青汁による体質・体調改善(ストレス解消)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による体質・体調改善(ストレス解消)

ストレスは現代社会において多くの人が感じていると思います。
そのため様々なストレス解消法がありますが、青汁にはストレスを軽減させる成分が含まれています。
今回は青汁のストレス解消効果について詳しくお伝えします。

1.ストレスとは

ストレスは様々な病気の引き金になるといわれていますが、そもそもストレスとはどのようなものなのでしょうか?
私たちが嫌な出来事や病気の症状、騒音や大気汚染などから不快な刺激を受けると心身がそれに反応します。
その反応がストレスと呼ばれるものです。
軽いストレスは行動力を上げる要因にもなりますが、慢性的なものや重度のものは精神を蝕み、免疫力を低下させるなどして病気の原因となる場合もあります。
そのためストレスを軽減、解消することが大切です。
青汁は様々な健康効果がある飲み物ですが、ストレス解消にもその効果を発揮します。
青汁を飲むことでストレスを軽減、または解消することが期待できるのです。

2.なぜ青汁はストレス解消に効果を発揮するのか

青汁はなぜストレス解消に効果的なのでしょうか?
この章では青汁のストレス解消効果がある成分が、どのようにストレスを軽減、解消するのかについて詳しくお伝えします。

2-1.イライラを鎮めるカルシウムが含まれている

青汁にはカルシウムが含まれています。
カルシウムはマグネシウムと共に歯や骨の主な構成成分になるミネラルですが、イライラを鎮め、精神の安定を保つ効果もあります。
多くの場合、イライラはストレスの反応として表れます。
カルシウムの効果で精神の安定が得られると、イライラが抑えられて気持ちを楽にすることができます。
その結果、精神が快の状態に保たれるのでストレスが軽減されます。

2-2.精神を落ち着かせるマグネシウムが含まれている

マグネシウムにも精神を落ち着かせる働きがあります。
マグネシウムはストレスなどで過剰に興奮してしまった神経を正常な状態に戻す作用があり、精神を落ち着かせて心の健康を保ちます。
青汁にはマグネシウムも含まれているので、ストレスからくるイライラを鎮めるために有効です。

2-3.ストレスに耐性をつくるビタミンCが含まれている

コラーゲンの生成を促し、肌にハリをもたらすビタミンCはストレス対策にも有効な成分です。

2-3-1.ストレスに対抗するホルモンの生成に関わるビタミンC

ストレスが加わると、身体は副腎皮質ホルモンというストレスに対抗するためのホルモンを分泌します。
このホルモンの生成にビタミンCが使用されるので、ビタミンCを十分に摂ることでストレスに耐性を得ることができるといわれています。
カルシウムやマグネシウムはストレスにより発生したイライラや興奮を鎮める効果がありますが、ビタミンCにはストレスそのものに対抗するホルモンを生成する働きがあります。
青汁にはこれらの成分がすべて含まれています。
そのためストレス解消やストレス対策に効果的といえるのです。

2-3-2.抗酸化作用でストレスにより発生した余剰な活性酸素を除去するビタミンC

ストレスがかかると身体は副腎皮質ホルモンを生成してストレスに対抗しますが、その生成や分解の際に余剰に活性酸素が発生してしまいます。
活性酸素は身体を守るために必要ですが、余剰に発生した場合、細胞を傷つけて老化を早め、病気の原因にもなります。
ビタミンCには活性酸素を除去する抗酸化作用があり、ストレスが原因で余剰に発生した活性酸素を除去してくれます。
つまり、ビタミンCにはストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンの生成と、ストレスにより発生した活性酸素を除去する二つの作用でストレスの害を抑える効果があるのです。

2-3-3.免疫力を高めてストレスに強い身体を作る

ビタミンCには免疫力を高める効果もあります。
免疫力が高まると病原菌などに対する抵抗力が高まり、風邪などが引きにくくなります。
ストレスは病気の辛い症状からも発生するので、免疫力を高めて丈夫な身体を作ることは、ストレスに負けない、ストレスを感じにくくする身体を作ることにも繋がります。

2-4.リラックス効果があるアミノ酸が補給できる

青汁にはタンパク質としてアミノ酸が含まれています。
タンパク質は各種アミノ酸から構成されており、体内で分解、再合成されて筋肉などの材料になる他、エネルギー源としても利用されるのですが、アミノ酸にはリラックス効果もあるとされています。
そのためストレスによる精神の不安定さを軽減、解消する効果が期待できます。

2-5.デトックス効果を発揮するクロロフィルはストレス解消にも効果的

クロロフィルは植物が光合成を行いエネルギーの生産をする際に必要な物質で緑色をした成分です。
青汁にも豊富に含まれており、体内で有害物質や老廃物を吸着して排出するデトックス効果があります。
有害物質や老廃物は体内に蓄積すると、毒素などを発生させて人体に悪影響を及ぼします。
精神面でもストレスを生じさせて、不快感やイライラの原因になる場合もあります。
クロロフィルのデトックス効果で有害物質や老廃物が排出されると、それらが原因で生じていた不快感などのストレスの症状も解消されることになります。
このようにクロロフィルは、体内で発生するストレスの解消に効果的な成分といえます。

3.青汁ストレス解消効果をさらに高める方法

青汁はストレス解消に有効な飲み物であることが分かりました。
この章では、青汁のストレス解消効果をさらに高めるための方法をお伝えします。

3-1.緑茶に青汁を溶かして飲む

緑茶にはテアニンと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれています。
このテアニンにはリラックス効果があり、ストレスによる精神の不調を和らげる効果が期待できます。
緑茶に青汁を溶かして飲むことで、青汁のストレス解消効果と共に緑茶のリラックス効果も同時に得ることができるでしょう。
ただし、緑茶には覚醒作用があるカフェインも含まれています。
カフェインを摂りたくない人や、カフェインの作用が体質的に効きやすい人は注意が必要です。

3-2.ハーブティーに青汁を溶かして飲む

多くのハーブティーにはリラックス効果があり、西洋では昔から精神の安定のためにも利用されてきました。
リラックス効果が高いハーブティーにはカモミールティーやジャスミンティーなどがあります。
これらのハーブティーに青汁を溶かして飲むことで相乗効果が期待できます。
また、ラベンダーティーなどは快眠を促す作用があります。
快眠ができると睡眠中にストレスが解消されるので、青汁を飲んだ後に就寝前にラベンダーティーを飲むことや、ラベンダーの香りをかぐことも効果的です。
ハーブティーに青汁を溶かして飲む場合、おすすめはホットですが、ケールの青汁をホットにすると苦みやにおいが強まるので、気になる人は大麦若葉の青汁など苦みやにおいが少ない青汁を溶かすと良いでしょう。

3-3.牛乳に青汁を溶かして飲む

青汁には精神を落ち着かせる効果があるカルシウムやマグネシウムが含まれていますが、牛乳にも同じくカルシウムやマグネシウムが含まれています。
牛乳に青汁を溶かして飲むことでより多くのそれらの有効成分を摂取できるのでおすすめです。
また、青汁は植物性食品、牛乳は動物性食品なので栄養のバランスにも優れています。

3-4.適度な運動をする

適度な運動は血行を促進させ、気分転換もできるのでストレス解消に有効です。
多くの人が運動をすることでストレスを発散させています。
運動をした上で青汁を飲むことで青汁のストレス解消に有効な成分が働き、大きなストレス解消効果が期待できるでしょう。

3-5.快眠を促すメラトニンが含まれているケールの青汁を就寝前に飲む

疲労やストレスは睡眠をとると大幅に減少させることができます。
これは睡眠中に心身の修復作業が行われるからです。
ケールには睡眠と覚醒のリズムを整えることで快眠を促すメラトニンという成分が含まれています。
そのため就寝の数時間前にケールの青汁を飲むことで快眠を促し、ストレスを解消する効果が期待できます。
この際カフェインは覚醒作用があるので、抹茶などカフェインが含まれた青汁を飲むことは避けましょう。

3-6.青汁を飲み続けてストレスに負けない体を作る

ストレスは生きていく上で避けられないものです。
ストレスを避けようとすると余計にストレスが気になり、かえって精神的に良くない場合もあります。
そのためストレスは発生するものと割り切り、有効な対策をすることが大切といえます。
その対策のひとつが普段から青汁を飲み続けることです。
普段から十分にストレス解消に有効な成分を青汁から摂取することで、ストレスが発生しても速やかに解消しやすくなるでしょう。

4.青汁のストレス解消効果はうつ病予防にも効果的

うつ病は精神が落ち込んだ無気力な状態が続く辛い病気ですが、ストレスもその原因のひとつといわれています。
うつ病の原因がストレスの場合、ストレスを軽減、解消することでうつ病を予防することに繋がります。
ストレスが重なり深刻な状態になってしまうと回復にも時間がかかりますので、早めに対策をすることが大切です。
青汁を飲みストレスを軽減、解消することは、ストレスが原因で発症する場合のうつ病の予防にも効果的といえます。

5.自分に合うストレス解消法に青汁の効果をプラス

いかがでしたでしょうか?青汁にはストレスを解消したり、ストレスの症状を抑える効果のある成分が含まれています。
普段から青汁を飲むことでストレスに負けないからだと心を作ってゆくことが大切です。
また、世の中には様々なストレス解消法があります。
人により自分に合うストレス解消法は違いがありますので、自分に合う解消法を見つけ、実践することが必要です。
例えばある人には運動が有効でも、他の人には瞑想や読書などが有効な場合があるからです。
それらの自分に合うストレス解消法を実践しつつ青汁を飲むことで、より高いストレス解消効果を得ることができるでしょう。
いつものストレス解消法に青汁の効果をプラスして、より効果的にストレスを解消してゆきましょう。

トップに戻る