青汁の飲み合わせ(プロテイン)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の飲み合わせ(プロテイン)

筋肉増強に効果的な成分として知られるプロテインは、ボディビルダーやスポーツ選手が盛んに摂取している成分です。
最近では、身体を鍛えながらダイエットをする女性にも人気があります。
今回は、このプロテインと青汁の飲み合わせについてお伝えします。

1.プロテインと青汁の飲み合わせ

青汁を飲む人は主に健康効果や美容効果を得るために青汁を飲んでいます。
そしてプロテインを飲んでいる人は、筋肉増強やスポーツでのパフォーマンスを上げるために飲む人が多いようです。
それぞれ効果に違いがある青汁とプロテインは、同時に摂取するとメリットはあるのでしょうか?実は青汁とプロテインの飲み合わせには、それぞれの効果の増大が期待できます。
そのため、おすすめの飲み合わせといえるのです。

2.プロテインとは

そもそもプロテインとはどのような成分なのでしょうか?プロテインとはたんぱく質のことです。
たんぱく質はアミノ酸を元に構成される成分で、脂質や炭水化物と並ぶ三大栄養素のひとつとして人体に必須な栄養素です。
1日の必要量も他の栄養素に比べて多く、成人男性で60g、成人女性で50gもの量が推奨されています。
また、スポーツ選手などは、さらに多くのプロテインの摂取が必要になる場合もあります。
プロテインは体内で筋肉を始め内臓や髪、肌などを構成する成分として使用されます。
また、エネルギー源としても使用され、生命活動の維持に大切な役割をはたしている成分です。
プロテインが不足すると、筋力の低下や内臓機能の低下など、体中に症状があらわれる恐れがあります。
そのため食事やサプリメントから、適量のプロテインの補給が求められます。

3.プロテインの効果

ここではプロテインの様々な効果についてお伝えします。
プロテインは植物性のものと動物性のものがあり、どちらもバランスよく摂取すると質の良いたんぱく質が体内で合成されるとされています。
バランスの良いプロテインの補給を心掛け、この章でお伝えするような効果を得ましょう。

3-1.筋肉の増強効果

筋肉の主な構成成分はプロテインです。
プロテインを摂取すると体内で再合成され、筋肉の材料として使用されます。
人間の身体は毎日多量のプロテインが必要です。
特に筋肉を増強するためには、不足しないように毎日プロテインを摂取し、トレーニングを行いましょう。
筋肉への刺激とプロテインの補給を並行して行うと、筋肉が増強されてゆきます。
しかし、肉や大豆などから必要なプロテインをすべて補給しようとすると、他の成分も同時に摂ることになるので効率が良くありません。
特に肉類は脂肪も含まれており、脂肪の摂りすぎになる可能性もあります。
食品からプロテインを摂取しつつ、サプリメントなど凝縮されたプロテインを摂取すると効率的です。

3-2.免疫力の向上

プロテインは筋肉だけではなく、免疫機能があるマクロファージやリンパ球などを生成する際に使用される成分です。
マクロファージは外部から侵入してきた害がある異物を攻撃して無害化する抗体です。
また、リンパ球はウィルスの侵入を阻止します。
プロテインを摂取するとこれらの抗体が正常に生成されるので、免疫力の向上が期待できます。

3-3.血管を丈夫にする効果

血管もプロテインを主な構成成分として作られている組織です。
そのためプロテインを摂取すると、丈夫な血管を形成します。
血管が丈夫になると、脳出血などの血管のトラブルを未然に防げる可能性が高まります。

3-4.美肌を保つ効果

肌の主成分もたんぱく質により構成されています。
そのためプロテインを補給すると、しっかりと肌に必要なたんぱく質が再構成されます。
そのためプロテインの摂取は、美肌作りに効果的です。
大豆由来のプロテインには、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれているものもあります。
大豆イソフラボンは女性らしいきめの細かい肌を維持するために効果的です。
より効果的に美肌効果を得るには、大豆イソフラボンが含まれたプロテインを摂取するとよいでしょう。

3-5.体機能の正常な調節をサポートする

プロテインは身体の様々な機能の調整や発達に関わる、成長ホルモンを生成します。
また、血糖値をコントロールするインスリンも生成します。
そのため、身体の様々な機能の調整に必要な成分です。

4.青汁との飲み合わせで得られる効果

プロテインは単体でも大きな効果が得られる成分です。
さらに青汁との飲み合わせで、より優れた効果を得られます。
ここでは、青汁とプロテインの飲み合わせで得られる効果について、詳しくお伝えします。

4-1.ビタミンB6がプロテインの代謝をサポート

青汁に含まれるビタミンB6は、たんぱく質の分解、合成に関わる成分です。
青汁とプロテインを同時に摂取すると、ビタミンB6がプロテインを分解して再合成します。
そのためスムーズにプロテインが体内で使用され、その効果をいかんなく発揮してくれます。

4-2.貧血の予防効果が高まる

貧血の主な原因は鉄不足です。
鉄が不足すると、酸素を運ぶヘモグロビンが正常に形成されずに貧血を引き起こしてしまいます。
ヘモグロビンは鉄とたんぱく質で構成されるので、たんぱく質が不足しても貧血になる場合があります。
青汁とプロテインの飲み合わせは、鉄とプロテインが同時に補給できるため正常なヘモグロビンの形成に効果的です。
さらに青汁には、青汁に含まれる非ヘム鉄の吸収率を高めるビタミンCも含まれています。
そのため、それぞれを別々に摂取するよりも、効果的に貧血を予防できる可能性が高まります。

4-3.動脈硬化の予防効果が高まる

プロテインは血管の材料となり、丈夫な血管を形成します。
青汁には血管や血液に含まれるコレステロールを酸化による劣化から守る、ビタミンEなどの抗酸化物質が含まれています。
そのため、青汁とプロテインの飲み合わせをすると、丈夫な血管を形成しつつ劣化からも守ることが可能です。
その結果、血管の劣化や血液中のコレステロールの酸化が原因で発症する動脈硬化を予防する効果が高まります。

4-4.免疫力のさらなる向上

プロテインはマクロファージなどの抗体を生成し、身体を外部から侵入した異物から守ります。
一方で青汁には、腸内環境を整え免疫細胞を活性化させる食物繊維や、白血球を強化するビタミンCが含まれています。
青汁とプロテインの飲み合わせをすると、これらの成分が同時に摂取できるので免疫力のさらなる向上に効果的です。

5.青汁との飲み合わせの際のポイント

青汁とプロテインの飲み合わせは、様々な相乗効果を発揮することが分かりました。
ここでは、効果的に飲み合わせの効果を引き出すためのポイントについてお伝えします。
プロテインは筋肉増強やスポーツのパフォーマンス向上目的で摂取する場合、運動後45分以内に摂取するとよいとされています。
そのため、それらの効果を望む人は青汁と飲み合わせる場合も同じタイミングで摂取するとよいでしょう。
青汁に含まれるビタミンB6がプロテインの分解、合成を促進してくれる効果も期待できます。
また、美肌効果や免疫力の向上を目的とする人は、普段の食事と共に青汁とプロテインを摂取すると良いでしょう。
人間は通常、普段の食事から栄養素を補給していいます。
ですので、そのタイミングで青汁とプロテインを同時に摂取すると、無理なく有効成分を補給できます。
特におすすめは朝食時の摂取です。
朝は身体が睡眠から目覚め、栄養を欲している状態です。
そのタイミングで青汁とプロテインを同時に摂取すると速やかに栄養が補給され、効果が実感しやすいからです。
このように、青汁とプロテインを最適なタイミングで摂取すると、より効果が実感できるといえます。

6.プロテインを配合した青汁

青汁の中にはプロテインを配合したものも販売されています。
より手軽に青汁とプロテインの飲み合わせをしたい人は、そのような青汁を購入しても良いでしょう。
ただし、すでにプロテインをサプリメントなどから補給している人は過剰摂取にならないよう、プロテインの摂取量に注意しましょう。

7.青汁とプロテインの相乗効果を得よう

いかがでしたでしょうか?青汁とプロテインは組み合わせて飲むことで、相乗効果が期待できます。
日々の健康や美容のため、青汁とプロテインから身体に必要な栄養を補給しましょう。

トップに戻る