青汁の口コミとランキング
メインイメージ

妊婦さんでも安心のノンカフェイン青汁

妊娠中は注意しなければならない事が増えてくるので、妊婦が抱え込む精神負担は相当なものがあります。
これもそれも無事に出産を終えるためにやむを得ない事なのですが、実は理由がわからないままなんとなくやってみているという事はありませんか。
カフェインも“妊婦中は控えるべし”と言われているものの1つです。

そのために大好きな珈琲をじっと我慢している妊婦も多いのですが、はたして本当にカフェインは胎児に毒にしかならないのでしょうか。
実は現役産婦人科専門医の意見を確認してみると、必ずしもそうではないという事がわかります。
カフェインは疲労回復・運動機能向上・心筋活性化・利尿効果・新陳代謝活性化・胃酸分泌増進などの効果があるので、特に便秘気味の人におすすめです。
胎児への影響ですが、カフェイン消化・排出が通常の倍以上の時間がかかるために、長く妊婦の体内に残る形になります。

その間カフェインがへその緒を介して胎児の脳に吸収されていきます。
1日の摂取量が300mg以上になると流産の危険度が倍になり、8杯以上摂取した場合に死産の危険度が上がる可能性があります。
カフェインが胎児の発育を左右するかどうかは明らかになっていません。
大量にカフェインを摂取すれば母乳のカフェイン含有量が増大しますので、胎児の発育にも多大な影響がでる可能性はあります。
ただし1日2~3杯程度なら問題はないというのが専門医の一般的見解ですので、大好きな珈琲を無理してやめる必要はありません。
むしろ妊娠中の精神安定のために珈琲でリラックスタイムを持つ事が奨励されています。

紅茶にも同じ事が言えます。
青汁に関して言えば、基本は野菜汁なので妊娠中でも安心して飲んでください。
素材に使われている明日葉・ケール・大麦若葉などはお茶にも利用されるだけあってカフェイン0ではありませんが、含有量だけみれば数パーセントですから心配は一切無用です。
青汁やカフェインよりも、むしろ喫煙の方が問題です。
それでも心配というなら“ノンカフェイン”を明示した青汁も若干ありますので探してみてください。
また、こちらの青汁のおいしい飲み方についての記事も参考にご覧ください。

トップに戻る