青汁による体質・体調改善(冷え性)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(冷え性)

冷え性は手足の先が冷え、だるさなどの症状がでる辛いものです。
冷え性を改善するには血行を改善することが必要です。
青汁は冷え性改善に効果的です。
今回は青汁の冷え性を改善する効果について詳しくお伝えします。

1.冷え性の原因

冷え性の原因は複数あります。
血圧の低下や貧血などの血行不順、ストレスによる自律神経の乱れ、筋肉量が少ないことで発熱が不十分なことが主な原因です。
また、女性の場合は更年期における女性ホルモンのバランスの崩れによる体温調節機能の不具合も冷え性を引き起こすことがあります。
冷え性の改善にはこれらの原因に対する対策が必要です。
青汁には冷え性改善に有効な成分が多数含まれています。
そのため青汁を飲むことで、冷え性を改善する効果が期待できるのです。

2.冷え性を改善する青汁の力

青汁にはこれから紹介する冷え性を改善する成分が含まれています。
青汁のどのような成分が有効なのか、それぞれの成分について詳しくお伝えします。

2-1.イソサミジンが冷え性を改善

青汁の原料のひとつである長命草は、沖縄地方などの暖かい地域で古くから健康に良い食材として親しまれてきました。
長命草にはイソサミジンと呼ばれる成分が含まれています。
イソサミジンには血管を拡張させる作用があり、血行を促進させ冷え性で滞りがちな手や足の末端を温め、冷え性を改善する効果があります。

2-2.ナイアシンが血行促進

ビタミンB群の一種であるナイアシンには毛細血管を拡張させる作用があります。
そのため青汁などからナイアシンを摂取すると、毛細血管の血行が促進され温かい血液が巡るようになるので、冷え性の改善が期待できます。
また、ナイアシンは脂質や糖質からエネルギーを作りだし、身体を温める作用もあります。
食事から糖質や脂質を摂取する際は、ナイアシンが多く含まれた青汁を一緒に飲むことでエネルギーを作りだす作業を促進させることができます。

2-3.ビタミンEが血流改善

ビタミンEは強力な抗酸化作用で細胞を活性酸素の害から守り、老化の進行や病気を未然に予防する効果があります。
この抗酸化作用は血液中のコレステロールの酸化を防ぐと共に、すでに酸化してしまった過酸化脂質の分解も促します。
その結果、血液をサラサラな状態で保つ作用があります。
サラサラな血液は毛細血管を流れやすいので、温かい血液がよく巡り冷え性を改善する効果があります。
さらにビタミンEは毛細血管を拡張して血行を改善する作用もあります。
この2つの作用で冷え性を改善する効果が期待できるのです。

2-4.カルシウムが冷え性に効果を発揮

骨や歯の硬さを維持するために必要なカルシウムは、精神にも作用をします。
カルシウムにはストレスによる神経の興奮を鎮めてイライラを抑える働きがあります。
冷え性の原因のひとつに、ストレスによる体温調節機能の低下があります。
その対策としてカルシウムを摂取し、ストレスによる精神的なダメージを抑えることで体温調節機能の正常な働きを維持することができます。
その結果、冷え性が改善され、健康な身体を維持することが期待できます。
青汁はカルシウムの補給にも適した飲み物です。

2-5.女性ホルモンを活性化する亜鉛

青汁に含まれている亜鉛は、正常な味覚の維持や男性の生殖機能の健康などに必要なミネラルです。
亜鉛には女性ホルモンを活性化する作用もあります。
更年期の女性はホルモンのバランスが崩れやすく、更年期障害になる人もいます。
この更年期障害の症状のひとつに冷え性があります。
青汁を飲むことで亜鉛を摂取すると、女性ホルモンを活性化しバランスを改善するので冷え性改善が期待できます。

3.青汁の冷え性予防、改善効果をさらに高める方法

青汁には冷え性を改善する効果があります。
この章ではその効果をさらに高める方法について詳しくお伝えします。
どの方法も簡単にできるものばかりですので、自分に合う方法を続けその効果を実感してみましょう。

3-1.シトルリンが含まれた食品と共に青汁を飲む

シトルリンは血液内で一酸化窒素を増加させて血管を拡張させます。
この作用は末梢の血管にも作用し、身体の隅々まで血行を促進して冷え性を改善する効果が期待できます。
シトルリンはスイカに多く含まれており、ゴーヤにも含まれる成分です。
しかし、年間を通してそれらの食材から安定して補給することは難しいため、サプリメントでの補給が適しています。
青汁を飲む際にシトルリンのサプリメントと一緒に飲むことで、相乗効果が期待できます。

3-2.コショウを使用した料理に青汁粉末を混ぜる

コショウにはピペリンと呼ばれる成分が含まれています。
ピペリンには血管を拡張する作用があり、血流が改善するので冷え性に効果的です。
さらにピペリンには体内で熱エネルギーを生みだす酵素の働きを促進する作用もあり、体温を上昇させて冷え性を改善する効果も期待できます。
しかし、青汁にコショウをふって飲むことに抵抗がある人は多いと思います。
青汁は長く飲み続けることで効果を発揮する飲み物なので、味の良さも大切です。
そこで青汁を使用した人気メニューである青汁カルボナーラや、青汁クリームシチュー、青汁カレーなど、元々コショウと相性が良くコショウを使用する料理に青汁粉末を混ぜた料理を食べることをおすすめします。
これらの料理を食べることで、おいしく青汁とコショウの効果を同時に得ることができます。

3-3.レモン果汁を青汁に搾る

レモン果汁に含まれるビタミンCにはストレスに耐性を持たせる副腎皮質ホルモンの分泌を促す作用があり、ストレスに強いメンタルを作りだし、ストレスが原因で起こる冷え性の改善に有効です。
また、レモンに含まれるルチンには毛細血管を強くし血行を促進し、冷え性を改善する効果もあります。
青汁にレモン果汁を少量搾ることで、これらの効果と青汁の効果を同時に得ることができます。

3-4.青汁紅茶で冷え性改善

紅茶は漢方では身体を温める作用があるお茶に分類されます。
お茶の葉は発酵が進むと身体を温める作用が高まるとされており、紅茶は最も発行が進んだお茶のひとつです。
また、紅茶に黒糖を溶かしたものがさらにその効果を発揮するといわれています。
青汁を紅茶に溶かした青汁紅茶を飲むことで、青汁と紅茶の冷え性を改善する効果を同時に得ることができます。

3-5.ショウガパワーと青汁の組み合わせ

ショウガは古代中国ではすでに漢方薬に配合されていました。
ショウガには血管を拡張させて血流を促進し、冷え性を改善する効果がある他、身体自体を温めることで冷え性を改善する効果もあります。
ショウガを摂取すると、数時間はこの身体を温める作用が続き冷え性を改善するといわれています。
温かい紅茶に黒糖、青汁粉末を溶かしショウガをすりおろしたものを加えることで相乗効果が期待できます。

3-6.筋トレの前後に青汁を飲む

筋肉を増加させると身体の発熱機能が高まります。
そのため筋トレは冷え性の改善に効果的です。
筋トレの前後に青汁を飲むことで、筋肉の発達に必要なタンパク質や、血流を改善させるビタミンEなどの成分が補給でき、効果的に筋肉を増加させ、冷え性になりにくい身体を作ることができます。
また、この際にプロテインを青汁と一緒に飲むことで、さらに大きな効果が期待できます。
普段から運動不足の人は筋トレではなく軽い運動をして汗をかくだけでも血行を促進し、体温の調節機能を高めることができます。

4.青汁を飲む際の注意点

冷え性の人が青汁を飲む際には注意が必要な場合があります。
青汁は一般的には冷えた状態で飲みます。
ケールや大麦若葉などの青い野菜を原料に作られた青汁は、冷えた状態で飲むと身体を冷やすことがあります。
特に冷え性の人は冷たい青汁を飲むことで一時的に身体がより冷えてしまうことも考えられます。
そのため冷え性の改善のために青汁を飲む場合は、青汁を温めてから飲む方が良いでしょう。
ただし、青汁の中には温めると苦みが増すものもありますので、試供品やお試しセットなどで温めた味を確かめてから本格的に購入することをおすすめします。
もちろん青汁には冷え性改善に有効な成分が含まれていますので、ご自身に合う飲み方で続けることで冷え性を効果的に改善してくれる強い味方になってくれるでしょう。

5.青汁を飲み、冷え性体質を改善しよう

いかがでしたでしょうか?青汁を飲むことで辛い冷え性の体質は改善させることが期待できます。
体質の改善は青汁の得意とする分野です。
即効性は期待できませんが、飲み続けることでその効果を実感できるでしょう。
青汁を飲み、冷え性を改善して健康な身体を作りましょう。

トップに戻る