青汁の口コミとランキング
メインイメージ

手軽で飲みやすい!サプリメントタイプの青汁

様々な種類がある青汁、どれを選んだら良いのか迷ってしまいます。
最も飲みやすそうなのは瓶詰めもしくは缶詰のものですが、日持ちさせるための添加物もしくは加熱処理が施されている可能性が大きいです。
携帯にも向きませんから自宅で飲むには最適ですが、急に家を長期離れなければならなくなった時に困ります。
では粉状のものはどうでしょうか。

乾燥していますし分包になっているので携帯に便利です。
最もポピュラーに出回っているパターンですが、製法に注意する必要があります。
フーズドライ製法なら栄養成分はほぼ維持できているケースが多いので、最も信頼できる反面青汁そのものの風味もしっかり残っていて苦手という人は多いです。
風味が苦手という人に人気なのが、粒・カプセルタイプの青汁です。

いわゆるサプリタイプの青汁なので水が無くても飲用できる便宜さがあります。
様々な栄養成分が濃厚に凝縮されているので、栄養成分も充分に摂取できます。
粒にする際に一般に使われている凝固剤が含まれているかどうかを充分に確認してください。
粉末状のものを愛用している人の間で、よく耳にするのはシェーカーで攪拌する面倒くさい作業に対しての不満です。
粒状は、こうした問題もおきないわけです。

では良いことづくしで欠点がないのかというと、けしてそうではありません。
凝固剤や保存剤が一切使われていないとは言い切れない上に加熱処理で乾燥させている場合、栄養成分がかなり破壊されているので、高額なわりにちっとも効果を感じないというものもあります。
消費者であっても添加物へのある程度の予備知識を持っていると役立つ事も多いです。

もちろん添加物一切無しとううたい文句で市販されているものもありますが、口溶けが良い分だけ苦みがしっかり残っていて後味が悪いというものも多くなります。
栄養成分が凝縮されているとはいえ、充分な栄養補給するために1回に服用する粒が多くなるものもあります
粒が大きくて飲み込めないという声も聞こえてきます。
こうしたメリット・デメリット両面をしっかり考慮しながら自分にあう青汁を選んでください。
また、こちらのヒアルロン酸と青汁の違いについての記事も参考にご覧ください。

トップに戻る