激な減少が抑えられ、更年期障害を予防する効果が期待できます。
さらにイソフラボンは、エストロゲンが過剰に分泌された際には、その分泌を抑制して適正な量に調整する働きもあります。
これらの効果を得るために、更年期障害にさしかかる40代半ばの女性はもちろん、若年性更年期障害になる可能性のある30代の女性にも、積極的なイソフラボンの摂取をおすすめします。
その際に青汁と一緒にイソフラボンを摂取すると、青汁の有効成分も同時に摂取できるので効果的です。
青汁とイソフラボンを同時に摂取する簡単な方法は、水の代わりに豆乳で青汁を割って飲む方法です。
また、大豆食品の中で一番イソフラボンが含まれているといわれているきな粉を混ぜる方法もおすすめです。
この場合は青汁専用のシェイカーを使用すると混ぜやすいでしょう。

3-2.神経の働きを維持するビタミンB12

ビタミンB12はビタミンB1と共に、神経の働きを正常化する作用があります。
そのため更年期障害によるイライラや興奮、不安を鎮める効果が期待できます。
ビタミンB12はレバーやチーズ、サンマなどの動物性食品に多く含まれています。
それらの食品を摂取する際に青汁を同時に摂取すると、相乗効果が期待できます。
より安定して青汁とビタミンB12の効果を得るには、青汁を飲むと共に、ビタミンB12のサプリメントを摂取する方法が良いでしょう。

4.青汁を飲み、更年期障害を予防しよう

いかがでしたでしょうか?青汁には更年期障害を予防する効果が期待できる他、冷え性を改善し、美肌を守るなどの効果も期待できる、女性に嬉しい飲み物です。
青汁は継続して飲むことでその効果を発揮します。
そのため、できるだけ早いうちに青汁を飲む習慣をつけると、より高い更年期障害予防効果ができるでしょう。
青汁を飲み、女性ホルモンのバランスを整え更年期障害を予防しましょう。

トップに戻る