青汁の副作用(発疹)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の副作用(発疹)

青汁の副作用として、稀ですが発疹がでる場合があります。
本来健康効果や美容効果を発揮する青汁が、なぜ発疹の原因になるのでしょうか?今回は青汁の副作用のひとつ、発疹とその予防方法について詳しくお伝えします。

1.青汁が原因の発疹

発疹は皮膚の炎症の一種です。
発疹の症状がでている部分の皮膚が膨れ、赤く変色したり、強いかゆみを伴います。
症状がひどい際は痛みを感じる人もいます。
青汁はビタミンAやビタミンCなど、美しい肌を作るために必要な成分を含んだ食品です。
しかし、青汁の副作用として発疹が出てしまう人がいることも事実です。
青汁が原因の発疹は、青汁を飲んだ直後、または青汁を飲み始めてから発症するので、青汁を原因と特定することは比較的容易といえます。
多くのケースで青汁が原因の発疹は、青汁の何が発疹を引き起こしているのかを究明し、改善策を実行すると改善してゆきます。
発疹の改善後は継続して青汁の摂取も可能となるので、発疹の心配をせずに青汁の健康効果が得られるでしょう。

2.なぜ青汁で発疹がでるのか?

なぜ青汁を飲むと発疹がでるのでしょう?発疹がでる人の体質や青汁の飲み方などにより、その要因は様々です。
ここでは発疹の原因について、原因ごとに詳しくお伝えします。
青汁を飲むと発疹がでてしまう人は、思い当たる原因の対処法を参考にして、発疹を予防、改善しましょう。

2-1.アレルギー反応

青汁は免疫力を正常化してアレルギー体質を改善する効果も期待できる飲み物です。
しかし、青汁自体にアレルギー反応が出てしまう人が稀にいます。
アレルギー反応とは一般的には無害な食品や金属などに免疫機能が過剰に反応して起こる症状です。
発疹の他に熱や吐き気、くしゃみなど様々な症状が表れます。
アレルギー反応を抑える治療法には、ステロイドなどの薬を使用する方法や、食事療法があります。
青汁が原因のアレルギー反応による発疹を改善するには、発疹がでてしまう青汁の摂取を止めることが先決です。
その後、原料が違う青汁を飲むなど、アレルギー反応がでない青汁の継続摂取は可能です。
相性が良い青汁を継続して飲めば、免疫機能の正常化によるアレルギー体質の改善が期待できます。
将来的にはアレルギー反応がでていた青汁も摂取できるようになる可能性もあります。

2-2.添加物の影響

青汁には食品添加物として、様々な成分が添加されているものがあります。
食品添加物には、青汁の保存期間を長くする保存料や防腐剤、青汁本来のにおいを抑える香料、甘みを加える人工甘味料などがあります。
保存料や防腐剤は、カビや雑菌の繁殖を防ぎ、食中毒を予防する効果があるため、積極的に採用しているメーカーもあります。
しかし、これらの添加物には複数の化学物質を組み合わせて作られたものがあり、人によっては体調不良や発疹の原因になる可能性があります。
メーカーは定められた基準内でこれらの添加物を使用しているので、健康被害がでるケースは稀ですが、化学物質に敏感な人や、幼い子供は注意が必要です。
添加物の害が心配な人、青汁の添加物が原因で発疹が出た経験がある人は、無添加の青汁を飲むようにしましょう。
無添加の青汁は賞味期限が比較的短く、開封後は腐りやすいので、早めに飲むようにしましょう。

2-3.ストレス

ストレスは自律神経を乱し、体調不良を引き起こすので、様々な病気の原因として知られています。
青汁の摂取にストレスを感じてしまうと、そのストレスが原因の症状が表れることがあります。
ストレスが原因の症状には頭痛や胃潰瘍、免疫力の低下など様々なものがあり、発疹もストレスが原因で起こる症状のひとつです。
青汁を飲むとストレスを感じてしまう原因は、青汁をおいしく感じられないケースがほとんどです。
この場合、青汁をおいしく飲めるように工夫をしたり、おいしく感じられる青汁や、粒状であまり味がしない青汁に切り替えて飲む方法も有効です。
青汁をおいしく飲むための簡単な方法は、自分がおいしいと感じる飲み物で青汁を割って飲むことです。
ただし、青汁の栄養素を損なわない、糖分が控えめな天然由来の飲み物で割りましょう。
最近ではフルーツジュースのような青汁や、抹茶風味の青汁、甘みがある青汁など、実に様々な味の青汁が販売されています。
その中から自分に合う青汁を選べば、ストレスを感じずに摂取が可能になるでしょう。
また、義務感で青汁を摂取している人もストレスを感じながら飲んでいるといえます。
義務感が原因で発疹などが出てしまっては本末転倒ですので、青汁はおいしく、気軽に飲むように心掛けましょう。
その方がかえってストレスなく青汁を摂取できるので、本来の健康効果や美容効果が期待できます。

2-4.葉酸の過剰摂取

葉酸は胎児の成長に欠かせない栄養素で、妊婦の女性が積極的に摂取すべき成分です。
しかし、葉酸の過剰摂取は熱を伴う発疹がでるケースが報告されているので、注意が必要です。
葉酸の1日の推奨摂取量は成人の男性女性共に240μgです。
ある青汁には1回分の量で約9μgの葉酸が含まれています。
この量は摂取量の上限まで十分に余裕があるため、青汁だけでは葉酸の過剰摂取になる心配はありません。
しかし、サプリメントからも葉酸を摂取している人は、総量で過剰摂取になってしまう可能性がありますので、注意が必要です。
葉酸の過剰摂取による発疹が疑われる際は、サプリメントの摂取量を減らし、青汁から摂取できる葉酸との総量を減らしましょう。

2-5.デトックス効果

青汁を継続して摂取すると、多くの人は身体が健康になり、体調が良くなる実感をします。
体調が良くなる背景には、身体の排出機能が高まり、有害物質や老廃物が排出され、本来身体が持つ活力が蘇るデトックス効果が挙げられます。
このデトックスは、皮膚でも行われます。
汗と共に老廃物や毒素が排出されてゆくのですが、その過程で一時的に皮膚が老廃物や毒素に反応して発疹がでる場合があります。
蓄積された老廃物や毒素が排出され切れば、発疹も治まりますので、心配する必要はありませんが、気になる人は青汁を飲む量を減らし、ゆっくりとデトックスさせると発疹が出にくくなるでしょう。

2-6.便秘の解消に伴う発疹

青汁は便秘に解消にも有効です。
個人差はありますが、青汁を飲み続けると多くの人が便秘の解消を実感するようです。
長年便秘に苦しんでいる人は、便と共にされる毒素の排出が不十分なため、肌が荒れてしまっている人がいます。
そのような肌荒れも便秘の解消と共に改善されてゆきます。
しかし、一時的に肌から排出される毒素の量が多くなり、発疹がでる場合があります。
この発疹も便秘が解消されるにつれて肌荒れと共に消えてゆきますので、青汁を継続して摂取すると良いでしょう。
万が一便秘が解消しても発疹が消えないときは、他の原因が考えられますので、速やかに医師の診察を受けましょう。

3.自分に合う青汁選びの大切さ

青汁の副作用である発疹は、体内の毒素を排出する際に起きるものや過剰摂取以外は、自分に合う青汁を選び、摂取すると予防、改善できます。
また、他の青汁が原因として考えられる下痢や腹痛などの副作用も、自分に合う青汁に切り替えるだけで改善するケースが多くあります。
それだけ青汁との相性は大切です。
青汁を飲み始めようと思う人には、できるだけ多くの青汁の試飲をおすすめします。
現在では初回限定の無料サンプルや、格安のお試しセットなどもありますので、それらを利用して色々な青汁を試してみましょう。
きっとその違いに驚かれるでしょう。
自分に合う青汁が見つかれば、継続は容易です。
副作用の心配もせずに、青汁を飲み、健康効果や美容効果を得られるでしょう。

4.相性の良い青汁は健康を増進する

いかがでしたでしょうか?相性の良い青汁は健康を増進してくれます。
万が一現在飲んでいる青汁が原因で発疹が出てしまっている人は、早めに相性が良い青汁に切り替えることをおすすめします。
一時的な症状の緩和に抗ヒスタミン薬などの使用も考えられますが、健康のためには青汁を切り替えて体質を改善させる方が良いでしょう。
副作用を予防、改善し、青汁で健康な身体を作りましょう。

トップに戻る