女性のための青汁
青汁の口コミとランキング
メインイメージ

女性のための青汁

青汁は多くの人にとって効果を発揮する飲み物です。
青汁の様々な効果の中には、女性に嬉しい美容効果や女性特有の悩みに有効なものもあります。
今回は女性のための青汁について紹介します。

1.女性望む効果を得られる青汁

女性の美しくありたいという願いはごく自然な願いです。
そのためにはエクササイズやメイクアップ、食生活のバランスを整えるなど色々なアプローチの仕方があります。
美容効果を得るための根本的な方法は、美容に必要な栄養素の摂取です。
美しく若々しい肌や髪は、しっかりと身体に必要な栄養素を摂取することで実現できます。
細胞自体を内面から元気にすると、自然と美しさが引き出されるのです。
後ほど詳しくお伝えしますが、青汁には女性の美しさを引き出す各種栄養素が含まれており、美容効果を得るために最適の飲み物です。
また、青汁は女性がかかりやすい病気や健康上の悩みにも有効な栄養素が含まれています。
そのため女性の健康維持や体質改善にも効果を期待できます。
このように青汁は、女性が望む美容や健康に力を発揮する優れた飲み物なのです。

2.目的別の青汁の効果・美容編

この章では青汁に期待できる効果のうち、美容に関するものを紹介します。
青汁のどのような栄養素が美容効果を発揮するのか、目的別に詳しくお伝えします。

2-1.ダイエット

美しいプロポーションや健康を維持するため、ダイエットは有効な手段になりえます。
しかし、全ての栄養が絶たれてしまうと、かえって体調不良を引き起こしてしまいます。
そのためダイエットを成功させるには、カロリーを制限しつつ必要な栄養素をしっかりと摂取する必要があります。

2-1-1.ダイエットに効果的な青汁

青汁は1杯分のカロリーがとても少なく、わずか5kcalほどから30kcalほどです。
しかし、ビタミンやミネラルなどの栄養素は野菜に換算すると40gから100gほども含まれています。
つまり、青汁はカロリーを抑えつつ身体に必要な栄養素をしっかりと補給できるので、ダイエット中に飲む飲み物として適しているといえるのです。
ダイエット目的で青汁を飲む際は、食前の摂取をおすすめします。
青汁にはダイエットに効果的な成分が複数含まれています。
水溶性食物繊維は整腸作用があり、ダイエットにも力を発揮する成分です。
食前に青汁を摂取すると、水溶性食物繊維が食後血糖値の急な上昇を抑えてくれますし、脂肪の吸収を抑える効果も期待できます。
水溶性食物繊維は胃腸で水分を吸収して膨張するので、食前に青汁を摂取すると満腹感を早く感じやすくなります。
また、満腹感を感じる時間も長くなるため、食べ過ぎを抑える効果が期待できます。
クロロフィルにはデトックス効果や抗酸化作用があり、ダイエットにも効果が期待できる成分です。
クロロフィルには肥満と密接な関わりがあるとされる、血液中のコレステロール値を下げる作用があるのでダイエットに効果的です。
さらに代表的な青汁の原料のひとつである明日葉には明日葉特有の成分であるカルコンが含まれています。
カルコンには内臓脂肪を減少させる効果があるとされています。
内臓脂肪の蓄積は肥満体を作るだけではなく、脂肪肝など重い病気の原因にもなります。
そのため内臓脂肪を減少させると美容だけではなく、健康にも良い効果が得られるのです。
このように青汁には様々なダイエットに有効な成分が含まれているので、ダイエットに優れた効果が期待できるのです。

2-2.美髪

美しい髪を作るには、髪の成長を活性化させる酸素や栄養を行き渡らせる必要があります。
青汁には髪に酸素や栄養を届けるために必要な栄養素や、髪を構成する成分が含まれています。

2-2-1.青汁が美髪を作る

青汁に含まれている鉄は、赤血球に含まれているヘモグロビンを構成するために必要な成分です。
ヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役割があり、髪の成長や美しさを保つためにも酸素は欠かせません。
青汁には非ヘム鉄と、非ヘム鉄の吸収率を上げるビタミンCが含まれています。
そのため正常なヘモグロビンの合成を促して、髪に頭皮に酸素が行き渡るようサポートしてくれます。
髪の主な構成成分であるケラチンは、食事から摂取したタンパク質を元に合成されます。
良質なタンパク質は肉類や魚類など動物性の食品や、豆腐や納豆などの大豆食品から摂取できます。
青汁にも大豆食品と同様に植物性のタンパク質が含まれています。
そのため動物性タンパク質の摂取と共に青汁も摂取すると、栄養バランスが良くなり良質なケラチンの合成を促せます。
亜鉛は美肌作りに欠かせない成分ですが、髪の健康にも欠かせない成分です。
亜鉛は健康な髪が伸びるために必要な頭皮の正常な生まれ変わりを促進させるので、美しい髪の成長を守ります。
また、亜鉛の働きで健康な頭皮が維持されると、過度な抜け毛の予防にもつながります。

2-3.美肌

美肌作りにも青汁は有効です。
美肌を作るには栄養素の十分な補給をし、規則正しい生活を送る必要があります。
栄養素をしっかり補給しても、十分な睡眠をとれていないなど生活リズムに問題があると肌が荒れてしまう可能性が高まります。
青汁から美肌に有効な成分を補給して、規則正しい生活を心掛けることが大切です。

2-3-1.美肌を作る青汁の栄養素

青汁に含まれているビタミンCは美容成分として、サプリメントや美容品などに広く配合されている成分です。
ビタミンCは紫外線を浴びると発生する、シミの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐ作用があります。
さらにコラーゲンの合成を促し、肌のハリや弾力を保つ働きもあります。
また、ビタミンCがもつ強力な抗酸化作用は、余剰に発生した活性酸素を除去し、活性酸素が肌の細胞を傷つけ老化を進めてしまう状態を阻止する働きもあります。
ビタミンCの効果は精神面にも作用します。
ストレスはお肌の大敵といわれ、ストレスにさらされ続けると肌が荒れてしまう可能性が高まります。
ビタミンCはストレスに対抗するために必要な副腎皮質ホルモンの分泌を促します。
その結果、ストレスから精神を守り、ストレスが原因の肌荒れを防ぐ効果が期待できます。
亜鉛は肌や髪の材料になるタンパク質を合成するために必要な酵素の成分です。
そのため、肌の生まれ変わりをサポートして美しい肌の維持に役立ちます。
亜鉛は女性ホルモンの正常な分泌にも関わり、女性らしいきめの細かい肌の維持にも効果が期待できます。
ケールの青汁にはメラトニンが含まれています。
メラトニンとは人間の体内でも合成される成分で、睡眠と覚醒のサイクルをコントロールするために必要です。
メラトニンが不足するとこのサイクルが乱れ、快眠が妨げられる場合があります。
肌の細胞を修復するために必要な成長ホルモンは、質の良い睡眠をとると多く分泌されます。
成長ホルモンの分泌を促し、美しい肌を維持するには就寝前にケールの青汁を飲むようにしましょう。
睡眠中にメラトニンが作用して、快眠と美肌効果が得られるでしょう。

2-4.アンチエイジング

いつまでも若さを保つアンチエイジングにも青汁は効果を発揮します。
過度な老化の主な原因は、活性酸素の攻撃による細胞の劣化です。
活性酸素は本来病原菌などから身体を守るために必要なものですが、ストレスや大気汚染などが原因で活性酸素が余剰に発生すると細胞も攻撃してしまいます。
活性酸素の攻撃で細胞が傷ついてしまうと、細胞が劣化してゆきます。
これが老化の進行を早めてしまう主な原因です。

2-4-1.アンチエイジングに有効な青汁

青汁のアンチエイジングに効果を発揮する栄養素はビタミンEです。
ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンでアンチエイジングを目的としたサプリメントなどにも配合されている成分です。
ビタミンEはその強力な抗酸化作用で、余剰に発生した分の活性酸素を除去してくれます。
その結果、正常な細胞が守られ、老化の進行を遅らせる効果が期待できるのです。
また、ビタミンEには血行が促進する作用もあります。
ビタミンEの作用で血行が促進されると、全身の細胞へ供給される酸素と栄養が増えます。
そうすると細胞の酸素不足や栄養不足が解消され、元気な細胞が長く維持されます。
その結果、若々しさをより長く保てるようになるのです。
青汁にはビタミンEの他にも、抗酸化作用を発揮して老化の進行を遅らせるビタミンCやクロロフィル、βカロテンなどが含まれています。
そのため青汁はアンチエイジングに有効な飲み物といえます。
食物繊維もアンチエイジングに効果を発揮します。
余剰に発生した活性酸素は老化を早める大きな原因ですが、腸内環境の悪化も老化の進行を早めてしまいます。
腸は栄養の吸収や不要な物の排出を行う大切な器官です。
また、免疫細胞の70%以上が腸内に存在するといわれています。
腸内環境が悪いと栄養の吸収や毒素の排出が滞り、細胞が弱ってしまうので老化が進んでしまいます。
また、免疫力も低下するので病気にかかりやすくなり、ますます身体が弱ってしまいます。
青汁に含まれている不溶性食物繊維、水溶性食物繊維は共に腸内環境を整える善玉菌のエサとなります。
そのため腸内環境を整えて身体の過度な老化を内側から予防する効果が期待できます。
さらに腸内環境が整うと免疫力も向上するので、より元気な身体で生活ができるようになるでしょう。

3.目的別の青汁の効果・健康編

女性には冷え性や生理痛、骨粗しょう症など女性がかかりやすい病気や症状があります。
この章ではそれらに対して青汁がなぜ有効なのか、目的別に詳しくお伝えします。

3-1.冷え性

女性に多いといわれる冷え性。
冷え性は身体の活力を奪うばかりか、生理痛の痛みを増したり肌の血色を悪くしてしまうこともあります。
青汁には冷え性を予防する成分が含まれているので、冷え性対策におすすめです。
ただし、冷え性体質の人は冷たい飲み物が苦手な人も多いので、そのような人は常温か温めた青汁を飲むようにしましょう。

3-1-1.冷え性対策に有効な青汁

冷え性の人は毛細血管が萎縮して血行が滞っている場合が多くあります。
青汁に含まれているナイアシンは、毛細血管を拡張させて血の巡りを良くし冷え性を予防、改善する効果が期待できます。
また、ビタミンEにもナイアシンと同様に毛細血管を拡張させて、血行を促進する作用があり冷え性対策に有効な成分です。
さらにビタミンEには血液中のコレステロールの酸化を防ぎ、血液がサラサラと流れるように促してくれます。
その結果、拡張された血管内をサラサラで流れやすくなった血液が流れるため、温かい血液により身体が末端まで温まり冷え性が予防、改善されます。
冷え性の原因には、精神的なストレスによる体温調節機能の異常も挙げられます。
強いストレスは心身に様々な不調を招いてしまいます。
そのためストレスの解消が心身の不調や冷え性の改善に有効であるといえます。
青汁に含まれているカルシウムには、神経の伝達を正常化してストレス性の興奮やイライラを改善する作用があります。
カルシウムの働きで精神の落ち着きが得られると、ストレスが原因で起きていた体温調節機能の異常の改善が促されます。
その結果、体温調節機能が正常に働き冷え性の予防、改善が期待できます。

3-2.便秘

中々お通じがこない、きても少量しか便が排出されない便秘は女性に多いとされています。
放っておくと毒素が体内から排出されないので、肌荒れや腹痛、微熱などが併発する恐れがあります。
便秘の解消には、なるべく水分を多く摂ることを心掛けると良いとされています。
普段から青汁やその他の飲み物を意識的に飲み、水分を摂るようにしましょう。
青汁には水分補給だけではなく、便秘を解消するために必要な成分が含まれています。

3-2-1.便秘改善に有効な青汁

青汁に含まれている不溶性食物繊維は、摂取すると水分を吸収して膨張します。
その状態で腸内に到達し、腸壁を刺激して腸のぜん動運動を活発化します。
便秘の原因のひとつは腸の排出力の低下ですので、不溶性食物繊維の作用で腸のぜん動運動が活発化すると、便の排出が促されます。
その結果、スムーズな排便がなされ便秘の改善効果が期待できます。
また、不溶性食物繊維は水溶性食物繊維と共に腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整える作用もあります。
水溶性食物繊維は善玉菌を増やして整腸効果を発揮する成分です。
便秘の人の腸内は悪玉菌が繁殖している場合が多く、悪玉菌の悪作用で腸の力が弱まり便秘の状態が続いてしまっています。
青汁の摂取を継続すると善玉菌が増え悪玉菌が減少します。
その結果、整腸効果が発揮されて腸が本来の力を取り戻し、便秘の予防、改善が期待できます。

3-3.貧血

めまいや食欲不振などが起こる貧血も女性に多いといわれています。
特に妊娠中は、胎児の発育のために血液が多く必要となるので貧血になりやすくなります。
貧血の予防には普段から予防に必要な栄養素を摂り、貧血が起こりにくい身体を作ることが効果的です。
貧血の一番の原因は体内の酸素不足だといわれています。
そのため、鉄の補給が貧血の予防や改善に一番効果が出やすい方法とされています。
鉄が十分に補給されれば、ヘモグロビンにより酸素が全身に十分補給されるので貧血の予防、改善が期待できるからです。

3-3-1.貧血予防に効果的な青汁

青汁には非ヘム鉄と呼ばれる鉄と、非ヘム鉄の吸収率を高めるビタミンCが含まれているので貧血の予防に効果的です。
さらに青汁に含まれている銅は、鉄がヘモグロビンを構成する際に必要な成分です。
銅の働きにより鉄が利用されて正常なヘモグロビンが生成されます。
そのため鉄を補給しても貧血が改善しない際は、銅の不足を疑う必要があります。
銅の不足が原因の貧血が疑われる場合にも、青汁の摂取は有効であるといえます。
胎児の健康な発育に欠かせない葉酸は、貧血予防にも効果的な成分です。
葉酸は赤血球の生成に関わり、酸素を運ぶヘモグロビンの生成も促します。
そのため葉酸が不足するとヘモグロビンの量が減少してしまい、貧血が起こる可能性が高まってしまいます。
青汁は葉酸の摂取にもおすすめの飲み物です。
特に妊娠中女性は、母体の貧血予防や胎児の正常な発育のために葉酸をしっかりと摂取するようにしましょう。

3-4.更年期障害

中年女性の多くが悩まされる更年期障害は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの急激な減少により起こります。
イライラや不安感が増すなどの精神的な障害の他、生理不順や腰痛など身体的な障害も表れます。
青汁には更年期障害の予防に効果的な成分が含まれており、更年期障害の予防に効果的です。

3-4-1.更年期障害の予防、軽減に有効な青汁

青汁に含まれているビタミンB6は、エストロゲンの分泌を促す作用がある成分です。
エストロゲンの急激な減少が更年期障害を引き起こすので、普段からビタミンB6を意識して摂取するとビタミンB6の分泌が促されます。
その結果、エストロゲンの急な減少が抑えられて更年期障害を予防する効果が期待できます。
強力な抗酸化作用で細胞を老化の過度な進行から守る働きがあるビタミンEは、女性の身体においては脳下垂体に作用してホルモンの分泌を調整する作用もあります。
ビタミンEの働きでホルモンバランスが改善されれば、急なエストロゲンの減少も軽減され更年期障害の予防する効果が期待できます。
男性向けの精力剤によく配合されている亜鉛は、男性機能の維持や改善、正常な味覚の維持に効果がある成分としてよく知られています。
しかし、亜鉛は女性ホルモンの分泌を促す作用もある成分です。
亜鉛の作用で女性ホルモンの分泌が促されると、エストロゲンの急激な減少を抑えるため、更年期障害の予防効果が期待できます。

3-5.骨粗しょう症

骨粗しょう症は骨密度が大きく下がり、骨がとてももろくなってしまった状態のことです。
骨粗しょう症は女性ホルモンの分泌状態の変化で骨密度が下がることがあるため、女性に多い病気です。
骨粗しょう症を予防するには、骨の構成成分をしっかりと摂取する必要があります。
青汁には骨の構成成分が含まれているので、骨粗しょう症の予防に効果的です。

3-5-1.骨粗しょう症予防に効果的な青汁

青汁に含まれているカルシウムは骨や歯の主な構成成分です。
カルシウムは主に骨の硬さを増す成分です。
カルシウムを若い頃から摂取している人は、年をとっても骨密度が高く骨粗しょう症になりにくいといわれています。
なるべく早いうちから青汁を摂取すると、カルシウムをしっかりと骨に定着させることができるでしょう。
マグネシウムはカルシウムと共に骨を構成する成分です。
マグネシウムは骨にしなやかさを与えます。
カルシウムと同時に摂取することが望ましい成分なので、青汁のようにどちらの成分も含まれる食品から摂取すると良いでしょう。
骨の構成成分であるカルシウムやマグネシウムは、コラーゲンに付着して骨を構成します。
そのためコラーゲンが不足しても、カルシウムやマグネシウムが定着できなくなるので骨粗しょう症になるリスクが高まります。
コラーゲンはビタミンCの働きにより体内で生成が促されます。
青汁にはビタミンCも含まれているので、コラーゲンの生成を促してくれます。

3-6.生理痛

生理痛は月経に伴い生じます。
女性の子宮内では毎月子宮内膜という膜が作られます。
この膜は古くなると子宮の収縮運動により剥がれ落ち、血液と共に排出されます。
この際に痛みが生じるのです。
青汁には生理痛に有効な成分も含まれており、生理痛の緩和に効果が期待できます。

3-6-1.生理痛の緩和が期待できる青汁

青汁に含まれているビタミンB6には、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。
女性ホルモンのバランスが整うと、生理痛の痛みを強める可能性がある、生理不順の予防が期待できます。
その結果、生理痛の緩和効果が期待できます。
生理中に不足しがちな栄養素が鉄です。
生理中に排出される血液と共に鉄も排出されるからです。
そのため生理中は意識して鉄を補給する必要があります。
レバーなど動物性食品にも鉄は含まれていますが、青汁からも植物性の鉄を補給すると、バランスよく鉄を補給することができます。

4.女性用に開発された青汁

ここまでで見てきたように、青汁には女性特有の望みや悩みに効果を発揮する成分が含まれています。
そのため一般の青汁を摂取しても女性に嬉しい効果が期待できるのですが、女性用に開発された青汁も販売されています。
そのような青汁には、コラーゲンや乳酸菌など女性が望む効果が出やすくなる成分が配合されています。
一度により多くの有効成分を補給したい人などは、そのような青汁を摂取しても良いでしょう。

5.青汁は女性の強い味方

いかがでしたでしょうか?青汁には女性の美容や健康に効果的な成分が含まれています。
薬のような即効性はありませんが、継続することで安全に効果を発揮してくれます。
現代人の食生活や習慣は、女性の身体に悪いものが多くあります。
青汁はそのような環境から女性の美容と健康を守る、女性の強い味方です。
青汁を飲み、日々の美容と健康を実現してゆきましょう。

トップに戻る