青汁の形状(タブレット)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁の形状(タブレット)

青汁は形状によって分類できます。
一般的にもよく知られる液体タイプや粉末タイプの青汁のほかにもタブレットタイプの青汁もあります。
今回は比較的最近になって登場した青汁の新しい形、タブレットタイプの青汁についてお伝えします。

1.タブレットタイプの青汁

青汁は飲み物、と思っている人は多いと思います。
もちろん青汁は健康に良い飲み物として広く知られています。
しかし、青汁はその歴史の中で色々なタイプが生まれてきました。
代表的な青汁のタイプである粉末タイプは、粉末状で販売されているものを水などに溶かして飲みます。
粉末タイプの青汁の場合、販売されているときには粉末状ですが、飲む際には液状にしてから飲みます。
しかし、タブレットタイプの青汁は販売されているときも飲む際もタブレット状のまま飲む青汁です。
固形ですが青汁というネーミングがされているユニークな健康食品です。
これは青汁という名称が元々は「野菜をすり潰してできる汁」という意味の言葉から、徐々に青汁商品全般を指す意味に人々の間で認識が変わったことが主な要因といえます。
固形のタブレット状の青汁も、広い意味での「青汁」という言葉で表せるので、青汁と呼ばれています。
もし青粒などという名称でしたら何となくしっくりこないでしょう。
もちろんタブレット状の青汁も原料は液体タイプや粉末タイプの青汁と同じくケールや大麦若葉、明日葉やそのほかの青汁の原料と同じものが使われています。

2.タブレットタイプの青汁は、青汁の新しい形

タブレットタイプの青汁は青汁の新しい形として人気が上昇しています。
タブレットタイプの青汁が販売されるまでは青汁は飲み物という認識でしたが、固形のままで飲むことができるタブレットタイプの青汁は、青汁のイメージや飲み方を一新しました。
タブレットタイプの青汁は今まで青汁が続かなかった人も続けやすいと評判です。

3.タブレットタイプの青汁の特徴

この章ではより詳しくタブレットタイプの青汁の特徴についてお伝えします。
タブレットタイプの青汁は液体タイプや粉末タイプの青汁にはない様々な特徴があります。
タブレットタイプの青汁の特徴をよく理解することで、タブレットタイプの青汁について深く知ることができるでしょう。

3-1.軽くて携帯に便利

タブレットタイプの青汁は一粒がわずか1gほどの軽さです。
主にプラスチック製の容器に1ヶ月分ほどの量のタブレットタイプの青汁が入れられて販売されています。
1ヵ月でも片手で持てるほどの重さしかありません。
また、小さなサプリメント用の容器に必要な分だけ入れて携帯すれば、カバンなどで外出先に持って行き、タブレットタイプの青汁を飲むことができます。
旅行のときにもタブレットタイプの青汁でしたら簡単に携帯できるでしょう。
飛行機内にもタブレットタイプの青汁ならば気軽に携帯でき、機内や海外でも青汁を飲むことができます。

3-2.少量を飲むだけでよい

タブレットタイプの青汁は1日の摂取量目安の平均が3粒ほどです。
わずかな量で液体タイプの青汁100mlから200ml分の栄養素を補給できます。
少量なのですぐに飲むことができ、時間をとらないので忙しい人でも続けやすい青汁です。
ただし、メーカーにより一回に摂取する推奨摂取量は変わります。
中には10粒ほど飲まなくてはならないものもありますので、購入前に一日の摂取量目安で問題ないか調べておくと良いでしょう。

3-3.少量の水があればどこでも飲むことができる

タブレットタイプの青汁はサプリメントと同じように少量の水があればどこでも飲むことができます。
外出先でもペットボトルなどに入れた水が飲める環境があればすぐにタブレットタイプの青汁を飲め、その栄養を補給できます。
タブレットタイプの青汁を飲む際や携帯する際に液体をこぼす心配をする必要がありません。
また、粉末を溶かす手間を省きたい人にもタブレットタイプの青汁はおすすめです。
より簡単に素早く飲める。
タブレットタイプの青汁の優れた特徴です。

3-4.ほとんど苦みを感じずに飲める

タブレットタイプの青汁は固形で粒が小さく、飲む際は少量の水で素早く飲めるためほとんど苦みを感じずに飲むことができます。
そのため液状の青汁の苦みやにおいが苦手で、どうしても青汁が飲めない人も飲むことができます。
タブレットタイプの青汁も苦みがあるものもあるのですが、固形で粒が小さい分その苦みをほとんど感じずに済むのです。
また、タブレットタイプの青汁の中には苦みがほとんどなく、噛んで食べられるものまであります。
タブレットタイプの青汁は、青汁の苦みを感じたくない人におすすめしたい青汁です。

4.タブレットタイプの青汁を飲む際の注意点

タブレットタイプの青汁にはその特徴から、飲む際の注意点があります。
注意点を守ることでより安心してタブレットタイプの青汁を飲むことができるようになるでしょう。

4-1.青汁レシピには向かない

タブレットタイプの青汁は少量の水でそのまま飲むことが基本です。
そのため料理に青汁を混ぜて作る青汁レシピの材料としては不向きです。
もし料理に青汁を混ぜて、青汁が入った料理を作りたい場合は粉末タイプの青汁を使用することをおすすめします。
粉末タイプの青汁はシチューやホットケーキ、かき氷など様々な料理に混ぜやすく工夫次第で色々なアレンジレシピが楽しめます。
それぞれの青汁のタイプの特徴に合わせた摂取をすることで、青汁を無理なく生活の中に取り入れることができるでしょう。

4-2.1日の摂取量を守る

タブレットタイプの青汁はとても小さな粒で摂取量目安も諸横領なので、人によってはつい多く摂取したくなる場合がありますが、メーカーの推奨する1日の摂取量目安で十分な栄養を補給することができます。
青汁は薬と違い、厳密に定められた用法用量はありませんが摂取量目安を守ることで十分に身体に栄養を補給できるのです。

5.タブレットタイプの青汁の加工方法

タブレットタイプの青汁は、青汁の素材を造粒機という機械に投入して粉末状にしたものを打錠機という機械で打錠という工程を行い、粉末状の素材に圧力をかけて製造されます。
打錠前に殺菌や異物除去などの工程もあるので、安全性の高いタブレットタイプの青汁が製造されます。

6.青汁が苦手な人でも飲みやすいタブレットタイプの青汁

タブレットタイプの青汁は固形で小さいという特徴から青汁が苦手な人でも飲みやすい青汁です。
飲み方も簡単で軽く、場所もとりませんので多くの人が自分の生活スタイルに合わせて飲んでいる青汁です。
そのため続けやすく、青汁の効果を実感しやすいメリットがあります。
今回お伝えしたように、タブレットタイプの青汁には液体タイプの青汁や粉末タイプの青汁の青汁にはない優れた特徴があります。
もちろんそれらのタイプの青汁にも優れた面がありますので、自分に合うタイプの青汁を選び、飲み続けることで青汁の健康効果を実感しやすくなります。
青汁を上手に生活に取り入れて、日々の健康を守りましょう。

トップに戻る