青汁による病気の予防(味覚障害)
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(味覚障害)

青汁は味覚を感じる細胞の健康維持にも効果を発揮する飲み物です。
そのため青汁を飲むことで味覚障害を予防することが期待できます。
今回は青汁の味覚障害予防効果について詳しくお伝えします。

1.味覚障害とは

味覚障害とは、舌の味覚を感じる細胞に異常が生じ、味を感じにくい、味が感じられない状態になってしまうことです。
また、本来とは違う味を感じてしまう味覚異常も味覚障害のひとつです。
また、味覚と嗅覚は密接な繋がりがあります。
舌の味覚を感じる細胞が正常でも、嗅覚に異常があり臭いを感じられなくなると、味が正確に感じられなくなる場合もあります。
そのため風邪やアレルギー性鼻炎、花粉症などの症状で鼻が詰まり嗅覚が正常に働かなくなると、味覚も正常に感じられなくなります。
味覚や嗅覚の正常な働きはおいしく食事をするために必要です。
さらに、身体に悪い毒素や腐ったものを見分ける際にも必要な、大切な感覚です。
味覚障害を予防するには味覚と嗅覚を正常に保つことが必要です。
青汁にはそれらの感覚の正常な働きを維持するために必要な成分が含まれており、味覚障害の予防に効果的な飲み物といえます。

2.味覚障害を予防する青汁の力

青汁には味覚障害を予防するために必要な有効成分が含まれています。
この章では青汁の味覚障害に有効な成分や、その働きについて詳しくお伝えします。

2-1.亜鉛が味蕾を正常化する

亜鉛は性機能の維持や抜け毛の防止などにその効果を発揮する栄養素です。
また、二日酔い防止や生活習慣病の予防にも効果的です。
このような様々な効果のある亜鉛は、味覚の維持に必要不可欠な成分です。
味覚は舌にある味蕾というところで感じます。
甘さや苦さなど特定の味を感じる部分が分かれおり、正確に味を感じることができます。
しかし、味蕾に異常が表れると味覚障害が起こってしまいます。
味覚障害になると、味が正確に感じられなくなるばかりか、不必要な成分や毒素を体内に摂取してしまう危険性が高まります。
亜鉛は正常な未来の細胞の維持や生まれ変わりに関わり、正常な味覚を維持します。
亜鉛は日本人の食生活で不足しがちな栄養素のひとつとされており、積極的な摂取が望まれる栄養素です。
青汁には亜鉛が含まれています。
そのため青汁は亜鉛を補給し、味覚障害を予防するために適した飲み物といえます。

2-2.ビタミンCが風邪を予防

風邪をひいてしまうと鼻水が大量にでることがあります。
鼻水は鼻の通りを悪くして、呼吸をしにくくする他、においも感じにくくしてしまいます。
においが分からなくなると味も分かりづらくなってしまいます。
ビタミンCは免疫力を向上させ、風邪で鼻が詰まることによって起きる味覚の異常を予防する効果が期待できます。
ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す作用があります。
コラーゲンは肌と肌の間をしっかりと繋ぎ、細菌やウィルスの侵入を防ぎ風邪を予防します。
また、白血球の働きを高める作用もあり、細菌やウィルスに負けない強い身体を維持する効果があります。
その結果、正常な嗅覚が維持され、嗅覚の異常が原因である味覚の異常も予防することが期待できます。

2-3.食物繊維が免疫力を正常化する

アレルギー性鼻炎や花粉症は免疫機能の異常が原因です。
免疫機能の異常な反応で、通常は毒素ではない花粉やハウスダストなどに過敏に身体が反応してくしゃみや鼻づまりの症状が表れます。
鼻が詰まってしまうと、風邪の症状と同様に味覚にも異常が表れる場合があります。
これらのアレルギー症状を予防し、正常な味覚を維持するには、免疫機能を正常化することが大切です。
青汁に含まれる食物繊維には、腸の健康を維持して免疫機能を正常化する効果があります。
青汁に含まれる食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2つの種類があります。
これらの食物繊維はどちらも腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす作用があります。
善玉菌は腸内を良い環境に導き、腸内環境を整え、腸を健康にする効果があります。
腸には体内の免疫細胞の半分以上が存在しています。
食物繊維の力で腸が健康になると、免疫細胞も正常化され、アレルギー性鼻炎や花粉症の予防も期待できます。
その結果、正常な嗅覚が維持され、嗅覚の障害により引き起こされる味覚の異常も予防されることが期待できます。

2-4.ビタミンEが細胞の老化を遅らせる

舌の味を感じる部分である味蕾の細胞は、加齢と共に徐々に減少してゆきます。
その分脳の記憶や経験により味覚をカバーするので、正常な範囲での減少で味覚障害が起こることはありませんが、亜鉛の不足や活性酸素が余剰に増えることにより、老化の進行が早まることなどが重なると、味蕾の細胞が極端に減り、味覚障害が起きることがあります。
ビタミンEは老化を遅らせるビタミンともいわれている栄養素です。
ビタミンEはその強力な抗酸化作用で余剰な活性酸素を除去します。
その結果、細胞の老化を遅らせるので、味蕾の減少も遅らせることが期待できます。
青汁にはビタミンEの他、亜鉛も含まれていますので、正常な味蕾を維持するために適した飲み物といえるでしょう。

3.味覚障害予防効果のために相性が良い成分

味覚障害を予防するためには味蕾の正常な働きを維持することや、免疫力を高めて風邪や花粉症を予防し、嗅覚の正常な働きを維持することが必要であることをお伝えしました。
青汁には免疫力を高める成分や、味覚を維持するために必要な成分が含まれています。
そんな青汁と共に摂取すると、味覚障害を予防する効果をさらに高める、青汁と相性が良い成分について紹介します。

3-1.オリゴ糖が整腸効果を促す

青汁には食物繊維が含まれるため、整腸効果を発揮して免疫力を向上させる効果があります。
オリゴ糖は食物繊維と同様に、腸内で善玉菌を増やし免疫力を正常化させ、アレルギー性鼻炎や花粉症を予防することで嗅覚の異常が原因の味覚障害を予防する働きが期待できます。
オリゴ糖を自分で青汁の加えても良いですし、オリゴ糖が配合された青汁も販売されています。
これらの青汁からオリゴ糖を摂取することで、相乗効果が期待できます。

3-2.難消化デキストリンが善玉菌を増やす

難消化デキストリンはトウモロコシなどのデンプンから抽出される、食物繊維の一種です。
食後の血糖値の上昇を抑える働きがあることから、生活習慣病の予防に効果を発揮する成分として知られています。
また、他の食物繊維と同様に、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果もあります。
そのため難消化デキストリンが配合された青汁は、オリゴ糖配合の青汁と同じく、免疫力を正常化させ、アレルギー性鼻炎や花粉症を防ぎ、嗅覚の異常が原因の味覚障害も防ぐことが期待できます。

3-3.DHAが脳の感度を高める

DHAは青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸の一種です。
脳の神経を活性化して記憶力や判断力を向上、維持する成分として知られています。
DHAにはアレルギー症状を促進させてしまう物質の生成を阻害する作用も報告されています。
そのためアレルギー性鼻炎や花粉症の予防にも繋がり、正常な嗅覚を維持して、正常な味覚の維持にも効果を発揮する成分といえます。
DHAのサプリメントと共に青汁を摂取することで、相乗効果が期待できます。

4.青汁の味覚障害予防効果を高めるコツ

この章では青汁の味覚障害を予防する効果をさらに高めるコツについてお伝えします。
これらのコツを実践することで、青汁の効果を高めることが期待できます。

4-1.クエン酸が亜鉛の吸収率を上げる

クエン酸は柑橘類などに含まれている成分です。
クエン酸には体内のエネルギーの生産や疲労物質の除去に関わり、活力を生みだし、疲労を回復させる効果があるとされています。
クエン酸には亜鉛などのミネラルを包み込む性質があり、クエン酸により包み込まれたミネラルは吸収率が上がります。
この効果をキレート効果といいます。
キレート効果により亜鉛の吸収率が上がることで、より高い味覚障害を予防する効果を期待することができます。
そのため亜鉛のサプリメントなどではクエン酸を配合して吸収率を高めたものもあります。
青汁に含まれる亜鉛の吸収率を上げるにはクエン酸を同時に摂取することがおすすめです。
ただし、クエン酸はとても強い酸味があるので青汁に混ぜてもおいしく頂くことはできません。
クエン酸が含まれるレモン果汁を青汁に絞ることや、オレンジジュースで青汁を割って飲むとおいしく飲めるでしょう。
また、レモン果汁が配合された青汁や、オレンジやその他のフルーツ果汁が配合され、飲みやすくクエン酸も摂取できる青汁も販売されています。
それらの青汁を購入することも良いでしょう。

4-2.動物性タンパク質が亜鉛の吸収率を上げる

亜鉛はクエン酸の他に、動物性タンパク質と同時に摂取することでも吸収率が上がるといわれています。
そのため普段の食事で肉や魚を食べる際に青汁を一緒に飲むことで、亜鉛の吸収率が高まり、味覚障害を予防する効果をさらに高めることが期待できます。
また、動物性タンパク質が含まれる食品と、植物性の食事である青汁を同時に摂取することは、栄養のバランスを整えることにも繋がり、より健康的な食生活が実現できるでしょう。

5.正常な味覚を維持しておいしく食事をしよう

いかがでしたでしょうか?おいしい食事ができることは幸せです。
味覚障害を予防することは、食事の楽しみを実感するために必要です。
青汁には今回お伝えした味覚障害を予防することが期待できる栄養素が含まれています。
その効果をさらに実感するには、亜鉛の吸収を妨げるリン酸塩を含む加工食品を控えることや、よく噛むことで唾液の分泌を促して、常に舌に適度な湿り気を与え正常な味覚を保つ工夫をすることをおすすめします。
青汁を継続して飲むことで、舌の細胞の健康を維持し、免疫力を向上させることで風邪やアレルギー性鼻炎を予防し、嗅覚の健康も維持することで正常な味覚を維持して食事を楽しみましょう。

トップに戻る