青汁を飲むタイミング
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

青汁を飲むタイミング

青汁には目的に合わせた効果的な飲むタイミングがあります。
自分が得たい効果に合わせて飲むタイミングを変えるようにすると、目的の効果が得やすくなります。
今回は青汁の効果的な飲むタイミングについて詳しくお伝えします。

1.飲むタイミングで効果が変わる青汁

皆さんは青汁をどのようなタイミングで飲んでいますか?
青汁は薬ではないので、定められた用法用量がありません。
基本はメーカーの推奨する摂取量内で、好きなタイミングで摂取して構いません。
しかし、人間の身体は睡眠サイクルや消化吸収サイクルなどのリズムがあります。
そのリズムに合わせて目的別のタイミングで青汁を飲むと、青汁の効果に変化が表れます。
自分の目的に合わせ、効果的なタイミングで青汁を摂取しましょう。

2.目的別の青汁を飲むタイミング

この章では目的別の青汁を飲むタイミングをお伝えします。
健康や美容、ダイエットなど様々な目的に合わせたタイミングを知り、より効果的に青汁の力を引き出しましょう。

2-1.食後血糖値の急な上昇の予防

食後血糖値の急な上昇は、炭水化物(糖質)の摂りすぎによる血液中の糖分濃度の急な上昇が主な原因のひとつです。
食後血糖値の急な上昇が繰り返されると、インスリンの分泌に異常が生じる場合があります。
インスリンに働きに異常が表れると、糖尿病になるリスクが高まります。
青汁には水溶性食物繊維など、食後血糖値を下げる作用がある成分が含まれています。
青汁の、食後血糖値を抑える作用を引き出すために効果的な飲むタイミングは、食前または食中です。
このタイミングで青汁を飲むと、食事から摂取される糖質の吸収を緩やかにして食後血糖値の急な上昇を抑えてくれます。
食中に青汁を飲む際は、最初に青汁を数口飲むようにすると食後血糖値の急な上昇を抑える効果が高まります。
普段の食事でも野菜や肉を先に多く食べるようにし、後の方にパンやご飯といった炭水化物を食べると、食後血糖値の急な上昇を抑えられるといわれています。
しかし、食べ物の中にはご飯と一緒に食べるカレーライスのような料理や、惣菜パンのようにパンを調理してあり、パンごと食べるものがあります。
これらの料理は炭水化物を同時に摂るので、食後血糖値の急な上昇の心配があります。
このような食べ物を食べる際は、食前に青汁を飲むと食後血糖値の急な上昇を抑える効果が期待できます。

2-2.ダイエット

ダイエットが目的で青汁を飲む際は、食事の前に青汁を飲みましょう。
そうすると、青汁に含まれる不溶性食物繊維が胃腸内で膨らみ、満腹感を感じやすくしてくれるので食べ過ぎを防いでくれます。
また、胃腸内での食物の移動や吸収も緩やかになるので、長い間満腹感が維持され食事の回数も制限しやすくなります。
このように青汁は、ダイエットをしやすくする効果が期待できます。
しかも青汁は低カロリーでビタミン類やミネラル類が一般的な野菜の数倍から数十倍も含まれており、ダイエット時の栄養補給にも適した飲み物といえるのです。

2-3.快眠

快眠は心身の疲れを癒し、記憶を整理して思考力を高めるために必要です。
快眠を得るためにおすすめの青汁はケールを原料とした青汁です。
ケールには睡眠サイクルに関わり、快眠を促す作用が期待できるメラトニンという成分が含まれています。
メラトニンは体内でも生成されますが、睡眠不足の人や高齢者には不足している場合が多く、外部から摂取する必要があります。
メラトニンを含むケールの青汁を飲み、快眠を得るタイミングは就寝前です。
就寝前に摂取すると、メラトニンが作用して快眠が促されるでしょう。
ただし、就寝直前に摂取すると胃に負担がかかる場合や、消化活動を活性化させるため交感神経が活性化してしまい寝つきが悪くなる可能性があります。
そのため就寝の30分から1時間前にはケールの青汁を飲み終えるようにしましょう。

2-4. 便秘

女性に多いとされる便秘は、放っておくと便と共に排出されるはずの毒素が体内に蓄積してしまいます。
そうなるとより深刻な体調不良を引き起こす可能性もある危険な状態に陥ってしまいます。
青汁は便秘の解消に効果的な飲み物です。
便秘の解消のため青汁を飲むタイミングは、就寝前がおすすめです。
就寝前に青汁を飲むと、善玉菌を増やして整腸効果を発揮する水溶性食物繊維や、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を活発化する不溶性食物繊維が作用します。
そうすると、翌朝目覚めた後に自然なお通じがくるでしょう。
ただし、快眠のためのタイミングでお伝えしたように、就寝の直前に青汁を飲むと消化活動が活発化してしまいます。
そうすると、眠りを妨げてしまう可能性があるので、やはり就寝の30分前から1時間前には飲み終えるようにします。

2-5. 野菜不足の解消

現代日本人の多くは野菜不足に陥っているといわれています。
国が推奨する野菜の摂取量は、成人で1日350gです。
しかし、平均で50g以上、少ない人は半分以下の摂取量にとどまっている現状があります。
青汁には一般の野菜の比べて高い含有量のミネラル類やビタミン類、食物繊維などが含まれています。
そのため1杯の青汁で、野菜に換算すると40gから100gほどに匹敵する植物性の栄養素が補給できるとされています。
野菜不足の解消目的で青汁を飲むベストなタイミングは食事中です。
食事中に青汁を飲めば、不足分の野菜の栄養素を補えるので栄養のバランスがとれます。
その結果、全体での栄養素の吸収率や働きが高まり、健康効果や美容効果をより一層期待できるようになります。

2-6.ストレス緩和

日々の生活でストレスを感じる場面は色々あると思います。
仕事や人間関係、生活環境などストレスの原因は様々です。
青汁はストレスからくる興奮やイラつきを抑える作用があるカルシウムやマグネシウムが含まれており、ストレス緩和に効果的な飲み物です。
また、ストレスに対抗するために必要な副腎皮質ホルモンの分泌に関わるビタミンCも含まれています。
青汁のストレス緩和に効果的な飲み方はあるのでしょうか?残念ながらこのタイミングで飲めばストレス緩和により効果的というタイミングはありません。
青汁は医薬品のような即効性がないからです。
そのため、普段から食事中や起床時などに青汁を飲むことでストレス緩和に有効な成分を補給しておく必要があります。
また、快眠は睡眠中にストレスを解消する効果もあるので、快眠を促す作用のあるケールの青汁を就寝前に飲むと良いでしょう。

2-7.美肌

美肌を維持するためには、美しい肌や肌の健康を維持する栄養素を摂取する必要があります。
美肌を作りだす成分は動物性の食品に含まれるコラーゲンや、青汁など植物性の食品に多く含まれる食物繊維などが必要です。
また、動物性と植物性のビタミン類、ミネラル類をバランスよく摂取する必要があります。
そのため、美肌を作るために最適な青汁を飲むタイミングは食事中といえます。
食事中は青汁以外にも色々な料理から様々な栄養素を摂取できます。
そのため美肌を作りだす栄養素が上手く作用し合い、効率よく美肌を作りだしてくれるからです。
例えば、美肌作りに欠かせないコラーゲンは、豚足や鶏肉など動物性食品に含まれています。
このコラーゲンの働きを高める作用があるビタミンCは青汁に多く含まれており、コラーゲンと同時に摂取すると効率よく美肌作りに作用してくれるのです。

2-8.栄養不足を感じるとき

日々の食事だけでは栄養不足を感じるとき、青汁は不足している分の栄養補給に適した飲み物といえます。
疲れやすく元気がない、もっと気力が欲しい、などといった栄養不足が原因の症状の解消には、青汁を起床時に飲むことをおすすめします。
朝起きた時は身体が新しい栄養素を欲している状態なので、栄養の吸収率が上がっています。
この状態で青汁を摂取すると、効率よく栄養が補給されるのです。
青汁は液体や小粒のタブレット状なので、固形の食品よりも消化吸収されやすいメリットもあります。
朝起きたらまず青汁を飲む習慣をつけると、栄養補給を速やかに行えるでしょう。

2-9.筋肉増強

筋肉増強にも青汁は効果的な飲み物です。
一般的に筋肉増強にはプロテイン(タンパク質)の補給が効果的といわれています。
確かにプロテインは筋肉を構成する主な材料になるので、筋肉増強に効果的です。
しかし、プロテインを体内で分解して筋肉の材料にするには、ビタミンB群や亜鉛などの栄養素が必要です。
青汁にはそれらの栄養素が含まれているので、プロテインとの相性も良く筋肉増強に効果的です。
筋肉増強に良い青汁を飲むタイミングは、筋力トレーニング後45分以内です。
この時間帯は、プロテインが分解されて作られるアミノ酸の吸収率が数倍に上がるとされています。
そのため効率よくプロテインや、プロテインの分解、再合成に必要な栄養素を吸収できるのです。
筋力トレーニング後は青汁とプロテインを飲むようにしましょう。

3.おすすめしないタイミング

前章では目的別に青汁の効果を発揮しやすくする、青汁を飲むタイミングをお伝えしました。
この章では反対に、青汁を飲む際におすすめしないタイミングをお伝えします。
ここでお伝えするタイミングでの青汁の摂取を避けると、青汁のデメリットの減少が期待できます。
最適なタイミングで青汁を飲めるように参考にしてください。

3-1.入浴直前

入浴時は身体が温められるので、全身の血行が促進されます。
入浴時に血行が促進されること自体は、代謝を促進させるので健康に良いのです。
しかし、入浴直前に青汁を飲むと、消化吸収のために胃腸に集まっていた血液が全身に分散されてしまいます。
その結果、消化吸収の効率が悪くなってしまう恐れがあります。
そのため入浴直前の青汁の摂取は避けるようにしましょう。
反対に入浴後の摂取は、水分補給にもなるので良いといえるでしょう。

3-2.食直後

食後直ぐの青汁の摂取はおすすめできません。
一旦食事が終わったタイミングでは、すでに満腹中枢が働いて満腹感を感じ始めているので、新たに食べる行為がしにくい状態です。
そのような状態で無理をして青汁を飲むと、ストレスがかかってしまう恐れがあります。
また、お腹がいっぱいな状態で青汁を摂取すると、栄養の過剰摂取になる可能性もあります。
このような理由から食直後のタイミングでの青汁の摂取はおすすめできません。

4.最適なタイミングで最大の効果を

いかがでしたでしょうか?青汁は飲むタイミングを変えると得られる効果が変わります。
自分の目的に合わせて飲むタイミングを決め、望む効果を最大限に引き出しましょう。
ただし、過剰摂取にならないように飲み過ぎには注意しましょう。
青汁は大量に飲むよりも、継続しての摂取で効果を発揮する飲み物だからです。
メーカーが推奨する摂取量を目安に、自分に丁度良いと思える量の青汁を摂取しましょう。
その上で目的に合わせたタイミングで摂取すれば、安全に効果を得られるでしょう。
最適なタイミングで青汁を飲み、最大の効果を引き出しましょう。

トップに戻る