青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁による病気の予防(アレルギー)

アレルギー症状を予防するには、アレルギー体質を改善する必要があります。青汁には体質を改善し、アレルギー症状を予防する効果が期待できます。今回は青汁のアレルギー予防効果について詳しくお伝えします。

1.アレルギーとは

アレルギーとは、身体に備わっている免疫機能の異常です。人間の身体には細菌やウイルスなど、外部から体内に侵入して害をなす存在を除去する免疫機能が備わっています。しかし、免疫機能に何らかの原因で異常が起きると、アレルギー反応が起こります。
アレルギー反応は本来守るべきである身体に対してマイナスの状態を作りだしてしまいます。アレルギーの症状にはかゆみやくしゃみ、湿疹など様々なものがあり、アレルギーを引き起こす原因も人により様々です。
アレルギーの原因物質は抗原やアレルゲンと呼ばれています。花粉やハウスダスト、食品などに含まれる化学物質の他に、食品の中の卵や牛乳、そばや小麦粉など、一般的には無害なものもアレルゲンとなる可能性があります。
アレルギー反応の中でも特に短時間で症状が表れるものをアナフィラキシーと呼びます。アナフィラキシーは全身にアレルギー症状が表れる場合が多く、症状が重いものはアナフィラキシーショックと呼ばれ、意識不明の重体になり、死亡するケースもあります。
このようにアレルギーには様々な原因や症状がありますが、共通する予防方法は免疫機能を向上させ、異常な反応を抑える方法です。
個人差はありますが、青汁には免疫力を向上させ、アレルギー体質を改善し、アレルギーを予防する効果が期待できます。

2.アレルギーを予防する青汁の力

この章では青汁に含まれているアレルギー体質を改善する有効成分やその働きについてお伝えします。

2-1.腸内環境を整える食物繊維

青汁に含まれている食物繊維は整腸効果を発揮します。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。どちらも腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす作用があります。
アレルギー症状がある人の腸内環境は悪く、免疫細胞の力が低下している場合が多くあります。食物繊維の力で善玉菌が増えると、腸に存在する免疫細胞が活性化します。その結果、免疫力が向上、正常化し、アレルギーを予防する効果が期待できます。

2-2.免疫機能を向上するビタミンC

青汁の代表的な栄養素のひとつであるビタミンCは、体内で健康効果や美容効果を発揮する優れた成分です。免疫力の向上と抗酸化作用、ストレスの緩和の3つの働きでアレルギーを予防します。

2-2-1.免疫力を高める

免疫力が高い人の血中ビタミンC濃度が高いことが知られています。これは、ビタミンCには白血球を強化して免疫力を高める効果があるためだと考えられています。そのためビタミンCを摂取すると免疫機能を向上させ、免疫機能の異常が原因のアレルギーを予防する効果が期待できます。

2-2-2.抗酸化作用がアレルギー予防に繋がる

ビタミンCの強力な抗酸化作用は余剰に発生した活性酸素を除去し、身体を活性酸素の害から守ります。余剰な活性酸素は免疫機能の低下や異常の原因のひとつで、免疫機能が低下するとアレルギーの症状が表れやすくなります。
つまり、余剰に発生した活性酸素の除去がアレルギー予防に効果を発揮すると考えられます。

2-2-3.ストレス緩和で症状を抑える

ビタミンCにはストレスに対抗するために必要な副腎皮質ホルモンの生成を促す作用もあります。ストレスは余剰な活性酸素を発生させるばかりか、免疫力の低下や異常も招きます。ビタミンCはストレスに強い心身をつくり、アレルギーを抑える働きも期待できます。

2-3.強い抗酸化作用があるビタミンE

ビタミンCと共に、体内で強い抗酸化作用を発揮する成分がビタミンEです。ビタミンEは抗酸化作用で活性酸素の害から細胞を守り、年齢以上の老化の進行を予防するビタミンとして知られています。ビタミンEやビタミンCの力で免疫機能が守られると、アレルゲンに対する異常な反応が抑えられるので、アレルギーの予防効果が期待できるのです。

2-4.皮膚や粘膜を丈夫にするビタミンA

ビタミンAには皮膚や粘膜を丈夫にして免疫力を高める働きがあります。また、皮膚に表れる湿疹やかゆみなどへの抵抗力の増加も期待できます。ビタミンAは青汁に含まれているβカロテンから体内で必要に応じて変換されます。
ビタミンAに変換される前のβカロテンには、アレルギー反応を活性化してしまう余剰な活性酸素を除去する抗酸化作用があり、他の抗酸化作用がある成分と共に細胞や細胞の免疫機能を守り、アレルギーを予防する効果が期待できます。

2-5.正常な免疫力を維持する亜鉛

亜鉛は体内の様々な代謝に必要な酵素の生成や、細胞分裂の活性化に必要な成分です。亜鉛が不足すると免役細胞の生成や代謝が正常に行われなくなり、結果として免疫機能にも異常が表れてアレルギー反応が強まってしまう場合があります。
そのため、青汁など亜鉛が含まれている食品から亜鉛を補給し、正常な免疫力の維持をするとアレルギーを予防する効果が得られるとされています。

2-6.免疫機能を正常化するビタミンB6

ビタミンB6は、タンパク質からエネルギーを生みだす過程や、タンパク質の合成に必要な栄養素です。ホルモンバランスを整え、神経の働きを守るなど様々な効果があり、免疫機能を正常化させる働きもあります。ビタミンB6を摂取し免疫機能が正常化すると、アレルゲンに対する異常な反応が軽減されます。その結果、アレルギー反応を予防、緩和する効果が期待できます。

2-7.皮膚の炎症を抑えるビオチン

ビオチンはビタミンB群の一種で、タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素の代謝に関わる成分です。ビオチンはヒスタミンという物質を抑制する働きがあります。ヒスタミンは肌に炎症を起こし、かゆみを感じさせる原因物質です。
アレルギー反応がでる人は、ハウスダストやダニ、その他のアレルゲンに触れる、吸引するなどするとヒスタミンが生成され、肌に炎症を起こし、かゆみを感じます。青汁などからビオチンを摂取するとヒスタミンの生成が抑制され、かゆみや湿疹などのアレルギー反応を予防する効果が期待できます。

3.アレルギー予防効果のために相性が良い成分

青汁にはアレルギーを予防する有効成分が含まれています。この章では青汁と共に摂取すると、アレルギーを予防する効果を高める成分について紹介します。

3-1.DHAがアレルギーを予防

DHAは青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸の一種です。脳に作用して記憶力や判断力の向上、アルツハイマー病の予防に効果を発揮する成分として知られています。DHAにはシクロオキシゲナーゼと呼ばれる、アレルギー症状を促進する成分を阻害し、アレルギーを予防する効果もあります。
そのため青汁と共にDHAを摂取すると、青汁のアレルギー体質を改善し、アレルギーを予防する効果をさらに高める相乗効果が期待できます。

3-2.ビフィズス菌がアレルギーを緩和

ビフィズス菌は腸内環境を整え、免疫力を向上させる善玉菌の一種です。ビフィズス菌の力で免疫力が向上すると、免疫の異常な反応も軽減されるのでアレルギーを予防する効果が期待できます。
青汁に含まれている食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす作用があるため、ビフィズス菌と相性が良いといえます。ビフィズス菌はサプリメントや乳酸飲料に含まれています。それらの食品と共に青汁を摂取すると、相乗効果が期待できます。

3-3.ショウガが免疫力を向上させる

免疫力は身体を適度に温めると向上し、正常に働くといわれています。ショウガは身体を温めて免疫力を向上させる作用があるため、アレルギーの予防に効果的な食材です。ショウガをすりおろしたものを青汁に加え、黒糖やハチミツなどで味を調えると、ショウガの効果をプラスしたおいしい青汁ができあがります。

3-4.プロポリスが免疫力を高める

ミツバチが唾液や樹脂を混ぜてつくるプロポリスには、人間が摂取すると免疫細胞の強化やアレルギー症状をおこすヒスタミンを抑制し、アレルギーを予防する効果を発揮します。プロポリスはプロポリスが配合されたハチミツやサプリメントから摂取できます。
青汁にプロポリス配合のハチミツを加えると、おいしく飲めて高いアレルギー予防効果が期待できますし、青汁と共にプロポリスのサプリメントを摂取しても相乗効果が期待できます。

4.青汁を飲みアレルギーを予防しよう

いかがでしたでしょうか?青汁には体質を改善し、アレルギーを予防する有効成分が含まれています。青汁は継続して飲むとその効果を徐々に発揮します。薬のような即効性はありませんが、体質を根本から変えてくれるので、より安全にアレルギー予防効果を得ることができます。青汁を飲み、アレルギーを予防して快適な生活を送りましょう。

トップに戻る