青汁による病気の予防(脳卒中)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(脳卒中)

脳卒中は重い後遺症や死亡の危険がある危険な病気です。
一度発症すると治療が困難なことが多いため、発症する前に予防することが大切です。
青汁には脳卒中を予防するために必要な成分が含まれています。
今回は青汁の脳卒中の予防効果について詳しくお伝えします。

1.脳卒中とは

脳卒中とは、脳の血管のトラブルで引き起こされる病気の総称です。
脳卒中には大きく分けて二つのグループがあります。
一つ目は脳の血管が詰まることで発症するもので、脳梗塞や脳血栓症などがあります。
二つ目は脳の血管が破れてしまうことで発症するものです。
こちらは脳出血やくも膜下出血があります。
どちらも身体の司令塔である脳にダメージを与えるので、ダメージがあった部分が司る身体の機能に障害が発生し、場合によっては死亡することもあります。

1-1.脳卒中の原因

脳卒中の主な原因は動脈硬化といわれています。
動脈硬化は血管が酸化して硬くもろくなることです。
酸化した脂質が徐々に血管に付着してゆくことも動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化では血液の通り道が狭くなることで血管が破れやすくなります。
ここに何らかの衝撃が加わることで血管が破れてしまうと脳出血などの脳卒中を引き起こすのです。
また、悪玉コレステロールや脂質が増えすぎたドロドロの血液も血流を悪くして、血液の流れを止めてしまうこともあります。
脳内で血流が止まってしまうと脳梗塞などが発症してしまうのです。
また血流が悪くなると、血液を流そうとして血圧が上がるため、高血圧も誘発します。
高血圧も血管に負担をかけて脳卒中の温床になる病気です。
青汁はこれらの症状を予防する働きがあり、脳卒中の予防に効果を発揮します。

2.なぜ青汁は脳卒中の予防に効果的なのか

青汁はなぜ脳卒中の予防に効果を発揮するのでしょうか?この章では青汁の脳卒中を予防する成分について詳しくお伝えします。
青汁の脳卒中予防効果について理解を深めてゆきましょう。

2-1.ビタミンC、ビタミンEが血管を守る

青汁に含まれているビタミンCやビタミンEは強力な抗酸化作用で活性酸素の害を防ぎます。
活性酸素には、体内に侵入した細菌などの病気の原因や体調不良の原因になるものを酸化させて無力化する大切な働きがあります。
しかし、活性酸素が余剰に発生してしまうと細胞も傷つけてしまいます。

2-2.活性酸素が血管を酸化

活性酸素の酸化作用は血管も酸化させ、硬くもろくするので脳卒中を引き起こす原因のひとつです。
そして余剰な活性酸素は血液中の悪玉コレステロールや脂質も酸化させます。
酸化した脂質は過酸化脂質となり、血管の壁にこびりつき血管を狭く硬くします。
この症状が進むと脳梗塞などが発症する場合があります。
ビタミンCやビタミンEの抗酸化作用は血管の酸化を防ぎ、血管を守ることで血管が破れてしまうことや詰まることを防ぎます。
その結果、脳卒中を予防することが期待できます。

2-3.葉酸が血栓を予防

胎児の健やかな成長や、赤血球の生成に必要な成分である葉酸は血液の正常な働きを維持するためにも必要です。
葉酸が不足すると血液が血管内で凝固する場合があります。
その結果、血栓と呼ばれる血のかたまりができることがあります。
血栓は動脈硬化や脳卒中の原因のひとつです。
青汁から葉酸をしっかりと補給して、血栓を予防することが大切です。

2-4.ビタミンB2が血液の酸化を防ぐ

ビタミンB2は体内に摂り入れた脂肪を分解してエネルギーに変換するために必要なビタミンです。
さらに、血管の細胞を老化させ、血流を悪くすることで動脈硬化や脳卒中の原因となる過酸化脂質を分解する働きもあります。
そのため青汁などからビタミンB2を摂取し、過酸化脂質の分解を促し血管や血液の健康を保つことで、脳卒中の予防が期待できます。

2-5.血流を改善するクロロフィル

血液中のコレステロールが増えると血液をドロドロにして健康状態を悪化させます。
特に悪玉コレステロールは血液中に蓄積してゆく性質があり、危険性が高いコレステロールです。
コレステロール値が高い状態が続くと血栓ができることもあり、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの病気を引き起こす場合があります。
青汁に含まれているクロロフィル(葉緑素)にはコレステロール値を下げる働きがあります。
その作用の結果、血流が改善されることで脳卒中や動脈硬化などの病気を改善することが期待できます。

2-6.マグネシウムが精神を安定させる

脳出血などの脳卒中の一種は興奮した状態で発症する場合があります。
動脈硬化や血栓が脳の血管を圧迫している状態に怒りなどで興奮すると、血圧が上昇します。
その結果もろくなった血管や圧迫されている血管が破れてしまい、脳出血が起こります。
マグネシウムには神経の興奮を鎮めて精神を安定させる作用があります。
そのため青汁などからマグネシウムを摂取することで、精神の興奮を抑えて脳出血を予防することが期待できます。
青汁にはマグネシウムの他に、先に紹介したビタミンCやクロロフィルなど動脈硬化など脳卒中の原因を予防する成分も含まれているので、総合的に脳卒中を予防する効果を得ることができるといえるでしょう。

2-7.カリウムが血圧を安定させる

高血圧は血管に強い圧力がかかるので、血管に負担をかける脳卒中の原因のひとつです。
高血圧の主な原因にナトリウムの摂りすぎがあります。
日本人は塩分からナトリウムを過剰に摂る傾向にあり、そのことが血圧を上昇させる要因になっています。
ナトリウムは体内でカリウムとバランスをとり存在しています。
ナトリウムを過剰に摂取してもカリウムが足りた状態では、カリウムがナトリウムの排出を促してくれるので、血圧が正常に保たれます。
青汁にはカリウムも含まれていますので、ナトリウムの過剰摂取が原因の高血圧を予防することに効果的です。

3.脳卒中予防効果を高めた青汁

青汁には脳卒中を予防する効果が期待できます。
ここではその効果をさらに高める有効成分を配合した青汁を紹介します。

3-1.ウコンを配合した青汁

ウコンは胃や肝臓の力を高めて食欲増進や解毒作用、二日酔い防止効果があるといわれている成分です。
ウコンには活性酸素を除去する抗酸化作用もあり、血液中の悪玉コレステロールや脂質の酸化を防ぎ、正常な血流や健康な血管を維持するので動脈硬化や脳卒中を予防する効果が期待できる成分です。
青汁にはウコンが配合されたものも販売されています。
ウコン入りの青汁を飲むことで、青汁とウコンの脳卒中を予防する効果を同時に得ることができます。

3-2.コラーゲン配合の青汁

コラーゲンは肌にハリや弾力を与えるため、美容成分として知られています。
コラーゲンは肌だけではなく、血管の弾力や丈夫さも保つ働きがあります。
血管が傷ついてもコラーゲンが十分に体内に存在すれば、身体は傷ついた血管を修復することができます。
コラーゲンが不足すると血管の修復ができなくなり、傷ついた箇所に悪玉コレステロールなどが付着して血栓ができてしまいます。
その結果、動脈硬化や脳卒中が発症する場合があるので、コラーゲンはその予防に大切な成分です。
青汁にはコラーゲンを配合したものもあります。
コラーゲン配合の青汁には青汁の脳卒中を予防する効果にプラスして、コラーゲンの効果も期待できます。

3-3.乳酸菌配合の青汁

乳酸菌は整腸作用がある菌として知られており、飲料やサプリメントなど様々な食品に配合されています。
乳酸菌には中性脂肪やコレステロール値を下げる働きも確認されています。
そのため乳酸菌を摂ることで、脳卒中の原因になる高血圧や脳卒中の発症を予防する効果が期待できます。
乳酸菌配合の青汁を飲むことで、青汁と乳酸菌の脳卒中予防効果を同時に得ることが期待できます。

4.青汁の脳卒中予防効果を高める飲み方

この章では青汁の脳卒中の予防効果をさらに高める方法について詳しくお伝えします。
青汁の優れた予防効果を高めましょう。

4-1.シリマリンのサプリメントと一緒に摂る

シリマリンとはヨーロッパ地方に自生しているハーブの一種です。
現地では昔から民間薬として使用されてきました。
シリマリンには体内で抗酸化物質の生成を促す作用があります。
シリマリンの作用で抗酸化物質の生成が促されることで、余剰な活性酸素が除去され、血管やコレステロールの酸化も予防されます。
その結果、動脈硬化や脳卒中の予防が期待できます。
シリマリンはサプリメントでの摂取がおすすめです。
シリマリンのサプリメントと青汁を同時に摂取することでそれぞれの効果が発揮され、高い予防効果が期待できます。

4-2.脂質の摂りすぎに気をつける

青汁には、動脈硬化や高血圧の発症などを抑えることで優れた脳卒中の予防効果が期待できますが、青汁の摂取と同時に脂質の摂りすぎに気をつけることが大切です。
あまりにも摂取する脂質の量が多いと、青汁の有効成分の力が足りずにその効果を実感できなくなる恐れがあるからです。
青汁を飲むことと同時に脂質の摂りすぎに気をつけることを実践することで、より優れた青汁の効果を実感できるでしょう。

5.青汁を飲み、脳卒中を予防しよう

青汁には脳卒中を予防する様々な効果が期待できます。
普段から継続して青汁を飲むことで、健康な血管や血液を維持して脳卒中を予防しましょう。

トップに戻る