青汁による病気の予防(生理痛)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(生理痛)

毎月訪れる生理痛は、人によっては起き上がることも辛くなる大変なものです。
青汁には生理痛を予防する成分が含まれており、生理痛の予防に効果的な飲み物です。
今回は青汁の生理痛予防効果について詳しくお伝えします。

1.生理痛とは

生理痛とは女性の月に一度訪れる生理に伴う痛みです。
一口に生理痛といってもその症状は女性により様々です。
最も多い症状は腹痛で、半分以上の女性が感じる症状です。
その他に腰痛や頭痛、倦怠感や吐き気、イライラ、情緒不安定などの症状があり、重い症状が続くと日常生活に支障をきたす場合もあります。
生理痛にはプロスタグランジンというホルモンが関係しています。
生理前は妊娠に備えて子宮内を子宮内膜という膜が覆っています。
この膜は生理がくると剥がれ落ち、古い血液と共に体外に排出されます。
この際にプロスタグランジンの働きで子宮が収縮します。
子宮が収縮すると子宮内膜を剥がすことができるのですが、同時に痛みが伴います。
この痛みは個人差があり、プロスタグランジンの分泌量が多い女性や、子宮の出入り口が狭いと強い痛みを感じる女性が多いようです。
また、冷え性は血液の循環を悪くし、プロスタグランジンの滞りを生み、痛みを強くしてしまう場合があります。
その他にもストレスによるホルモンバランスの崩れも生理痛を強くしてしまう原因です。
ストレスにより生理痛が強まり、その痛みや不快な症状がさらにストレスとなり、生理痛を悪化させてしまうという悪循環に陥るケースがあります。
これらを予防するには女性ホルモンのバランスを整え、血液の循環を良くし、ストレスの解消が必要です。
青汁にはこれらの効果を発揮する成分が含まれており、生理痛を予防、軽減させるために適した飲み物といえます。

2.生理痛を予防する青汁の力

青汁には生理痛を予防、または軽減させる効果が期待できます。
この章では青汁の生理痛予防効果に有効な成分や、その働きについて詳しくお伝えします。

2-1. 亜鉛がホルモンの働きをサポート

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、生理不順に陥り、不安定化した生理に伴い生理痛が強まる場合があります。
亜鉛は性機能の正常な働きの維持に力を発揮する成分で、女性ホルモンの分泌を活性化する働きがあります。
女性ホルモンの分泌を活性化させると、女性ホルモンの正常なバランスが維持され、生理痛を予防、軽減させる効果が期待できます。
亜鉛は青汁に含まれている代表的な栄養素のひとつです。
青汁を継続して飲み亜鉛を補給すると、女性ホルモンの正常な分泌の維持ができるでしょう。

2-2.ビタミンCがストレスに耐性をつくる

ビタミンCは免疫力の向上や美肌を守る効果など、人体に有益な様々な効果がある成分です。
ビタミンCは、ストレスに対抗するために必要な副腎皮質ホルモンを生成する際に大量に消費されます。
そのためストレスを多く感じ、そのストレスが原因で生理痛が強まっている人は、ビタミンCを多く摂取する必要があります。
少なくとも成人の1日の推奨摂取量である100㎎を下回らないよう心掛けることでストレスに耐性をつくり、ストレスによる生理痛の悪化の予防、改善が期待できるでしょう。
青汁の主な原料であるケールや大麦若葉、明日葉には、収穫時期や原産地で多少の差はありますが、100g中にそれぞれケールが約80mg、大麦若葉が約117㎎、明日葉が約40㎎のビタミンCが含まれています。
そのため青汁にはビタミンCを補給してストレスに耐性をつくり、生理痛の悪化を予防、緩和する効果が期待できます。

2-3.パントテン酸がストレスを抑える

パントテン酸は三大栄養素を代謝してエネルギーを生みだす身体の仕組みに関わる他、ストレスを抑える効果もあり、ストレスによる生理痛の悪化を予防するために効果的な成分です。
人間の体はストレスを感じると、ストレスに対抗するために副腎皮質ホルモンを生成します。
副腎皮質ホルモンが不足すると、ストレスに抵抗する力が弱まってしまいます。
パントテン酸は副腎の機能を高めて、ビタミンCと共に副腎皮質ホルモンの分泌を促してくれます。
その結果少々のストレスには負けない心身が形成され、ストレスによる生理痛の悪化を予防、軽減させる効果が期待できます。

2-4. ビタミンB6が女性ホルモンのバランスを整える

ビタミンB6はタンパク質の合成や、神経の正常な働きを維持するために必要な成分です。
さらにビタミンB6には女性ホルモンのバランスを整える働きもあります。
女性ホルモンのバランスが崩れると生理不順に繋がり、生理痛が強まってしまう可能性があります。
ビタミンB6をしっかりと補給し女性ホルモンのバランスが整うと、生理不順が予防されて生理痛を予防、軽減させる効果が期待できます。

2-5.ビタミンEが血行を促進

ビタミンEは毛細血管を拡張して血行を促進します。
血行が促進されると冷え性の改善に繋がり、生理痛の予防、緩和が期待できます。
またビタミンEは卵巣にも存在し、女性ホルモンの代謝を促す働きもあります。
ビタミンEの働きで生殖機能の正常な働きが維持されると、生理不順による過度な生理痛を予防、緩和が期待できます。

2-6. 鉄が正常な血液を生成する

生理中に不足しやすい成分のひとつが鉄分です。
生理中の出血に伴い鉄も体外に排出されてしまうので、女性は特に鉄の不足に気をつけましょう。
鉄が不足したままの状態でいると、血液中のヘモグロビンの酸素の運搬力が低下するため、貧血が起こりやすくなります。
その結果、回復力も衰えてしまうので生理痛の回復も遅くなる場合があります。
青汁に含まれている鉄は、非ヘム鉄と呼ばれる吸収率が低いとされる鉄です。
しかし、同時に鉄の吸収率を上げるビタミンCも含まれているので、非ヘム鉄の吸収率が良くなるとされています。
普段から青汁を継続して飲み鉄不足を防ぐと、生理痛の軽減や貧血の予防が期待できます。

2-7. カルシウムがストレスを緩和する

カルシウムは骨や歯の主要な構成成分であると共に、神経の伝達を正常化する作用もあります。
カルシウムの働きで神経が正常に機能すると、ストレスによるイライラや興奮が鎮まり、落ち着きを得る効果が期待できます。
その結果、ストレスが原因である自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れが予防され、それらが原因で悪化する生理痛の予防、軽減が期待できます。
青汁にはカルシウムや、カルシウムと同様に神経の正常な働きを促すマグネシウムが含まれています。

3.生理痛予防効果のために相性が良い成分

ここでは青汁の生理痛予防効果を高める、青汁と相性が良い成分を紹介します。
この章で紹介する成分が配合された青汁を飲む、またはご自身で組み合わせると、より高い生理痛予防効果が期待できます。

3-1.ショウガが身体を温める

ショウガは古来より漢方で使用され、冷え性の改善などに効果を発揮してきた食材です。
ショウガの辛み成分のジンゲロールは血管を拡張させ、血流を改善して身体を、温め冷え性を改善する効果があります。
冷え性が改善されるとプロスタグランジンの滞りが解消され、生理痛の予防、改善も促されます。
青汁にはショウガ成分が配合されたものがあります。
それらの青汁を購入するか、ご自身でショウガパウダーを適量青汁に混ぜて摂取しても良いでしょう。
ショウガだけでは飲みにくいときはハチミツなどで甘みをだすこともおすすめです。

3-2.大豆イソフラボンと青汁が効く

大豆に含まれているイソフラボンというポリフェノールの一種には、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする特徴があります。
体内でエストロゲンが不足しているときにはエストロゲンの分泌を促し、分泌が過剰な際は抑制して正常な値を維持する作用があります。
エストロゲンは女性らしい健康的でふくよかな身体を作るために必要なホルモンです。
また、生理の正常な周期のコントロールにも関わっています。
通常は年齢を重ねると徐々にエストロゲンは減少してゆきます。
しかしストレスや喫煙、睡眠不足や過剰なダイエットなどで年齢以上に減少してしまう場合があります。
それらの原因でエストロゲンが減少すると更年期障害に似た症状や生理不順が起き、生理痛が強まってしまう恐れもあります。
イソフラボンを摂取しエストロゲンの分泌が促されると、生理不順の改善や生理痛の予防、改善効果が期待できます。

4.青汁を飲み生理痛対策をしよう

いかがでしたでしょうか?生理痛は毎月おとずれる自然の摂理によって起こる痛みです。
しかし、その痛みの強さは、食生活の改善や身体を温めるなど本人の工夫で緩和や予防が可能です。
青汁には生理痛を悪化させる要因に有効な成分が含まれています。
青汁を普段から継続して飲むと有効成分が効果的に働き、生理痛の痛みの緩和が期待できます。
青汁を飲み、生理痛対策をしましょう。

トップに戻る